« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月 6日 (水)

「第五百八十六話」

 飛び降り自殺したら、絶対に死ぬだろう高さのマンションの屋上に男が2人。
「スナイパーですか?」
「はい?いや、スナイパーじゃないです。」
「なら、こんな所で何をしてるんですか?」
「自殺ですよ。」
「じ、自殺!?」
「いや、普通ぼーっとこんな場所に立ってる人がいたら自殺でしょ。そう言う貴方も自殺ですか?」
「いえいえいえ、私はスナイパーです。」
「ああ、だから。」
「はい。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」

「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・スナイパー!?」
「そうです。」
「スナイパーって、初めて見ましたけど、映画やゲームの中から飛び出して来たみたいな出で立ちなんですね!?」
「映画やゲームで研究しましたから。」
「ああ、だから。」
「はい。」
「その?あれですか?やっぱり、誰かの依頼で、誰かを殺すんですか?」
「はい。誰かの依頼で、誰かを殺すんです。スナイパーですから。」
「いやあ、そう言うのって、ない事じゃないとは思ってたんですけど、こんな身近であるとは思ってもみなかったです。」
「きっと、気付かれてないだけで、結構ありますよ。」
「そうなんですか!?」
「それよりも、こんなスナイパーの私の話よりもです。なぜ、自殺を?」
「スナイパーさんの話、興味津々ですけどね。僕ですか?在り来たりな話ですよ。僕、この向かいのマンションに住んでるんです。」
「同じぐらいの高さなのに、わざわざ向かいのマンションで飛び降り自殺と言う事は、そこにも何か理由があるんですね。」
「ええ、妻にね。」
「奥さんに?」
「妻に、自分が飛び降りる瞬間を見せようと思いましてね。その光景を目に焼き付けてもらおうと思いましてね。」
「穏やかではないですね。」
「所謂、復讐ってヤツです。」
「復讐ですか。」
「僕も僕ですけど、妻も妻なんです。」
「何か深い事情がありそうですね。」
「僕、小さな会社を経営してるんです。」
「社長さんでしたか。」
「社長と言ってもホント小さな会社で、しかも全く上手くいかないんです。それで毎日毎日、妻とは大ゲンカです。」
「それは大変ですね。」
「ええ、会社は上手く行かない。家庭も上手く行かない。負のスパイラルって言うんですか?どんなに仕事の経営が上手く行かなくてもそれでも妻は、応援してくれるもんだと思ってたんです。」
「そうでしたか。」
「でも、毎日毎日、家に帰ればお互いを傷付け合う暴言の嵐です。」
「しかし、どん底の今の状態が、ずっと続くとは思えません。今は、じっとガマンする時期なのではないですか?なにもこんな死に方する必要ないじゃありませんか。」
「言われたんです。妻に。」
「なんと?」
「アナタなんか、死ねばいい、と。だから、死んでやる事にしたんです!望み通り死んでやる事に!もう、愛はないんだって確信しましたから!」
「人を殺して生業にしている私が言うのもあれなんですが、死ぬんじゃない!」
「えっ!?」
「いや、やはり驚かれますよね。しかし、やはりこんな死に方は、おかしいですよ。在り来たりな言葉で言うなら、逃げてるだけですよ。それはきっと、私が想像も付かないぐらいの辛い日々をお過ごしだったのでしょう!なにもかもをお一人で抱え込んでいたのでしょう!それでもやはりこれはおかしいですよ!」
「スナイパーさん。」
「まだ何か!まだ何か別の方法があるはずです!まだ何かやり残した方法があるはずです!見過ごしてる方法があるはずです!一時の感情で、こんな事をしたらダメです!事実どうでしょう?今まで誰にも話せなかった事を見ず知らずのスナイパーに語る事で、少しは気が晴れたのではないですか?」
「ええ、実は少しだけ気が晴れました。」
「そうでしょ!だから、自殺を考える前に、もう一度冷静な頭で、何か別の方法を考えてみて下さい。復讐して死ぬよりも離婚して生きてもいいじゃありませんか。そんなに頑固に生きてても息が詰まるだけです。負のスパイラルに巻き込まれるだけです。」
「スパイラルさん!」
「スナイパーです。」
「スナイパーさん!ありがとうございます!僕、目が覚めました!もっともっともっともっと!色々な方法を考えてみます!」
「はい!」
「そうと決まれば、こんなとこで自殺なんかしてる場合じゃない!まずは、家に帰らなきゃですね!」
「そうですね!」
スナイパーと固い握手を交わした男は、屋上から去って行き、自分のマンションへと帰って行った。スナイパーは、その一部始終をスコープから見届けると、抜群のタイミングで引き金を引いた。
「申し訳ない。自殺では、私に報酬が支払われないのです。そうですよね?奥さん。」

第五百八十六話
「スナイパーとターゲットとクライアント」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月13日 (水)

