« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月

2017年1月 4日 (水)

「第五百五十一話」

 俺は、今日もいつもの喫茶店へ行くため、マンションの11階にある自室を出て、エレベーターに乗り込み1階のボタンを押し、頭の中でアイディアを浮かべては沈め、浮かべては沈めを繰り返していた。
「ん?」
すると、エレベーターの天井の黒い物体に気付いた。虫だ。小さな小さな虫が天井をゆっくりと闊歩している。
「虫か。」
ん?虫?そう言えば、数ヶ月前にも同じような光景に遭遇したな。
「同じ虫か?」
物凄くどうでもいい事だが、何か今日は、今この瞬間は、それが物凄く気になった。仮にもし、数ヶ月前に見た虫と今ゆっくりと天井を闊歩しているこの虫が、同じ虫だとしたら?コイツは、どうやって生きているんだ?それともこの虫は、エレベーターの天井ゆっくり闊歩虫って、虫なのか?ただただ、生まれてから死ぬまで、エレベーターの天井をゆっくりと闊歩するためだけの生涯なのか?飯も食わず睡眠も取らず、ただただエレベーターの天井をゆっくりと闊歩する。感情など使命など一切なく、ただただ遺伝子に組み込まれたシステムに従って一生を終える。それが、良いとか悪いとかではなく、楽しいとかつまらないとかではなく、それはつまり無心のオートマチック。行って帰って、帰って行って、それの繰り返し。
「まあ、俺も同じようなもんか。」
それがエレベーターの天井の話か、マンションと喫茶店の話か、地球と月の話か、距離が違うだけで、やってる事は案外同じようなもんだ。きっと、数ヶ月前に見た虫は、今の虫の何世代も前の虫なんだろう。
「ん?」
歩みを止めた?
「え?」
ヤバイ!何かヤバイ!エレベーターの階ボタンは?2階が点灯している!早く!早く開け!早
「チーン!」

第五百五十一話
「巣」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月11日 (水)

「第五百五十二話」

「町内会長?こんな武器をたくさんこしらえて、一体どこへ行くつもりですか?」
「副会長、我々は今日、巨悪と戦います!」
「巨悪と戦う!?そんな話、聞いてませんよ!この国の中枢に乗り込む気ですか!?」
「いや、副会長。我々は、あくまでこの町の町内の会長と副会長です。守れる平和は、あくまでこの町だけなのです。」
「だとしたら、会長!この平和な町に、そもそも巨悪なんて存在しませんよ!」
「いえ、副会長。この平和な町にも巨悪は、存在します。残念ですが、存在します。」
「しかし、そんな話、私は聞いた事ありませんよ?」
「僕は昨日、実際にその巨悪に遭遇しました。」
「何ですと!?会長、もしかしてその巨悪と言うのは、化け物の類いですか?この町に噂される伝説上の化け物の事ですか!?」
「いいえ、伝説上の化け物は、あくまで伝説上の化け物です。その存在は、一度も確認されていません。」
「だとしたら、その巨悪とは?巨悪とは、一体何なんですか?」
「飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発する者の事です!」
「えっ?」
「飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発する者の事です!」
「聞こえなかったんじゃなくて、それが巨悪の正体?って、意味の、えっ?です。」
「そうです!巨悪です!」
「巨悪なんですか?」
「だって、家じゃないんだから!何でみんなが楽しく飲食してる場で、ペチャペチャと汚らしい擬音を発さないとならないんですか!気分悪いじゃないですか!害じゃないですか!だから、殺す!」
「町内会長!町内会長待って下さい!町内会長!」
「いいや、もう待てませんよ!この町の平和を乱す飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発する巨悪を殺します!」
「いや、殺すっていくら何でもそれは、やり過ぎですよ!」
「やり過ぎ?やらな過ぎの間違いではありませんか?副会長。」
「やらな過ぎって何ですか!」
「奴等は、飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発しても殺されないと思ってるいんですよ。だから、平気な顔してペチャペチャと汚らしい擬音を発するんですよ。」
「町内会長の言おうとしてる事は、分かりますよ!けど、殺すじゃなくて口頭で注意とかでいいじゃありませんか!」
「副会長?そんな甘い事で、あのゴミムシどもは、やめませんよ?自分が飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発して快感を得られるのであれば、回りがどれだけ迷惑したとしてもそんな事は、どうでもいい、いやむしろ回りが迷惑だと感じれば感じるほどいいと考えてる奴等です。そんな奴等は、殺してやるのが一番です。」
「町内会長!蚊や蝿じゃなくて、相手は人間なんですよ!そんな事したら、殺人になるんですよ!」
「いいえ、殺人にはなりませんよ?副会長。」
「人を殺してるんだから、殺人になりますってば!町内会長!」
「飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発した時点で、奴等は人ではなく、人の皮を被った化け物です!我々は、この町の町内会長と副会長です。あくまでもこの町の平和しか守れません。がしかし!この町から発信して行こうではありませんか!飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発する者の撲滅して、世界平和へと繋げましょう!」
「町内会長!まずは、各飲食店の店長さんなどに口頭での注意から始めましょうよ!」
「副会長!そんな事をしていては、飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発する者が蔓延るだけです!奴等は、客と言う立場を利用して、口頭で注意されても偉そうに金払ってるのは自分達だ感を出して来るのがオチです!有無も言わさずぶっ殺すのが一番です!」
「絶対に一番じゃありません!絶対に一番じゃありませんよ!町内会長!」
「副会長!僕は行きますよ!それでも副会長が僕を止めたいと言うのであれば、僕を殺しなさい!」
「そ、そんな事、出来る訳ないじゃないですか!何言い出すんですか!町内会長!」
「なら、そこをどきなさい!」
「どきません!町内会長を殺人犯にする訳にはいきません!」
「副会長?貴方は、飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発する者を許せるのですか?」
「許せませんよ!許せる訳ないじゃないですか!でも、殺すのはやり過ぎです!」
「副会長?飲食店などで、ペチャペチャと汚らしい擬音を発する者も殺さない、それを殺しに行く僕も殺さない、その選択肢は許されません。貴方は、この町の町内会の副会長なのですよ?さあ、巨悪を殺しなさい!さあ、巨悪を選ぶんです!副会長!」
「ええーっ!!」

第五百五十二話
「巨悪」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月18日 (水)

「第五百五十三話」

「お隣のお爺ちゃん!?何してるんですか?」
「おお、隣の主婦じゃないか!こんなとこで会うなんて奇遇だな!」
「いや、お互い我が宅前なんだから、会うでしょ!これを奇遇と言うのなら、毎朝我が宅で目覚めて隣に旦那が居るのも奇遇になってしまうでしょ!」
「相変わらず、ガンガン来るな!マスメディアか!」
「お隣のお爺ちゃんが、毎度毎度そう言わせるような事を言って来るからでしょ!」
「そうか?」
「ところで、空に拳を突き上げて何をしてるんですか?」
「これが雨乞いに見えるか?」
「雨乞いなんて一言も言ってないじゃん!だいたい、雨が既に降ってるのに言う訳ないじゃん!」
「お前さんは、そう言う不思議ちゃんなとこがあるからな。」
「誰が不思議ちゃんだ!真っ当ちゃんだ!で、雨の中、傘も差さずに天空に拳を突き上げて何をしてるんですか?」
「超巨大隕石乞いじゃ!」
「超巨大隕石乞い!?超巨大隕石乞いって、何!?」
「決まってるだろ?雨乞いが雨を降らせる為の乞いだとしたら、超巨大隕石乞いってのは、超巨大隕石を降らせる為の乞いじゃい!」
「何でそんな真似を?単純に何でそんな真似をしてるの?」
「わしは、今年で90ぐらいになる。」
「ぐらいって。」
「だからな。もうそろそろ、いいかなって、な。」
「何が?何が、もうそろそろなの!何が、いいかななの!」
「死、じゃよ!」
「はい?」
「いやだから、この歳まで生きて来たけどさ。もうそろそろ、死ぬのもいいかもって話だよ。何か、特に今後にドラマチックな展開も無さそうだしな。」
「ドラマチックな展開って、そうそう無いでしょ。それで、超巨大隕石乞い?」
「ああ、それで超巨大隕石乞いじゃい!超巨大隕石よー!来ーい!」
「これまた単純な疑問なんだけど?」
「はい、隣の若作り主婦!」
「一言余計だ!その超巨大隕石ってどれぐらいの超巨大隕石?てか、超巨大隕石の時点で、それが乞いって来たら確実にこの街は地球上から消滅するよね?」
「まあ、超巨大隕石は、地球より大きいな。」
「ちょっと!今すぐやめなさいよ!中止よ!中止!雨天中止よ!」
「隣の主婦、わしはもう十分生きたんじゃよ。死なせてくれ。」
「死ぬなら勝手に家の中で孤独死してりゃあ、いいじゃん!何で隣のお爺ちゃんの死に全人類が付き合わなきゃならないの?」
「んまあ、ちょっと格好付けて、そろそろ死んでもいいとか言ったが、やはりいざ死ぬとなると恐いもんなんじゃ。だが、みんな一緒なら恐くない!」
「昔の王様かよ!どんな我が儘さを大爆発させてんのよ!許可とりなさいよ!だったら全人類の許可をとりなさい!そして、まずアタシは反対!!」
「貴重なご意見をありがとうございます。」
「頭下げるなら、その天空に突き上げる拳を下ろせ!!」
「それは出来ん!」
「え?バカなの?」
「お前がな。」
「何でアタシがバカ扱いされなきゃならないのよ!」
