« 「第五百四十一話」 | トップページ | 「第五百四十三話」 »

2016年11月 2日 (水)

「第五百四十二話」

「先生、今日はどんなお料理を作ってもらえるんですか?」
「今日ね。この番組が放送されて丁度今回で542回って事を記念して、人類史上初の食材を使った人類史上初の料理を作ります!」
「その法則でいくと毎回が丁度の記念日になっちゃいますね。」
「毎回が丁度の記念日です!」
「・・・はい。それで、先生が言っていた人類史上初の食材とは?」
「人類史上初、それはまだ人類が到達した事のない領域!そうそれは!まだ人類が食した事のない未知!」
「大丈夫なんですか?人類史上初には、人類史上初なりの理由があるのではないでしょうか?」
「毒!と言う事か!それはつまり、毒!と言う事か!」
「毒、だけではありませんが、大丈夫なんですよね?人類史上初?」
「大丈夫です!」
「なぜ、そこまで断言出来てしまうのか不思議でならないですが、それでは先生、早速その人類史上初の食材を紹介して下さい。」
「分かりました!先生!」
「いや私も先生になっちゃうと、先生と先生の掛け合いで、かなりややこしくなってしまうので、そこは先生だけが先生で、お願いします。」
「うむ。番組放送祝542回の食材は、これです!」
「ピーマン?」
「ピーマン?」
「ピーマン?ですよね?」
「ピーマン?」
「ピーマン?なんですか?今回の食材は?」
「ピーマンではありません!人類史上初の食材にはまだ!名前など存在しない!」
「ああ、これではないんですね。紛らわしい出し方しないで下さいよ。それで、本当の今回の食材を発表して下さい。」
「いやだからこれ!」
「ピーマン?」
「ピーマン?」
「ピーマン?なんですか?」
「いやだから、ピーマンピーマン言うなよ!人類史上初の食材だって紹介してんだから!名前など存在しないって言ってんだから!勝手に名付け親にならないでくれよ!」
「はい?いやでも先生!」
「いやだから!ピーマンだよ!ピーマンだけど、ピーマンを人類史上初の食材って事に今回はすんの!そう言う設定で料理すんの!」
「先生!それは、途轍もなく面倒臭いって作業ですね!」
「面倒臭い作業のその先に、幸福と言う料理がある!大昔、この国を支配していた王様の言葉です。」
「聞いた事ないですよ。」
「ではでは、気を取り直して、今日はこの人類史上初の食材を使った人類史上初の料理を作りたいと思います。」
「人類史上初の食材を一体どうやって人類史上初の料理にするつもりですか?」
「これは、人類史上初の食材を使った人類史上初の料理を作る人類史上初の調理になります!なので、細心の注意を払います!」
「はあ。」
「そんな気の抜けた返事をしていたら!やられますよ!」
「何にですか?」
「だから!そんな腑抜けな返事をしていたら!この人類史上初の食材に逆に食されちゃうぜ!って言ってんだ!」
「ピーマンですよね?」
「ピーマンではない!」
「ピーマンではないは、違うでしょ!」
「謎の食材だ!もしかしたら、宇宙の野菜かもしれない!」
「野菜って言っちゃってんじゃないですか!」
「カッコ仮だよ!カッコ仮!いいですか!祝542回なんですから、結構な気合い入れなさい!」
「わ、分かりましたよ。」
「では、細心の注意を払って調理したいと思います!」
「お願いします!しかし、先生?一体どうやって人類史上初の食材を調理して料理にするんですか?」
「まず、丸かじりします!」
「丸かじり!?」
「丸かじりして、この人類史上初の食材が、どんなものなのかを自らの舌で確認します。」
「はあ。」
「気合い!」
「お願いします!」
「お願いされた!」
「かじった!」
「苦い!凄く苦い!だから、小さなお子様には嫌われるかも!」
「でしょうね。」
「あと、種があるから気を付けて!」
「えっ!?私も丸かじりするんですか!?」
「当たり前じゃないか!一人より二人!より多くの確認が必要だろ!それが人類史上初の食材を料理するって事だろ!」
「・・・じゃあ、いきます。」
「お願いします!」
「とても苦いです。」
「小さなお子様は?小さなお子様には、どうなんだ?」
「小さなお子様には、嫌われるかもしれません。」
「よし!」
「これは一体何の時間なんですか?」
「人類史上初の食材を食すと言う、勇気と希望の時間だ!我々は、英雄となった!」
「そうなんですか?」
「おめでとう!」
「あ、ありがとうごさいます。」
「きっと本当にピーマンを初めて食した時もこんな感じだったんだろ!」
「絶対違うと思いますし、このタイミングでピーマンって言っちゃってるし、えっ、もうピーマンって言ってもいいんですか?」
「ダメだよ!名前など存在しないって言ってるだろ!」
「なら、徹底して先生も設定を守って下さいよ!」
「ルールには、時に例外も必要!」
「ご都合主義にも程があるでしょ!それで、この人類史上初の食材で、今日は何を作ってもらえるんですか?」
「肉詰めピーマンを作りたいと思います。」
「えっ?今までの努力は?」
「今までの努力?走り込みとかか?」
「陸上部じゃないだから!そうじゃなくて、ピーマンってワードを言わないって謎のルールブックに乗っ取った謎の努力ですよ!」
「そんなルールブックは!破り捨ててしまえ!」
「ウソでしょ!?」
「私は、この世でウソが一番嫌いだ!」
「どの口が言ってるんですか?」
「このおちょぼ口がな!」
「おちょぼ口じゃないじゃないですか!今回は、肉詰めピーマンを作ってもらえるんですね。」
「そうです!」
「用意していただくのは、ピーマンとこの虹色の肉ですね。に、虹色の肉!?」
「そうです。」
「はい?先生!何なんですか!?この虹色の肉は!?」
「トリケラトプスのもも肉です。」
「何でピーマンに焦点絞った?」

第五百四十二話
「トリケラトプスのもも肉詰めピーマン」

|

« 「第五百四十一話」 | トップページ | 「第五百四十三話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/68226390

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百四十二話」:

« 「第五百四十一話」 | トップページ | 「第五百四十三話」 »