« 「第五百七十六話」 | トップページ | 「第五百七十八話」 »

2017年7月 5日 (水)

「第五百七十七話」

 刑事は、病室のベットの上のミイラ男状態の男に困惑していた。
「刑事さん。」
「ん?」
「とにかく記憶がないんですよ。」
「うん。」
「自分が誰なのか?どうしてあの場所に居たのか?何でこんな全身包帯ぐるぐる巻き状態になっちゃったのか?僕は女性を殺した犯人なんですか?僕は殺人犯なんですか?」
「うん、じゃあ、ここで一回、うん、話を整理してみようか。」
「はい。」
「裏路地で女性の変死体が発見された。あれだ。もう、刃物で滅多刺しの鈍器のようなモノで滅多打ちの変死体だ。んで、その数メートル先の別の裏路地で全身骨折で倒れてるキミが発見された。当初は、恋愛のもつれによる殺人からの自殺と考えて捜査は進められた。だが、キミがミイラ男状態で、しかも所持品に身元を確認出来るモノを所持していなかった事で、早々に捜査は行き詰まった訳だ。」
「刑事さんは、僕が殺したと思ってるんですか?」
「さあな?さっぱり分からないよ。キミが誰で、一体何者なのかが分かって初めてスタートラインだからな。キミは殺人犯かもしれないし、全く無関係かもしれない。」
「そうですか。」
「ただ、俺が思うに、キミは無関係だ。」
「えっ!?そうなんですか!?それは何でですか!?」
「こう言う場合、ドラマや小説だとな?犯人かな?犯人かな?と思わせぶりな奴が犯人じゃないパターンが多いんだよ。」
「はい?」
「あれだろ?キミは、事件の真相を撹乱する為に、あそこで全身骨折で倒れてたんだろ?」
「どんな奴なんですか!僕は!」

「おまけに記憶喪失と来たらもう、決まりだよ。」
「何が決まりなんですか?何も決まってないですよ?」
「話が後半になってクライマックス間近でキミの正体が分かった時、この事件とは無関係だってオチが俺には見える!」
「刑事さん!ちょっと刑事さんこれは!これは現実の話ですよ?ドラマや小説や映画とは違うんですよ!」
「そんなのは分かってるよ!俺が今、ここでウンコしたら、ウンコした事になるからな!」
「斬新な確認方法ですね!」
「だから俺は、さっさと事件の真相に辿り着きたいんだよ。こんなどうせ無関係の男の事情聴取とかしたくないんだよ。」
「無関係かどうかは分からないじゃないですか!それに、仮に無関係だったとしても!僕は僕で何か別の事件に巻き込まれてるかもしれないじゃないですか!」
「そうかもしれないな。」
「そうですよ!」
「だとしてもだ!キミは、この状況では、一番迷惑な存在で、むしろ嫌がらせしてんのか?って、存在なんだよ!」
「いや絶対その態度おかしいでしょ!これは現実の話ですよ!」
「だから!俺がここでウンコしたら、ウンコしたってなるんだから分かってるよ!」
「・・・してないですよね?」
「するかよ!俺は刑事だぞ!」
「どう言う言い分なんですか!何も見えないし何も臭わないから分からないですけど、本当にしてないですよね?」
「あのな?もっと常識的に物事を考えれば分かるだろ!」
「刑事さんに言われたくないでよ!」
「ちょっともうあれだな!埒があかないから、顔の包帯取るぞ?」
「ダメですよ!何言ってるんですか!」
「さあて?キミは一体誰なんだ?」
「誰なんだって、今包帯取ったって分かるわけないじゃないですか!やめて下さい!」
「これで一つ事件の真相に近付くってもんだ。」
「刑事さん!!ダメですって!!やめて下さい!!」
「さあ、キミは、一体誰なん、だ!」
「ちょっと!ちょっと看護師さーん!誰かーっ!」
「えっ!?どう言う事だ!?」
「・・・・・・。」
「俺!?」

第五百七十七話
「という暇潰しの妄想の」

んまあ、俺の想像力なんてのは、こんなもんかな。それにしてもちょっと、何か変な妄想してたら、本当にウンコしたくなって来たぞ?あれ?ボタンがない!?えっ?どこだ?ちょっと?ちょっと誰かーっ!!看護師さーんっ!!ねぇーっ!!」

|

« 「第五百七十六話」 | トップページ | 「第五百七十八話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/71058583

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百七十七話」:

« 「第五百七十六話」 | トップページ | 「第五百七十八話」 »