「だって、いいか?本気で、こんな事で超巨大隕石が乞いって来ると思ってんのか?こんな事でそんな事が出来るなら、とっくの昔にこの地球は消滅しとるわい!」
「じゃあ、今すぐやめなさいよ!」
「嫌だね!」
「子供かよ!」
「90ぐらいだ!」
「何その言い分!じゃあさ!仮にもし、超巨大隕石が乞いって来たら、どうすんのよ!責任取れんの?」
「その時は、わしの命で責任を取ろう!」
「その時、命で責任取られても取り返しがつかないのよ!ちょっとやめなさいよ!」
「痛い痛い痛い!!」
「何もしてないでしょ!」
「念力でわしの腕をへし折ろうとしだろ!」
「そんな力があるなら、普通の主婦なんかしてないわよ!」
「なら超巨大隕石じゃなくて、超巨大宇宙船乞いならいいか?」
「どの道、宇宙戦争になって地球が滅びるでしょ!だから何で隣のお爺ちゃんの道連れに全人類がならなきゃならないのよ!死ぬなら一人で死になさいよ!」
「嫌だね!」
「てか、そんな事してたらね!超巨大隕石だか超巨大宇宙船だかが乞いって来る前に風邪引いて死ぬわよ!」
「死ぬもんか!!」
「どうしたいのよ!!」
「あっ、雨止んだ。」
「本当だ。」

第五百五十三話
「虹」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

「第五百五十四話」

「ニャー!」
朝起きると俺は、猫になっていた。
「ニャー!」
そう、大好きなあの女性が大好きな猫になりたいと思って日々を暮らしていたら、ある朝起きると俺は、猫になっていた。
「ニャー!」
嬉しかった。人間の俺では、絶対にあの女性は振り向いてくれないが、猫の俺はきっと気に入ってくれる。俺は、あの女性と一生一緒に同じ時間を過ごせる。
「ニャー!」
そんなこの先の幸せ過ぎる運命を想像しただけで嬉し過ぎて死にそうだ。
「ニャー!」
猫になってしまったから、あの女性とはもう二度と会話をする事は出来なくなったが、それを失って得るモノは、あまりにもデカ過ぎた。
「ニャー!」
こんな自宅でずっと歓喜に沸いてる場合じゃない!早速、あの女性の家に行って俺を飼って貰おうじゃないか!俺は、家を飛び出し、三軒先のあの女性の家まで屋根と塀を利用して向かった。
「ニャー!」
よし!大好きなあの女性が居る二階の窓が丁度開いてる!あそこからそれとなく忍び込もう。そして、猛アピールして飼って貰おう!俺は、軽快なステップでいとも容易く窓から大好きなあの女性の部屋へ入った。
「ニャッ!?」
そこで目にした光景は、大好きなあの女性が部屋のドアノブを使って、首吊り自殺している姿だった。

第五百五十四話
「現実」

そして俺は今、あの部屋を後にして路頭に迷いながら不意にトラックに跳ね飛ばされ電信柱に頭を強打し、雨上がりの虹を見て、猫になりたいって願った事を後悔しながら、息を引き取り掛けている。
「ニャ、ニャー・・・・・・・・・。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »