« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月 7日 (水)

「第五百七十三話」

「先輩?」
「任務中の私語は厳禁だ。」
「そんな事は分かってますよ。」
「トイレか?」
「そんなヘマはしませんよ。」
「だったら、任務に集中しろ。」
「先輩?集中しろって言ったって、僕等こうしてドアの前に立ってるだけですよね?何か話でもしてないと暇じゃないですか?」
「ただドアの前に立っている訳じゃない。部屋の中には、大統領が居る。私達の仕事は、大統領を警護する事だ。分かっているなら、私語は慎め。」
「いやいやいや、先輩?僕が言いたいのは、この国でこの仕事って成立するんですか?って言いたいんですよ。そう言う話ですよ。」
「大統領の命を命懸けで護る。それが任務だ。」
「先輩の言ってる事は、この国以外だったら当て嵌まるんですよ。立派な志ですよ。でも、この国で大統領の命を狙う者がいますか?そんな愚か者絶対いませんよ。」
「この世の中に絶対は存在しない。」
「そう言いますけど、よく言いますけど、この国で大統領の命を狙う者がいないのは、絶対です。」
「どうしてそう言い切れる。」
「え?だって、この国のシステムがそうじゃないですか。大統領の命を狙った者は、頭が爆発する。国民全ては生まれた時にそのチップを埋め込まれ、定期的に交換する。他の国から入国して来た者には、その場でチップが埋め込まれ、出国時にチップを抜き取られる。まあ、島国だから成せる業とでも言うんですか?完璧なシステムですよ。」
「そうだな。」
「いや先輩?そうだなじゃなくて、この完璧過ぎるシステムの中、なぜ大統領警護が必要なのか?ですよ。話はそこですよ。」
「このシステムも人間が作り出したモノだ。人間が作り出したモノには、必ず欠点があり弱点がある。」
「いやいやいや、そう言いますけどね。よく言いますけどね。このシステムは難攻不落過ぎるぐらい難攻不落ですよ。」
「なら、こう考えたらどうだ?」
「どう考えるんですか?」
「立ってるだけで、金が貰える。」
「ええーっ!いやまあ、実際そうなんですけど、何か先輩の口から聞きたくなかったなぁ!」
「おい、そろそろ本当に私語を慎め。」
「あそうだ!いい事を思い付きましたよ。」
「この状況で黙る事以外にいい事などないぞ?」
「本当に頭が爆発するか試してみません?」
「何!?」
「先輩は、見た事あります?大統領の命を狙ってる者の頭が爆発した瞬間を。」
「いや、ない。」
「こう、考えた事はありませんか?いや、こう考えたらこの状況の全てに説明が付く。」
「何を考えている?」
「嘘なんですよ。」
「嘘?何が嘘だと言うんだ?」
「この国のこのシステムがですよ。」
「バカな!?そんな飛躍し過ぎた考えがあるか!」
「そこですよ。まさにそこです。全ての人間が、この国のこのシステムを疑わない。でも、実際にはそんなシステムはなく、話だけが一人歩きしてる状況なんですよ。当たり前に塗り固められた嘘を信じてる。だから、警護が必要になる。だって、そんなシステムが存在しないなら万が一の場合は、マジで大統領の命は危険ですからね。」
「私もお前もチップが埋め込まれているだろ。」
「ええ、でも実際に爆発した人間は見た事がない。チップを埋め込むと言う作業をする事で、嘘が飛躍的に真実へと進化する。」
「突拍子しもない想像をするは自由だ。だが、お前が試そうとしている事は、罪だ。」
「ここで大統領の命を狙ったら、本当に僕の頭が爆発するのか?試してみる価値はあると思いませんか?」
「ない!」
「先輩だって、疑問に思ってたはずです。」
「私は疑問になど思った事などない!」
「この大統領警護の仕事をしてて、それは有り得ないですよ。でも、安心して下さい。僕が今からその疑問を解決してみせます。」
「おい!」
「先輩?なぜ銃を?大統領の命を狙ったら、頭が爆発するんですよ?銃なんか向けても意味はないはずです。先輩は、遠くから安全な場所から本当に僕が爆発するかを見届けてくれればいいんです。」
「やめろ。それ以上は、冗談の域を越える。」
「巻き込まれちゃいますよ?」
「やめろ。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・・。」
「・・・・・・冗談ですよ。」
「・・・・・・・・・・。」
「だって、僕が大統領の命を本気で狙ってたら、今頃爆発してるはずじゃないですか。」
「・・・・・私語は慎め。」
「先輩?」
「これ以上は、上に報告するぞ。」
「このシステムって、大統領も例外じゃないですよね。」
「当たり前だ。」
「それって、大統領が自殺しようとしたら、どうなるんですか?やっぱり爆発するんですか?大統領が大統領の命を狙ってる訳だから、システムが起動しますよね?」
「トンチみたいな事を言っていないで任務に集中」
「ボンッ!!」
「先輩!?」
「まさか!?」

