« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »

2017年2月

2017年2月 1日 (水)

「第五百五十五話」

「ここは?」
「肘!」
「ここは?」
「肘!」
「じゃあ、ここは?」
「肘!」
「この地球は、いつまでこうして、緑豊かな地球でいられるんだろう?ここは?」
「肘!」
「いつになったら、世界各地で人々が殺し合いをやめるんだろう?ここは?」
「肘!」
「いつになったら、世界に本当の平和が訪れるんだろう?そもそも何が一体平和なんだろう?もしかしたら、僕らはそれが明確に分かっていないから、いつまで経っても世界が平和にならないんだろうか?ここは?」
「肘!」
「病に苦しむ人、生まれた環境に苦しむ人、理不尽で不条理に突然やって来る大切な人との永遠の別れに苦しむ人、怒りでも悲しみでも他のどの感情でもない無感情でない感情に襲われて、暗黒を歩き出す人に光はあるんだろうか?ここは?」
「肘!」
「幸せな人を羨みそして妬む、だけど幸せな人は、悪じゃない。だが、幸せは一方で不幸を呼ぶのも確かなのかもしれない。でも、幸せは一方で幸せを呼ぶのも確かなのかもしれない。ここは?」
「肘!」
「死にたいけど死ねない。死にたくないけど死ぬ。そんな矛盾だらけの解明不可能な予測不能な死の仕組み。人は死ぬから一生懸命に生きていられるのか?人は死ぬから今日を明日に繋げようと必死に生きているのか?死なないと人はどうなるんだろう?人は人じゃなくなってしまうんだろうか?人が人として完成する日は、来るんだろうか?だとしたら、未完成の僕等は人なんだろうか?人は、人を何を持って人だと認識してるんだろうか?人が生んだのだから人だと、そう判断してるんだろうか?もし仮に思考が人を形成しているんだとしたら?人との定義を価値観だとしたら?そんな時代がいつの日にかやって来たとしたら?人は人じゃない人を、人じゃないと思って接する事が出来るんだろうか?ここは?」
「肘!」
「キミは、神を信じているかい?ここは?」
「肘!」
「僕は、神を信じちゃいない。ここは?」
「肘!」
「それは、なぜか?それは、極々簡単な答えだよ。当たり前過ぎて驚くような簡単な答えだよ。ここは?」
「肘!」
「出会った事がない。僕は、神の姿を見た事もなければ、神の声を聞いた事すらない。だけど、こんな僕でも神に祈る事がある。こんな神を心の底から信じちゃいない僕でもだ。そう、だからきっと、神はそんな存在なんだろう。ここは?」
「肘!」
「願っても願っても結果は分かりきってる。それでも見えない存在の神に、触れる事の出来ない神に、願い続ける。ここは?」
「肘!」
「或いは、神が人の願いを全て叶えてくれる存在だとしたら、どこかで誰かがいつもいつも、こう願ってるのかもしれない?ここは?」
「肘!」
「人が、お願いした全ての願いを、どうか叶えないで下さい、と。だとしたら、神は本当に存在してるのかもしれない。ここは?」
「肘!」
「ここは?」
「肘!」
「ここは?」
「肘!」
「ここは?」
「肘!」
「さあ、今日もとりあえず生きてるから、生きてみよう。ここは?」
「肘!」
「そして、明日もとりあえず生きてたら、生きてみよう。ここは?」
「肘!」
「その時間が普遍的で概念的で孤独感に満ち溢れてたとしても無駄に足掻いて、生きてみよう。気付けなかった大切な事に気付けるかもしれない。偉大な何かを成し遂げられるかもしれない。最後にはその全てが無駄に終わるかもしれないけど、この地球の生命活動が終わるまで、とにかく無駄に足掻いて生きてみよう。ここは?」
「肘!」

