« 「第五百八十話」 | トップページ | 「第五百八十二話」 »

2017年8月 2日 (水)

「第五百八十一話」

「これは!?」
「お目覚めかしら?」
「はあ!?何でこんな状況になってんだよ!?アンタ誰だ!?」
「アタシ?アタシは、謎の美女。」
「謎の美女!?と、とにかくこれはどう言う事だ!?」
「これって?」
「だから!俺の今の状況だよ!」
「今の状況って、もしかして?山奥の廃墟で椅子に縛り付けられてる状況の事かしら?」
「それ以外にないだろ!」
「あはははははは!」
「なぜ突然笑う!謎の美女!」
「いやだって、これが笑わずにいられる?」
「いられるだろ!謎の美女!」
「あはははははは!」
「お前!俺を殺すんだろ!」
「あはははははは!」
「笑うな!」
「そうよ!」
「なっ!?」
「だとしたらどうだって言うの?」
「どうだって言うのっていっぱい言いたい事はある!とりあえず銃をしまえ!」
「嫌よ!でも、聞きましょう。」
「まず、俺とお前は知り合いじゃないだろ!知り合いじゃないのにこの状況って、お前は快楽殺人鬼か?でなきゃ殺し屋か?」
「あはははははは!」
「だから笑うなって!謎の美女!」
「だってだってだって!これが笑わずにいられる?」
「だからいられるだろ!謎の美女!快楽殺人鬼でもなきゃ殺し屋でもないなら!お前は、何者だ!」
「本当に何も覚えてないのね。」
「何も覚えてない?」
「この状況を作り出したのは、アタシじゃない。アナタよ。」
「はあ!?」
「映画や小説の中みたいな殺され方をしたい。そう言ったのは、アナタなのよ?覚えてない?」
「覚えてる訳がないだろ!何なんだよ!その斬新な自殺!」
「自殺?まあ、でも結局はアタシがとどめを刺さなきゃならないから、他殺?」
「待て待て待て!ちょっと待て!」
「待てないわよ。」
「どうして!」
「あんな大金を貰ってるんだもの。最後までちゃんとやらなきゃ。」
「大金?やっぱり殺し屋か!依頼主は誰だ!」
「だから、依頼主は、アナタよ。」
「だから!俺が俺を殺せなんて依頼する訳がないだろ!」
「アナタは、自分の記憶を自分で消したの。」
「はあ!?」
「見て、殺すなって言っても殺せって契約書よ。」
「ふざけんな!」
「あはははははは!」
「笑うな!」
「だって、バーでアタシもアナタにこの話を持ち掛けられた時、同じような事を言ったから、ふざけないで、ってね。」
「何!?」
「ほら、記憶が戻らないうちに終わらせましょうよ。」
「こんな事、有り得ないだろ!」

「アナタ、ある意味、幸せ者ね。」
「どこがだ!」
「だって、夢が叶うんですもの。」
「いや、待て待て待て!記憶が戻った!やっぱり契約はなしだ!」
「あはははははは!」
「そう、そうだ。そうやって銃をゆっくりおろした後は、この縄をほどいてくれ。」
「あはははははは!記憶が戻った?」
「そうだ!何てバカな事を俺は考えたんだって後悔してる!ああ、金はもちろんやるよ!こんな事に付き合わせちゃったんだからな!」
「記憶が戻った。」
「いや本当に良かったよ!ギリギリのとこで記憶が戻ってさ!」
「それが合図よ。」
「えっ!?」
「パン!」

第五百八十一話
「一人称は、僕」

|

« 「第五百八十話」 | トップページ | 「第五百八十二話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/71313612

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百八十一話」:

« 「第五百八十話」 | トップページ | 「第五百八十二話」 »