第五百七十三話
「それは自殺か暗殺か?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月14日 (水)

「第五百七十四話」

「殺す気でしょ?」
まさか、生きてる間にこんな言葉を口にするとは、思ってもみなかった。しかも、親友に対して・・・。そう、今日は朝から曇天で、時間の流れなんか分かったもんじゃない中、俺は新作のデザインを暗中模索してた。数年前、親友と立ち上げたデザイン事務所だったが、学生のノリと言うか飲みの席でもノリと言うか、んまあ現実なんてもんは酷いもんで、でもそんな袋小路の現実社会でも何とか自分達の道を切り開いて行こうと俺達は必死だった。今日だってそうだ。気付けば夜中になってるぐらい俺は、デザインを書いては捨て書いては捨て書いては捨て書いては捨てしてたら、背後に頭から爪先まで黒黒黒のファッションで、その親友が立っていた。だから俺は言ったんだ。
「殺す気でしょ?」
と。
「はあ?お前、何言ってんだよ。」
「いや、言うだろ。そんなあからさまな格好で後ろに立ってたら、言うだろ。殺す気でしょ?ってさ。今使わないで一体いつ使えばいい言葉なんだよってくらいにさ。」
「休みの日なのに事務所に明かりが点いてるからもしかしたらと思って来てみたら、お前がいたんだよ。」
「うんじゃあ、そのポケットからはみ出てるロープは?」
「だから、もしかしたらと思ってって言っただろ?」
「いやいやいや、お前のもしかしたらを俺が瞬時に理解出来る訳がないでしょ?人それぞれに人それぞれのもしかしたらがあるんだからさ。」
「もしかしたら、強盗じゃないかと思ったんだよ。」
「・・・いや、待て待て待て!待ってくれ!待ってくれ待ってくれ!」
「待ってるよ。」
「はあ!?」
「はあ!?って何だよ。」
「おかしいだろ!それ絶対おかしいだろ!強盗かと思ってポケットにロープで背後って、無理ない?無理無理無理!それは、無理!」
「何が無理なんだよ。」
「強盗だったら警察呼べばいいだろ?こんな距離まで俺だって分からない訳がないし!」
「デスクの上のライトだけじゃ分からないだろ?ゴソゴソしてたしさ。」
「いや確かにゴソゴソはしてたけど、え?お前何?警察呼ばないで強盗だったら殺してしまおうって考えたの?」
「その方が早いだろ?」
「何が?この場合、何が早いの?何と競争してんの?恐い恐い恐い!俺を殺す気じゃないんだったとしても誰か殺す気だったんじゃん!」
「強盗するような奴だぞ?殺されたって仕方ないし、殺されたって悲しむのは、その家族ぐらいだろ?そんなの世界の人口に比べたらゼロに等しい数だろ?」
「何だよその犯罪イコール死刑な発想は!何だよその不条理なルールブックは!」
「いや別にそうじゃないよ。」
「そうだろ!」
「俺達の事務所に強盗が入ったらの話で、他のとこに入った強盗は殺さないよ。ああ、強盗に入られて可哀想だなって思うぐらいだよ。」
「ああ、強盗に入られて可哀想だなって思うぐらいだよじゃない!そのまず、降りかかる火の粉を殺害で丸く収めようって発想がいかがなもんだろ!どうすんだよ!その死体!」
「その時は、お前に連絡して手伝ってもらおうと思った。」
「思うな!俺に訳の分からない犯罪の片棒を担がせるな!」
「山に埋めるか溶かすかブタの餌にすれば大丈夫だろ。」
「マフィアか!俺達は!」
「でも許せないだろ!強盗だぞ!大事なモンを盗んだんだぞ!俺達の大事なデザインを盗んだんだぞ!」
「ああ、やっぱり殺す気でしょ?お前、俺の事を殺す気でしょ?」
「何で?どうしてパートナーのお前を殺す必要があるんだよ。」
「だって、お前!そもそも咄嗟にそんな格好が出来るか?都合良くロープ用意出来るか?」
「咄嗟にこんな格好が出来る事だって、都合良くロープが用意出来る事だってあるだろ?」
「お前、気付いたんだろ?」
「気付いた?何に?」
「俺と奥さんとの関係についてさ。大事なモンを盗んだ俺に、気付いたんだろ?」
「・・・・・・・・・。」
「ごめん!本当にごめん!もう二度と奥さんとは会わないし連絡も取らない!誓うよ!だから、殺さないでくれ!」
「確かに、俺はお前と妻の関係に気付いた。確かに、俺は大事なモンを盗まれた。」
「頼む!殺さないでくれ!」
「もう遅い。」
「えっ?やめろ!頼む!やめてくれ!」
「だから、妻を殺した。」
「え?」
「俺から大事なモンを盗んだ妻をな。」
「・・・お前。」
それから俺達二人は、朝までデザインを創作し続けた。

