« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月 3日 (水)

「第五百六十八話」

「お兄さん?何してるんですか?」
「警察のコスプレの人こそ、こんな所で何をしてるんですか?」
長閑な真っ直ぐで、果てしなく真っ直ぐな、左右には広大なトウモロシ畑がある道の真ん中で、男は落ちている傘を見下ろしていた。
「警察のコスプレの人じゃなくて、警察です。」
「じゃあ、警察のコスプレの人じゃない警察の人こそ、こんな所で何をしてるんですか?」
「危ないから、お兄さんを注意しようと思いましてね。」
「僕、危ないんですか?間もなく爆撃機が爆弾を投下でもするんですか?」
「それを警察が一人一人に懇切丁寧に注意を促してたら、終わっちゃいますよ。ではなくて、こんな道の真ん中に立ってたら、危ないですよ。と、注意しようと思いましてね。いくらここが長閑だと言ってもむしろその長閑につけ込んで、ドライバーはスピードを出すもんなんですよ。」
「警察のコスプレの人じゃない警察の人。」
「警察の人でいいでしょ。警察のコスプレの人じゃないいらないでしょ。」
「見て下さい。」
「傘ですね。」
「傘です。」
「誰かが落としたんでしょう。」
「誰かが落としたんだと思います。」
「ん?壊れてますね。」
「壊れてます。」
「なら、誰かが捨てたんでしょう。」
「誰かが捨てたんだと思います。」
「なるほど、それでお兄さんは、このまま傘が道の真ん中に落ちてると危険だから、拾って脇に置いとこうしたんですね?」
「違います。」
「違います!?じゃあ、本当に何をしてるんですか?」
「僕、傘が恐いじゃないですか。」
「知りませんよ。知りませんし、傘が恐いだなんて言う人に会った事ないですよ。」
「はじめまして。」
「はじめましてですけど、傘が恐いなら、むしろ近付かなければいいじゃないですか。」
「近付きたいじゃないですか。」
「ちょっともはや意味が不明なんですけど。」
「恐いもの見たさってあるじゃないですか。ジェットコースターに乗るとか、お化け屋敷に入るとか、釘を目玉にどれだけ近付けられるとか。」
「いやちょっと最後のは共感出来ません。つまりは、恐いもの見たさで傘に近付いていると。」
「そうです。」
「理由は分かりました。でもやはりここは危険です。ちょっと脇に行きましょう。」
「この状況でどうやって脇に行くんですか?」
「私が傘を移動させます。」
「よく持てますね。」
「普通ですよ。」
「よく持って移動出来ますね。」
「傘ってそう言うものですからね。」
「痛くないですか?」
「痛くないでしょ。」
「噛みません?」
「傘を何だと思ってるんですか?とりあえずここに置きますね。」
「急に開かないですよね?食べられないですよね?」
「急に開く事はあっても食べたりはしません。」
「恐いですね。」
「いえ、まったく。ところで、ずっと気になってたんですけど、なぜそこまで傘に恐怖心を抱いてるんですか?」
「傘って、武器ですよね。」
「武器ではないです。雨に濡れない為の道具です。」
「武器の中でも雨から身を守れる唯一の武器ですよね。」
「だから武器ではないです。」
「だって、傘で人を殴る事が出来るじゃないですか。傘で人を突き刺す事だって出来るじゃないですか。」
「いやそれは、武器として使おうと思えば使えるって話ですよね?そんな事を言ったら、包丁だってノートパソコンだってドライヤーだって、武器になっちゃうじゃないですか。」
「なりませんよ。」
「何で傘が武器だって言う人に鼻で笑われなきゃならないんですか。」
「傘の恐ろしさを知らないからですよ。包丁やノートパソコンやドライヤーは、使用しない人の方が多いでしょ?でも、傘はどうです?雨が降れば傘、日差しが照り付ければ傘、傘傘傘!老若男女、職業問わずにとにかくどいつもこいつも傘じゃないですか。傘傘傘じゃないですか!」
「いいじゃないですか。そう言う時の為の傘なんですから。」
「警察のコスプレの人じゃない警察の人はさ。」
「そんな風に呼ばれてた事、忘れてましたよ。」
「銃や刃物を持ち歩いてたら、取り締まりますよね?」
「取り締まりますよ。」
「傘はなんですか?警察公認の武器なんですか?」
「傘は傘だと警察も認識してますよ。」
「年間、どれだけの傘の事故や事件が起こってると思ってるんですか?」
「起こってるんですか?」
「もう集計するのもバカらしくなっちゃうくらい起こってますよ。」
「じゃあ、お兄さんは雨が降ったらどうしてるんですか?」
「こうしますよ。」
「傘差してんじゃないですか!」
「差してないじゃないですか。こうしてるだけですよ。」
「エアー?フリですか?傘を差してるフリなんですか?」
「これで十分でしょ。」
「不十分でしょ!ずぶ濡れじゃないですか!」
「なぜ、ずぶ濡れちゃいけないんでしょう?」
「風邪引いちゃいますよ?」
「お母さんみたいな事を言うんですね。実は、警察のコスプレの人じゃない警察の人じゃない僕のお母さんですか?」
「警察の人です。あのう?それじゃあ、私もう行きますね。」
「今の会話の中で密室トリックのヒントを得たから連続殺人事件を解決しに行くんですね。」
「見回りです。それと、雨が降った時には、ちゃんと傘差して下さいね。」
「やっぱりお母さん?」
「違います!」
自転車に乗り、果てしなく真っ直ぐ道を走り去る警察の背中が見えなくなるまで見た後、男は落ちてた傘を手に取り、トウモロシ畑に投げ込んだ。

第五百六十八話
「・・・・・・こらーっ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

「第五百六十九話」

「先生、どうしたんですか?まさかのいっつも締め切り限界ギリギリアウトの先生からの呼び出しだなんて、もしかしていよいよアタシにプロポーズ?」
出版社の女。
「だから何で美人だけが取り柄のお前にプロポーズしなきゃなんないんだよ!」
物書きの男。
「美人だけがって言いますけど!美人ってかなり上級ツールですけど!ハイスペックツールですけど!伝説の武器レベルですけど!」
「美人はな。寿命が短い。」
「怒られますよ。」
「何に。」
「いや何かに絶対確実怒られますよ。で、それでアタシを呼び出した意図は何ですか?新作が書き上がってるって様子もないですけど?」
「いつもいつも、お前が小説のアイデアを持って来るだろ?やれ、恋愛小説を書けだのとかさ。」
「何でちょっと、いやかなり迷惑そうに言うんですか?出版社の立場から言えば当たり前の仕事してるだけですけど?」
「美人だったら何したっていいのか!!」
「どう言う怒られ方してるんですか?アタシは?」
「と、以前の俺ならツバキを撒き散らしながら怒鳴っていただろう。」
「いや今もそこそこでしたけど?だから先生、本題は何なんですか?」
「私は、泣ける作品を書こうと思う!」
「はあ。」
「泣ける作品を書こうと思う!」
「どぞ。」
「ケッ!」
「ケッ!って、実際に不愉快になる人、初めて見ましたよ。てか、きっと先生は、あまりにも無反応なアタシに不愉快なんですよね?」
「ケッ!」
「せっかく自ら売れる作品のアイディアを出したのに、あまりにも無反応なアタシに不愉快なんですよね?」
「ケッ!」
「当たり前じゃん!」
「ケッ!?」
「そんなの誰もがそう思ってそうしようとしてる普通の領域じゃん!むしろ今までよくぞそこに辿り着きませんでしたね!って話ですよ!」
「ド定番か。」
「ド定番中のド定番ですよ。」
「よし!そのド定番中のド定番と真っ向勝負しよう!」
「先生!いよいよやる気になってくれたんですね!」
「俺はいつでもやる気だったけど?」
「売れる作品に対してって意味ですよ。」
「語弊が凄いな、お前。」
「でもでも、先生?肝心なのは、作品の方向性じゃなくて、中身ですよ!特に先生の場合は!」
「顔が近い。」
「美人が顔近付けたら、喜びましょうよ。」
「くしゃみしていい?」
「有り得ないでしょ。この零距離でくしゃみは。」
「鼻糞飛ばしていい?」
「もっと有り得ないでしょ。」
「オナラしていい?」
「零距離ならむしろオナラが一番マシです。って、零距離で何がどうとかどうでもいいんですよ。」
「お前が早く離れないからだろ。そう、肝心なのは内容なんだよ。単純に、泣ける作品では面白くない。俺が書くんだから、オリジナリティが必要だ。」
「いやその先生のオリジナリティ、一回無しにしません?あれがかなりのネックなんですよね。」
「あのな?俺もバカじゃない。」
「そうなんですか!?」
「そうなの!?」
「先生まで驚愕しちゃったら、誰がこの現場を収集するんですか。」
「泣ける作品は、チョロい。」
「怒られますよ?」
「何に。」
「何かに絶対確実怒られますよ。チョロい訳ないじゃないですか!」
「だって、とりあえず誰かが死ねばいんだろ?」
「とりあえず誰かが死ねばいいってもんじゃないでしょ!」
「人は不思議だよ。」
「何ですか?急にシリアスモードになって。」
「死ぬ事からは回避不能なのに、生きてる事への奇跡を日々歓喜しない。」
「口説いてるんですか?」
「口説くかよ!どんな口説き文句だよ!ただ単純に、いい言葉を発しただけだよ!」
「いい言葉でした?」
「いい言葉でしたよ。」
「泣ける作品の内容とは?」
「余命の主人公とか、家族を殺された復讐劇とか、タマネギ切りまくってるとか、眼球殴るとか、そんなんじゃないんだよ!俺が書きたい泣ける作品ってのはさ!」
「良かったぁ。後半マジでヤバかったですもん。」
「読み手が全員泣ける作品を俺は書く!」
「いやいやいや、ちょっと先生?先生ちょっと?それはそれで不可能ですよ。人それぞれに泣けるツボがあるんですから、読んだ人全員ツボる泣ける作品は無謀です。無茶です。」
「お前、バカだろ?」
「アタシ、バカなの!?」
「えそうなの!?」
「いやだから、収集出来なくなるんでやめて下さい。だって、そんな読んだ人が全員泣くなんて、どう考えたって無理じゃないですか!」
「その無理じゃないですか!って言う事を思い付いたから、呼び出したんだろ?」
「マジですか?」
「マジですよ。」
「死んだ両親に誓えますか?」
「死んでないけどな。誓えるよ。」
「では、どぞ。」
「あのな?内容に拘るから全ての人を泣かす事が出来ないんだよ。」
「はい?」
「いいか?問題なのは、内容なんかよりも読ませ方なんだよ。」
「はい?読ませ方?」
「だから、この作品を読む為の読み方を冒頭に書くんだよ。」
「すいません。嫌な予感しかしないんですけど?因みに、一体先生は冒頭に何を書くつもりなんですか?」
「ふっふっふっ!これで泣ける作品の時代は大きく前進するだろよ!驚くなよ?こう書くんだ!!」

第五百六十九話
「常に足の小指を何かの角にぶつけながら読んで下さい」

「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・帰ります。」
「じゃあ!常に眼球を殴りながら読んで下さい、は?」
「また、来ます。」
「なら!アナタが一番泣ける作品を思い浮かべながら読んで下さい、は?」
「お邪魔しました。」
「これならどうだ!鼻毛を」
「バタン!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月17日 (水)

「第五百七十話」

「今日は、虹を渡るのであーる!」
「たたた隊長!?たたた隊長!?い、今何と?すかさず今何と?」
「今日は、虹を渡るのであーる!」
「たたた隊長!?虹を!?虹を渡るのであーるでありますか!?」
「何か問題でもあーるのであーるか?」
「単純に、どうやって?はてさて、どうやって虹を?虹を渡るんだ?って、思いました。いえ、思いました!」
「なぜ全く同じ文章をあえて一回否定しといてもう一度言ったのであーる?どうやって?どうやって虹を?どうやって虹を渡るのか?虹を渡るのに、どうやってもこうやってもないのであーる!虹は、渡りたい時に渡るものであーる!」
「そそそそんなバカな!?隊長がおっしゃってる虹とは、空に架かる虹ですよね!」
「うむであーる!」
「渡りたい時に渡ると言われても!そもそもの渡り方が分かりません!」
「分かれ!」
「分かりません!」
「分かれ!」
「分かりません!」
「分かれ!」
「分かりません!その分かれの無理強いやめて下さい!そこで分かったと答えても分かってませんから!」
「虹靴は、準備して来たか?」
「あーるは?虹靴!?ににに虹靴!?虹靴って何ですか?」
「虹靴とは、虹を渡る時に履く靴の事だ。」
「あーるは?虹を渡るのを今さっき聞いたので、持って来ていません!持って来ていませんと答えましたが、そもそもが虹靴と言うアイテム名を聞いたのも今さっきが初めてで、初めての事だらけで!」
「虹靴を履いて、虹手袋を装着する!」
「あーるは?ににに虹手袋!?ににに虹手袋とは!?」
「虹を渡るには虹手袋が虹靴以上に必要不可欠なのは、虹の入門書を読めば分かるだろ!」
「もう、あーるやめたんですね。」
「やめたよ!」
「そんな怒らなくても!?ゲンコツで怒らなくても!?ににに虹の入門書!?ににに虹の入門書って何ですか!?虹靴も虹手袋も虹の入門書も初耳です!」
「ははは初耳!?ははは初耳だと!?」
「僕の真似しないで下さい。」
「僕の真似って、驚いた時に冒頭の言葉を連呼するのは、キミが発案者じゃないだろ?」
「発案者じゃないですけど、二人しかいない会話で最初に使ったら、それはもう僕が発案したも同じですよ。」
「キミは、無茶苦茶言うな!お菓子売り場の子供か!玩具売り場の子供か!」
「隊長から虹を渡ると聞かされた大人です!28歳の大人です!」
「さてと、準備運動で体も温まった事だし、よし!渡ろう!」
「よし!渡ろう!じゃないですよ!よし!渡ろう!じゃないですよ!よし!渡ろう!じゃないですよ!」
「なぜ三回も言う?」
「物凄く大事な事だからです!」
「よし!渡ろう!」
「渡れるものなら渡ってみたいですけど!隊長!虹は、渡れません。」
「虹は、渡れない?」
「虹は、渡れません。」
「虹は、渡れない?」
「虹は、渡れません。」
「29年前には、この地球上に存在すらしてないキミが何を偉そうに言ってんだ!」
「無茶苦茶な人生の先輩風吹かせますね!?」
「吹かせられるなら吹かすのが先輩風ってもんだろ!それが人生ってもんだろ!」
「それはとても淋しい人生ですよ。それはとても哀しい人生ですよ。」
「人生は、常に淋しくて哀しいもんであーる!」
「あーる!?ここに来てまた、あーる!?さすがです!隊長!」
「ありがとう!隊長!」
「いや僕は隊長ではありません。」
「学級委員みたいな模範解答だなキミは!メガネでお下げかキミは!」
「古い!学級委員のイメージがただただ古い!」
「どうせ掛けるなら虹眼鏡を掛けろ!」
「ににに虹眼鏡!?ににに虹眼鏡とは!?虹靴、虹手袋、虹の入門書に続く第四のアイテム、虹眼鏡とは!?」
「虹眼鏡を掛けてないと虹が見えないだろ!」
「いや、虹はそんな眼鏡を掛けなくても見えますよね?」
「風景としての虹を見るのには、虹眼鏡を必要としない。がしかし!虹を渡るとなったら話は別だ!虹には、渡れるポイントと渡れないポイントとが存在する!その渡れないポイントが分かるのが虹眼鏡だ!虹から落ちて死にたいのか!!」
「もうキレ方がヤバい人じゃないですか!?」
「ナイフを首筋に突き付けてすまなかった。だが、キミがあまりにも虹をなめていたから、ついつい興奮してしまって、本当にすまない。」
「僕の方こそ、何が何だかよく分からないですけど、とにかくすみませんでした。」
「あとはそうだな?虹防護服は、持って来たか?」
「虹防護服?」
「何だ?得意の驚愕はやめたのか?」
「ええ、何かもう面倒臭いのでやめました。虹防護服って何ですか?」
「虹から発生するレインボチウムから人体を護る服だ。」
「レインボ?」
「レインボチウム!」
「って、何ですか?人体を護るって、どう言う事ですか?」
「よくは知らん!」
「知らん!?」
「その辺は、知らん顔しとけ!」
「知らん顔出来ませんよ!」
「知らん顔で知らんぷりしとけ!」
「いや、防護服まで装着しないと危険だって事ですよね!人体に悪影響だって事ですよね!死ぬって事ですよね!防護服まで装着して渡る価値が虹にあるんですか!」
「ある!!」
「断言した!?物凄く断言した!?こんな正しくした断言を見た事がない!?隊長!そこまでして渡る価値があるなら、その価値を教えて下さい!」
「虹を渡るとな。」
「はい。」
「虹を渡ったと自慢出来る!」
「はい。」
「うむ。」
「はい。」
「いやだから、うむ。」
「え?それだけ?虹を渡ったら、虹を渡ったって自慢出来る。ただただそれだけ?」
「ノートとジュースも貰えるぞ。」
「どう言うシステム!?と言うか隊長、とりあえず傘も差さずに雨上がりの虹を待つのやめません?どっか喫茶店とかに入りません?」
「どっちも無理!」

「何でですか!?」
「お金が無い!」
「変な虹グッズばっかり買ってるからだ!」
「うむ。」
「いやうむじゃなくて!」

第五百七十話
「雨上がりの虹を待つ雨の中にて」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