« 「第五百六十三話」 | トップページ | 「第五百六十五話」 »

2017年4月 5日 (水)

「第五百六十四話」

 朝の食卓。父と息子が向かい合い、いつもの朝の時間が流れる。大学受験の話、近所の住民の話、今日の予定の話、時折日常会話を挟みながら、無言の朝の時間が流れる。
「・・・・・・。」
父は、息子を見ながら口の中の咀嚼物を飲み込む。
「何?父さん。」
息子は、視線を感じながら、しかし父を見ずに問い掛ける。
「この世界の他に、同じような世界が同時に存在してるとしたら、お前は一体何者だ?」
「はあ?何それ?」
「いや、気にしないでくれ。」
「いや気になるでしょ。朝からそんな訳の分からない事を言われたらさ。どう言う事?同じ世界って?」
「この宇宙の時間の流れには、同時に世界が複数存在してるって説がある。」
「また夜中に変なテレビでも観たの?」
「並行世界。」
「パラレルワールドの事?」
「まあ、お洒落に言うならそうだな。」
「別にお洒落に言ってないよ。それで?その並行世界で僕が一体何者だって、どう言う事?」
「うん、並行世界では違う人生を歩んでいる並行世界が存在してると思うんだ。」
「本当にそんな世界があったら、中には父さんの息子じゃない僕の人生もあるかもね。でも、現実世界の僕に、並行世界で一体何者だって聞かれても分からないよ。」
「父さんはな。複数存在する並行世界の一つの並行世界に焦点を当てる事にしたんだよ。」
「何で、さも複数の並行世界が存在してる体で話が進んでんの?」
「究極の並行世界が存在するとしたらどうだ?」
「いやもう、空想の世界観で妄想されちゃったら話に着いて行けないに決まってんじゃん。何?究極の並行世界って?」
「つまり、シチュエーションが違うだけの並行世界だ。お前が今、学校に向かって歩き出すと、究極の並行世界のお前もどこかに向かって歩き出す。お前が今、食べ物を口にすれば、究極の並行世界のお前も食べ物を口にする。」
「シチュエーションは全く違ってても行動が繋がってる世界って事?」
「簡単に言えば、そうだ。」
「じゃあ、今究極の並行世界では、親子じゃない僕と父さんが、こうして向かい合って何かを話してるって事?」
「そうだ。」
「それで僕が一体何者だって?だったら、父さんだって一体何者なんだよ。」
「そうだな。例えばこうして向かい合って話をしてるとこから想像するとだな?」
「うん。」
「刑事と犯人?」
「何で僕が犯人なんだよ!」
「まあ、例えばだよ。」
「例えだって嫌だよ!」
「殺人犯。」
「何で僕が殺人犯なんだよ!」
「まあ、落ち着けって、これはあくまで究極の並行世界の別のお前の話なんだから。」
「いくら別の世界の話でも息子を殺人犯に例える父親がいる!?」
「お前がやったんだな。」
「何で取り調べ的な事を始める?空想の妄想の想像の世界に寄せてどうすんの!?」
「アリバイも崩れた!証拠も揃った!チェックメイトだ!」
「そうだよ。こうして向かい合って、二人でチェスをしてるかもしれないじゃないか。」
「そんな平和な時間の流れの中の世界に身を置いていたら、どれだけ幸せなんだろうな。」
「この時間の流れの中の世界だって十分幸せじゃん!僕と父さんと母さんと三人で幸せじゃん!」
「まだ、並行世界の空想の妄想の想像の世界にいるのか?」
「えっ!?」

第五百六十四話
「母はいない」

|

« 「第五百六十三話」 | トップページ | 「第五百六十五話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/70164339

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百六十四話」:

« 「第五百六十三話」 | トップページ | 「第五百六十五話」 »