第五百七十四話
「私を殺す気でしょ?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月21日 (水)

「第五百七十五話」

「ブロロロロロロロ!!」
「ブロロロロロロロ!!」
俺達は今、美術館から名画を盗み、森の中をバイクで走ってる最中だ。
「どうやら追っ手は来てないみたいだな!」
「この森を抜けた所まで、あと少しだ!」
「そこに乗り物が?もうガソリンがもたない!こんなおんぼろバイクじゃ限界だ!」
「ああ!大丈夫!ちゃんと用意してある!さあ森を抜けるぞ!」
「ブロロロロロロロ!!」
「ブロロロロロロロ!!」
俺達が森を駆け抜け辿り着いたのは、大草原だった。
「大草原!?」
「乗り物は、こっちだ!」
「あ、ああ。」
「さあ!逃げるぞ!」
「え?」
「は?」
「え?」
「は?」
「え?」
「は?」
「乗り物って?え?」
「これだよ。」
「気球?」
「気球。」
「気球?」
「気球。」
「赤い気球?」
「青が良かったか?」
「色の問題点指摘してんじゃなくて!乗り物のチョイス自体を指摘したいんだ!え?ウソ、だよな?」
「ウソ?何が?」
「いやだから、気球で逃走って、ウソだよな?」
「この状況でウソなんかついてどうすんだよ!僕達は、名画を盗んだんだぞ!しかも名画中の名画をだ!だから物凄い数の警察が追って来てんだぞ!」
「いやなんか着々と気球のセッティングしてるけど、ウソなんだろ?」
「セッティングしてるのが分かってるなら少しは手伝えよな!」
「いや、いつの時代背景で逃走用の乗り物チョイスしてんだよ!てっきり小型飛行機とかかと思ったよ!」
「小型飛行機の免許なんか取れる訳がないだろ?」
「じゃあ、お前は一体あの期間、何の講習に出掛けてたんだよ!」
「もちろん気球の講習だよ。」
「いやいやいや、おかしい!おかし過ぎる!」
「大爆笑してないで手伝えよな!」
「大爆笑なんかしてないだろ!」
「おかし過ぎて逆に怒ってんだろ?」
「それを大爆笑って観点で捉えられるお前は凄いよ。ちょっと待てよ!ちょっと冷静になって考えてみろよ!気球だぞ?」
「赤い気球な。」
「色とかどうだっていいんだよ!気球だぞ?気球でどうやって逃げ切るんだよ!」
「上へ上へ逃げれば、有り得ないぐらいの数の警察から逃げ切れるだろ?」
「地上の警察はな!地上の有り得ないぐらいの数の警察からは逃げ切れるよ!」
「じゃあ、万々歳じゃないか。それ取って。」
「何で万々歳なんだよ!」
「有り得ないぐらいの数の警察は、指をくわえて僕達を見てるしかない。大爆笑で見返してやろ!」
「いやだから、お前の頭の中でどんな時代背景になってんだって!地上の有り得ないぐらいの数の警察が指をくわえて俺達を見てたって、有り得ないぐらいの数の上空の警察は、大爆笑で地上を見下ろしてる俺達を見て大爆笑だろ!」
「ヘリコプター的な?」
「ヘリコプター的なだよ!ヘリコプター的な存在分かってんじゃん!分かってて何で気球チョイス?」
「ちょっとそれ取って。」
「おいなあ?マジで気球がウソじゃないんだったら、とりあえずバイクで逃げれるとこまで逃げようぜ!その方がまだマシだ!空の上で逃げ場がない状況で蜂の巣にされるならな!」
「蜂の巣?蜂の巣なんかされないさ。よし!準備出来たぞ!」
「こ、これは!?」
「有り得ないぐらいの数の警察は、名画を傷付ける事は出来ない。だから、盗んだ名画全てを気球に貼り付けたんだ!」
「なるほど、ってなるほどじゃない!一旦、気球で上空に行くって事はだぞ!その後、地上に戻らなきゃなんだから、上空でマークされて地上で逮捕だろうが!」
「誰が地上に戻るって言った?」
「はあ?」
「宇宙に逃げれば無敵だ!そして気球初の宇宙到達で僕達の名前は歴史に刻まれる!」
「主旨がもう、おかし過ぎるだろ!」
「それに、宇宙へ持って行けばもう、僕達の絵は盗まれる事はない。」

第五百七十五話
「究極のトランクルーム」

「いや、大気圏でアウトだろ。」
「は?」
「え?」
「は?」
「え?」
「は?」
「え?」
「は?」
「え?」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

「第五百七十六話」

 これで、終わる。なにもかもこれで、これで全て終わる。
「・・・・・・。」

「・・・・・・。」
さようなら、キミ。
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」

本当に、さようなら。
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」

キミ。
「えっ!?」
「えっ!?」

第五百七十六話
「交差点をバスが通り過ぎなければ僕の殺人計画は完璧なはずだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »