« 「第五百四十六話」 | トップページ | 「第五百四十八話」 »

2016年12月 7日 (水)

「第五百四十七話」

 雰囲気のある素敵なバーのカウンター。
「もう、ダメかもしれない。」
雰囲気のある男が呟いた。
「何が?ダメなの?」
雰囲気のある女は男に理由を尋ねた。
「何も思い浮かばないんだ。」
「思い浮かばない?どう言う意味?」
「思い浮かばないんだ。俺は、もうダメだ。」
「・・・何があったか分からないけど、きっと大丈夫よ。うん、大丈夫よ。」
「キミは、アレだな。ゲームに出て来るヒロインみたいに優しい言葉を投げ掛けてくれるんだな。」
「ん?ちょっとそっち方面は疎いから分からないけど、何も思い浮かばないのは、たぶんこれから何かが思い浮かぶ兆候なんだと思う。」
「キミは、優しいな。ボソッと弱音を呟いたこんな男にそんな優しい事を言ってくれるなんてな。」
「うーん?何か、ほっとけないなって思っただけ。こう言うの。」
「宗教の勧誘の人?」
「何でそうなるのよ!」
「いやだって、キミみたいな20代の女性が、一人バーのカウンターで飲んでる40間近のオッサンの弱音を聞いて励ましてくれるなんて、現実世界では有り得ないからさ。」
「有り得るでしょ!ここ、現実世界なんだから!」
「キミ、モテるだろ?」
「いきなり何の話?」
「顔は、まあまあだけど、その優しさで、そこそこの顔の女性より、スペックは上だ。」
「スペックって。」
「モテるだろ?」
「モテないよ。優しくしたって、スペックはスペック。最初から最後まで顔でしか選んでないよ。」
「厳しい世界だな。」
「そんな感覚で生きてないよ。で、オジサンは何をしてる人なの?何も思い浮かばないって言ってたけど、やっぱり芸術家?」
「いや、芸術家じゃない。売れそうもない時代遅れの商品を訪問販売する日々さ。」
「じゃあ、その時代遅れの商品がどうしたら売れるかの売り文句みたいなのが思い浮かばないって事?」
「いや、殺したい奴がいるんだが、どうしたら完全犯罪が出来るかその犯行手口を考えてたんだけど、全然思い浮かばないんだ。」
「え?何それ?ジョーク?」
「ジョーク?ジョークじゃない。本気だ。本気で殺したい奴がいるんだよ。けど、バレたら警察に捕まるだろ?それだけは、ゴメンだ。よし!ならば完全犯罪!って、具合で数ヶ月前からいろいろと考えてはみてるんだけど、結局イメージトレーニングの中で、俺は最後には死刑だ。」
「じゃあ、やっぱりそれって殺人はダメって事なんじゃない?」
「さっきまで優しかったのに、途端に冷たくなったな。だから、モテないんだよ。」
「冷たくなってないでしょ!何で正論言ってそんな言われ方しなきゃならないの!」
「正論は、常に人を傷付ける。キミも歳を重ねれば分かる。」
「あそう。」
「キミは、超能力をどう思う?」
「はい?超能力?コロコロと話が変わるのね。超能力ねぇ?まあ、完全否定はしないけど。」
「だよな!やっぱりキミがモテない理由が俺にはさっぱり分からない!」
「あそう。手、放してもらってもいいですか?」
「悪い悪い。でな?人には、眠ってる超能力があると思うんだよ!」
「潜在能力?」
「そう!だが、多くの人間は、超能力に否定的で、その存在すらマジックの類だと信じようとしない。だから、自らに超能力が眠っているかもなんて、これっぽっちも思いもしない。だが、俺は違う!違うんだ!そんじょそこらの奴等とはな!俺はさ!自分には、超能力が眠っているかもしれない!いや、絶対に眠っている!そうやって生きてるんだ!」
「疲れない?で、今一体何の話になってんだか、置いてけぼりなんだけど?」
「だから!俺の眠ってる超能力の人間の頭を爆発させるって能力で、その殺したい奴の頭を吹き飛ばせれば、完全犯罪成立だって話だよ!」
「酷い着地ね!?可能性として限りなくゼロに等しいもん同士を掛け合わせるなんて!」
「ちょっといいか?」
「な、何?」
「だから、俺の眠ってる超能力を開花させる手伝いに付き合ってくれって事だよ。」
「はあ?」
「いいか?行くぞ!」
そう言うと男は、女の頭部を見つめた。
「いや、それ成功したらアタシ死んじゃうじゃん!」
「いいじゃん!」
「いくないじゃん!なら、アタシも!」
「何!?」
そう言うと女は、男の頭部を見つめた。

第五百四十七話
「超ラッキー殺人(仮)」

そして、二時間後のバーの閉店時間となった。
「はあ、はあ、はあ、今日は無理か!」
「ずっと無理よ!はあ、はあ、はあ。」
「息、止めた方がいいのかな?」
「知らないよ!」

|

« 「第五百四十六話」 | トップページ | 「第五百四十八話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/68750498

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百四十七話」:

« 「第五百四十六話」 | トップページ | 「第五百四十八話」 »