« 「第五百五十八話」 | トップページ | 「第五百六十話」 »

2017年3月 1日 (水)

「第五百五十九話」

「先生。」
アタシは、病院のベッドの上にいる。もう、きっとここが住まいって言ってしまってもいい。そう、終の住処と言ってしまっても。
「先生、アタシもうそろそろ死ぬよね。」
先生は、いつものように顔色一つ変えない。アタシの脈をとったり心臓の音を聞いたり、無言だ。自分の死期とかって、なんだかんだで分からないもんなんだろうって思ってた。でも、そんなこんなで、分かってしまうもんなんだなって分かった。
「先生、明日もアタシ、目を覚ますかな?もしかしたら、このまま今日眠ってしまったら、死んじゃうんじゃないかな?」
窓の外の満月を見ながら先生にそう語り掛けた時だった。
「痛い!?」
アタシの左腕に激痛が走った。痛みの方に目を向けると、先生が注射していた。
「注射?」
先生は、笑って頷いた。いつもの笑顔だ。いつもの安心する笑顔だ。
「どうして注射なんかするの?」
先生は、笑って頷いた。
「先生?」
アタシの意識が薄れていく。眠気じゃない。これは眠気とは絶対に違う。ああ、きっと先生は、アタシが苦しまないようにって、きっと死なないように殺してくれるんだなって、次に目覚めた時には、天国でありますようにって、アタシは祈った。

第五百五十九話
「今日と明日の誤差なし、故に今日死んでもよし」

「ここは?」
「天国、ではありません。病院ですよ。」
「ここが病院!?」
「驚くのも無理はありません。アナタは、約一億年眠っていましたからね。」
「一億年!?」
お医者さんの話では、一億年前のあの笑顔の先生は、アタシを冷凍保存し、治療法が確立された未来へと希望を込めて託したらしい。その結果アタシの病気は、見事に完治していた。
「なんか、全然ピンと来ません。」
「それはそうです。アナタは目覚めたばかりなんですからね。」
そして、一億年後のお医者さんの話を最後まで聞くと、どうやら地球は明日、確実に滅亡するらしい。

|

« 「第五百五十八話」 | トップページ | 「第五百六十話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/69761165

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百五十九話」:

« 「第五百五十八話」 | トップページ | 「第五百六十話」 »