第五百五十五話
「零回零回クイズ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

「第五百五十六話」

「ジャングルってのはな。危険だ。だから、細心の注意を払え。」
「分かりました、隊長。」
「いや、お前分かってない。」

「分かってますよ。」
「いや、お前分かってないよ。」
「分かってますよ。」
「お前の分かってるは、どうせ凡人の分かってるレベルだろ?」
「そんな事ありません!」
「そんな事はある!目を見れば分かる!」
「隊長!私は、ちゃんとジャングルの危険を分かってます!」
「よし、そこまで言うんだったらテストしよう。」
「望むところです。お願いします。」
「ジャングルに足を踏み入れる前で良かったよ。これがジャングル内だったらって思うと、ゾッとするよ。よしなら、テスト開始だ!」
「はい!」
「お前がジャングルを歩いている。そしたら、突然ゴリラが目の前に現れた。どうする?」
「目の前にゴリラですか?その場合は、対ゴリラ銃で撃退します。」
「ほらな?」
「ほらな?って、正解ではないんですか?」
「それが凡人レベルだって言ってんだ!」
「しかし、対ゴリラ銃はジャングル探検隊に本部から支給されたモノですよ?これが正解ではないと言うなら、何が正解だって言うんですか!」
「いいか?ゴリラは、敵じゃない。だから、むやみに対ゴリラ銃で撃退すればいいってもんじゃない!」
「しかし、対ゴリラ銃を使用しなかったら、我々が殺されてしまいますよ?」
「殺さないよ!敵じゃないって言ってんじゃん!ゴリラは!もう、その考えがヤバいんだよ!」
「だったら、目の前にゴリラが現れたら、隊長ならどうするんです?どうするのが一番いいんですか!」
「スッと手を出して、握手だよ。」
「潰れちゃうよ!ゴリラと握手なんかしたら手が潰れちゃう!それこそ絶対にやってはダメな行動ではありませんか!」
「あのな?ゴリラが、どうして突然目の前に現れたかを想像してみろよ。友達が欲しいからに決まってるだろ!広いジャングルで寂しいからだろ!」
「そんなパターン分かりませんよ!」
「そう言うの分かってやれよ!そう言うの分からないんだったら、ジャングル探検隊やめちまえよ!」
「いやしかし、だとしてもそこでゴリラと握手なんかしたら、その先の探険に支障がありますよ!」
「その為の対ゴリラ握手用グローブがあるんだろ?」
「何で対ゴリラ握手用グローブなんか持ってるんですか!?」
「ジャングルの危険を分かってるからだ!友達になりたいゴリラに銃を向けたら、それこそ逆上して殺されるだろ!これで分かっただろ?自分の危機感の甘さってヤツが!お前は、基地に残って事務でもしてろ。」
「待って下さい!もう一問テストして下さい!」
「何?」
「お願いします!」
「俺もゴリラじゃない。大の男が頭を下げて懇願してる姿を見せられたら、もう一回テストしない訳にはいかないな。」
「ありがとうございます!」
「いいから、頭を上げろ。」
「はい!」
「では、テストを開始する!」
「お願いします!」
「お前がジャングルの水場で休憩をしていると、見た事もない植物が目の前にある事に気付いた。さて、どうする?」
「それは簡単な問題です。見た事もない植物を発見したら、この対見た事もない植物検査キットを使います。」
「やはり使うと思っていたよ。」
「ありがとうございます。」
「感謝の言葉を述べてどうする!不正解だ!」
「不正解!?いや、しかし見た事もない植物を見たらまずは、この見た事もない植物検査キットを使用しろと、ジャングル探検隊本部から支給されてるではありませんか!」
「見た事もない植物が、本当に見た事もない植物かどうかをまずは調べるのが当たり前だろ!」
「ええ、それは分かってます!ジャングルで見た事もない植物は、とても危険だと教えられてますから!なので、まずは見た事もない植物図鑑で、その見た事もない植物が本当に見た事もない植物なのかを調べたうえでの見た事もない植物検査キットを使用します。」
「さすがだな。」
「ありがとうございます!」
「だから、誉めてねぇよ!さすがだなってのは、さすが凡人レベルのジャングル危機管理能力だなって意味だよ!」
「ちょっと待って下さい!隊長!今のは、ジャングル探検隊学校で教わった見た事もない植物への対処法です!」
「ジャングル探検隊学校で教わった事が全てだと思うな!」
「いやむしろ、ジャングル探検第一歩を踏み出そうとしてる時に、こんなにも隊長に叱られるんなら、全て教えて欲しかったです!」
「見た事もない植物検査キットに頼ってたら、お前、死ぬぞ?」
「全ての見た事もない植物に対応してるこの見た事もない植物検査キットを使用して死ぬ訳がないじゃありませんか!」
「それだよ!いいか?おい!いいか?見た事もない植物検査キットは、あくまで見た事もない植物に対して万能だ。」
「ええ、ですから!」
「見た事ある植物には無用の産物だ!」
「それはそうです。見た事もない植物検査キットなので、見た事ある植物には、効果ありません。あのう?すいません。ここまで聞いても隊長が何を仰りたいのかが分かりません。」
「だから頭っから、俺はお前がジャングルの危険を分かってないって言ってんだ!いいか?その見た事もない植物が、猛毒見た事もない植物モドキだとしたら、お前は即死だ!いいや、お前だけじゃない!隊は全滅だ!」
「猛毒見た事もない植物モドキ!?そんな植物の話は聞かされてません!」
「だから!学校で教わった事が全てだと思うなと言ってるだろ!自分で調べろ!ここは、未開のジャングルだぞ?何が起きても不思議じゃない!猛毒見た事もない植物モドキが生息しててもおかしくない!なぜその考えに至らない!」
「お言葉を返すようですが、隊長は、そんな存在するかどうだか分からない想像上の植物への対策が出来てるって言うのですか?」
「当たり前だろ!」
「嘘だー!」
「これだ。」
「ゴーグル?」
「対見た事もない植物が見た事もない植物モドキなのかチェックゴーグルだ!」
「チェックゴーグル!?」
「略すな!」
「対見た事もない植物が見た事もない植物モドキなのかチェックゴーグル!?」
「そうだ!このゴーグルがあれば隊を全滅させる事はない!」
「もっと略した!?隊長のジャングルに対しての危機管理能力は分かりました。私が凡人レベルだって言うのも分かりました。」
「そうだな。」
「ですが、隊長!そんな一つ一つの危険に、ましてや想像上の危険に対処する道具をリュックに詰め込む事は出来ませんよ!リュックパンパンレベルじゃありません!」
「そうだな。」
「そうですよ!」
「だから、行けないって事だよ。」
「はい?」
「それだけ未開のジャングルには、危険がてんこ盛りって訳だから、行けないって事だよ。」
「行けないって!行かないんですか!?」
「行かないとは言ってない。行けないってって言ってるんだよ。」
「行くんですか?」
「そんな時の為のこれだよ!」
「嘘でしょ!?」

第五百五十六話
「対未開のジャングル偽造報告書作成機」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月15日 (水)

「第五百五十七話」

「これの絵を見てくれ。」
「これは、何かのキャラクターですか?」
「そう、キャラクターだ。鼻血丸。」
「はなぢまる?」
「そう、鼻血丸!」
「だから、鼻血が有り得ないぐらい出てるキャラクターなんですか?で、この鼻血丸ってキャラクターは一体何なんですか?」
「いろいろな地域で、町おこしや村おこしの一環でキャラクターを作ってるだろ?」
「はい。え?まさかこの村のキャラクターが鼻血丸なんですか!?」
「何もない村だからな。」
「いやまあ、確かに特産物や観光名所も何もない村ですが、だからって何でその村のキャラクターが鼻血丸なんですか?」
「鼻血って、全世界共通だろ?この村に特産物や観光名所がないんだったら、そう言うもんをキャラクターにしてしまおうと思ってな。」
「いや何かそれってもう、根本的に何か間違ってません?こう言うキャラクターって、町おこし村おこしの為に作るんですよ?全世界共通だったら、村おこしにならないじゃないですか。このキャラクターを作ったとして、一体村の何をPRするんですか?」
「お前、いつからそんなに夢のない大人になったんだ?」
「夢がない大人って、鼻血丸で村おこしが夢見過ぎなんですよ。そもそも何もない村にキャラクターで人を呼んでどうするんです?村に来た人が全員がっかりして帰って行くだけじゃないですか。」
「鼻血丸の夢はな。世界平和だ。」
「いや、キャラクターの設定とか聞いてませんから!」
「嫌いな食べ物は、チョコレートだ。」
「何か、古典的ですね。」
「好きな食べ物は、ホワイトチョコレートだ。」
「何で?」
「リアルだろ?」
「リアルですけど、何で?」
「好きな鼻をぶつけたい壁は、赤い壁。」
「好きな鼻をぶつけたい壁って?」
「嫌いな鼻をぶつけたい壁は、白い壁。」
「血が目立っちゃうからね。そう言う話じゃないんですよ!キャラクター自体が却下の方向なんですから、設定とかいいんですよ!」
「好きな病院は、耳鼻咽喉科。」
「どんなキャラクターなんですか!」
「嫌いな病院は、歯医者さん。」
「いやだから、そもそもがその病院で好きとかってキャラクター設定が特殊過ぎますから!」
「鼻血丸の夢はな。世界平和だ。」
「それさっき聞きましたから、とりあえず鼻血丸は、置いときましょうよ。」
「お前は、この村が地図上から消滅してもいいのか!」
「急に何ですか!?僕は別にそうは言ってませんよ。でも、村の特産物や観光名所と関係のないキャラクターっておかしいでしょって話じゃないですか。だったら、キャラクターなんかじゃなくて、特産物を作ったり、観光名所を発見した方がいいじゃないですか!」
「分かった!なら、今日からこの村では、全員が四六時中鼻血を出す!それでどうだ!」
「死んじゃう!何で鼻血丸の方に村人全員を寄せなきゃならないんですか!だいたいね!村人全員が鼻血を四六時中出してる村なんて、不気味で誰も来ませんよ!」
「鼻血祭りとかやろうぜ!」
「学生みたいなノリでとんでもない祭りの開催の提案しないで下さいよ!」
「毎週水曜日に開催しようぜ!」
「だから死んじゃう!村が地図上から消滅する前に村人が村から消滅しちゃう!」
「好きな栄養素は、鉄分だ。」
「そうでしょうよ!だから、そう言うの細かく掘り下げないでいいんですよ!」
「嫌いな栄養素は、特になし。」
「栄養素ですからね。プロフィールで特になし使ったらダメでしょ。」
「夢は」
「世界平和!」
「と、地球温暖化。」
「絶対そんな夢持ってるキャラクターが世の中で認められる訳がない!」
「次のページを見てみろ。」
「次のページ?何ですか?この女の子のキャラクターは?」
「第二案だ!」
「名前は?」

第五百五十七話
「お金ちゃん」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

「第五百五十八話」

沼。
「どうだ?伝説は釣れたか?」
「伝説?いや、釣れるのは、沼スライムばっかりです。」
「それは、残念だな。まあ、この沼は、沼スライムの巣だからな。隣、いいか?」
「どうりで沼スライムしか釣れないと思った。ええ、構いませんよ。だけど、それはそれで、何か考え事をするには、丁度いい。」
「旅で行き詰まったのか?」
「そんなとこです。で、さっきの話なんですけど。こんな沼スライムしか釣れない沼に、伝説の主みたいなのがいるって言うんですか?」
「私も昔からの言い伝えでしか聞いた事しかないが、この沼には主が存在するらしい。沼スライムが巣を作るのもその主がいるからだと言う説もある。この沼は、深い。とてもとても深い沼で、底まで調査出来てない。もしかしたら、伝説の主よりも伝説が存在してるかもしれない。」
「なるほど。だとしたらこの沼は考え事をするには、逆に不都合な場所だったかもしれないですね。」
「そうかもな。だが、伝説は伝説。本当のところが謎だから成立してる。この沼は、単に沼スライムにとって環境の良い沼なだけなのかもしれない。この沼にはなぜか、コブリンやドワーフやエルフも近付きたがらない。不思議な場所と言ったら不思議な場所だ。」
「もしかしたら、沼の底には、ドラゴンが眠っているとか?」
「はっはっはっ!面白い事を言うな!」
「だってほら、ドラゴンの寝息は、魔除けだって言うじゃないですか。」
「そうかもしれないな。底に辿り着いた者がいない以上、同時にそれはドラゴンがいない事も証明されてない事になるからな。」
「何か、ドラゴンがもしも釣れちゃったらって考えたら、ドキドキしてきちゃいました!」
「はっはっはっ!人間とは実に想像力豊かで面白い生き物だな!」
「ん?」
「何だ?」
「いや、何でもないです。」
「ジジイの体から魔物の香りがしたか?はっはっはっ!お前さんは、鼻がいいようだな。」
「この匂いを混乱させる森でもアナタの匂いをしっかりと感じ取れます。でもまあ、僕には、アナタが誰で、何者かなんて関係ないです。単なる見知らぬ釣り仲間ですからね。」
「そうだな。だが、私にも分かるぞ?お前さんが、剣の腕も魔法の腕も他の人間とは比べものにならないって事はな。まあ、だがそれも単なる釣り仲間には、関係ない事か。」
「ですね。」
「ところで、最近城では何か事件でもあったのか?」
「どうしてです?ん、また沼スライムか。」
「こんな森にいたって遠い城の話は耳に入って来る。逆を言うなら、こんな森にまで入って来る事だ。余程の事じゃないだろ。」
「姫様がさらわれたんです。」
「何!?」
「だから、城は大騒ぎなんです。」
「そんな事が起きてたのか。誰が姫をさらったって言うんだ?」
「大魔王。」
「大魔王!?」
「はい、あれは人間の仕業じゃないです。香りでピンと来ました。これは、魔物の仕業だってね。しかも最上級の魔物。と言ったら、大魔王でしょ?」
「いやしかし、本当に大魔王なんて存在が、存在するのか?」
「それは分からないです。」
「分からない?」
「この沼の底にドラゴンが存在してるかもしれない確率と同じぐらいですかね?もしかしたら、最上級の魔物の香りを使った人間の仕業かもしれないし、鬼の仕業かもしれないし、ゴーストの仕業かもしれない。姫様の自作自演の可能性だって有り得る。」
「なるほどな。」
「また、沼スライム。」
「で、お前さんは、大魔王の仕業の線で姫を捜索してるって訳か。」
「はい。」
「なぜ?」
「なぜって、だってそうだとしたら、ドキドキしてワクワクするじゃないですか!」
「はっはっはっ!今分かったよ。人間が面白いんじゃない。お前さんが面白い人間なんだな。」
「そうですか?あ、また沼スライム!」
「はっはっはっ!」
「はっはっはって笑ってますけどね。お爺さんもさっきから沼スライムばっかですよ。」
「そうだな!やはり、この沼にドラゴンが眠ってるなら、古代樹の実を使わなければならないかもな。」
「古代樹の実?」
「昔から、ドラゴンの好物とされてる実だ。」
「そうなんですか!?」
「ああ、そう言う言い伝えだ。」
「そっか。グリフォンの羽じゃあ、やっぱりダメなのか。」
「何!?グリフォンの羽だと!?お前さん、まさか!?」
「この森に来る途中で倒して手に入れたんです。」
「グリフォンを一人で倒す腕前か。それなら、いけるかもしれないな。」
「いける?」
「お前さん、古代樹の実を手に入れたいか?」
「お爺さん!場所知ってるんですか!」
「一段と目を輝かせたな。ああ、知ってるも何もこの先の洞窟の奥深くある。」
「本当ですか!」
「ああ、本当だ。だが、そこには強大な力を持つ魔物が存在する。それでも行くか?」
「当たり前じゃないですか!」
「お前さんなら、そう言うと思ったよ。なら、案内しよう。」
「え、いいですよ。地図さえもらえれば、僕一人で行きます。」
「いや、あの洞窟は複雑だ。私が同行した方が安全だろう。」
「でも、大丈夫ですか?」
「私の心配をしてくれるのか?だったら無用だ。自分の身は自分で守れる。
・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・みたいですね!」
「では、行こうか。」
「はい!」

第五百五十八話
「勇者と大魔王」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年3月 »