「第五百八十七話」

「なあ?剣氏?」
「何だ?盾氏?」
「勇者、来ないな。」
「そうだな。」
「結構、来ないよな。」
「そうだな。」
「こんなにも来ないなんて思わなかったよ。」
「そうだな。」
「いやマジで!」
「そうだな。」
「なあ?剣氏?」
「何だ?盾氏?」
「どうして、こんなにも勇者は、来ないんだ?」
「世の中が、平和だからじゃないか?」
「世の中が、平和だからか!」
「たぶん、そうじゃないか。」
「確かに、魔物を見てない気がする!」
「見てないな。」
「なるほど!平和だから勇者が来ないのか。なるほどなるほど!でも、剣氏?」
「何だ?盾氏?」
「暇じゃないか?」
「暇だな。」
「異様に暇じゃないか?」
「異様に暇だな。」
「ムチャクチャ暇じゃないか?」
「ムチャクチャ暇だな。」
「トコトン!トコトントントン!暇じゃないか?」
「暇だな。だが、盾氏?」
「何だ?剣氏?」
「平和だ。」
「ああ、平和だ。」
「なら、それでいいじゃないか。」
「ああ、これはこれでいいのかもしれないな。」
「うん。」
「なあ?剣氏?」
「早いな?盾氏?どうした?」
「これはこれで、いいとしてだ。これはこれで、こっちに置いといてだ。やっぱり僕は、勇者と共に大魔王的な奴に立ち向かって行きたいって夢を捨てきれない!」
「まあ、その気持ちは分かるよ。盾氏。」
「そうだろ!そうだろ!剣氏!同じ伝説の武具としては、やっぱり勇者と共に大魔王的な奴に立ち向かって行きたいだろ!」
「ああ、分かる。分かるが、盾氏?」
「何だ?剣氏?」
「平和だ。」
「ああ、平和だ。」
「それでいいじゃないか。大魔王的な奴が現れて、勇者と共に退治し、平和を取り戻したとして、一時的にこの世界が平和じゃなくなると考えたら、ずっと平和ってのは、願ったり叶ったりじゃないか。」
「確かに、確かに剣氏の言う通りだ!剣氏の言う通り!」
「僕らが使われない世の中が、一番なんじゃないか?」
「ああ、そうだな。でも、剣氏?」
「何だ?盾氏?」
「そうすると、僕らは一体何の為に存在してるんだ?このままずーっと世界が平和だったら、僕らは一体何の為に存在してるんだ?」
「それはきっと、万が一の為に存在してるんじゃないか?」
「万が一、か。」
「不満かい?盾氏?」
「いやいやいや!不満じゃないよ!剣氏!ただ!」
「ただ?」
「ただ、これでいいのかな、ってさ。」
「ん?どう言う事だい?盾氏。」
「こうして犬に、おしっこ引っ掛けられるだけの運命なのかな、ってさ。」
「平和だ。」
「平和、か?これって、平和なのか?犬に、おしっこ引っ掛けられるだけの運命だとしたら、こんな平和なんか僕は、嫌だ!」
「そうかもな。」
「そうさ!」
「でも、盾氏?」
「何だ?剣氏?」
「大魔王的な奴の攻撃を防いで防いで、防ぎ続けて、壊れてしまうかもだぞ?」
「それはそれで、嫌だ!」
「だろ?」
「難しいな!平和って!」
「それが、平和だ。」

第五百八十七話
「盾と剣を洗う勇者の空想」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月20日 (水)

「第五百八十八話」

「はあ。」
「どうしたどうした!溜め息なんて!え?」
「いや、酷い渋滞だなと思ってさ。」
「確かにな。全く動かないな。目的地に着くまで眠っててもいいんだぞ?」
「運転手の横で助手席の俺が寝るなんて、そんな事は俺には出来ない。」
「そうか。ありがとう。」
「事故でもないし、そう言う時期でも時間帯でもないのに、何でこんな渋滞なんだ?」
「渋滞の原因は、ブレーキだって話を聞いた事がある。」
「ああ、あれだろ?ブレーキの連鎖反応みたいな話だろ?それなら俺も聞いた事あるけど、俄に信じがたい話だよ。実際にこうして原因不明の渋滞に巻き込まれるとさ。ブレーキとか言われてもな。」
「確かにな。一台のブレーキが、ここまでの大渋滞を引き起こすとは思えないしな。だけど、仕方ない。現実は、そうなんだよ。」
「まあそうなんだろうけどさ。しっかしあれだよな?何か時間を無駄にしてる感が物凄いよな。」
「だったらどうだ?この渋滞に巻き込まれてる無駄な時間を有意義に活用してみないか?」
「この無駄な時間を?一体どうやって?」
「この渋滞に巻き込まれてる無駄な時間を有意義に活用するにはどうすればいいのか?そう考えるだけで既に時間は有意義に活用されてるじゃないか!」
「哲学者か?みんながみんな、そう考えて、そう納得してたら、渋滞に巻き込まれてイライラする人間なんていないよ。それに、それに気付いて青天の霹靂みたく、その後の渋滞を清々しい気分でいられるか?俺は無理だ。」
「じゃあ、ゲームをしよう!」
「まだその方がいい。で、一体どんなゲームをするんだ?」
「格闘技だよ!」
「格闘技?そんなの普通に車内で有り得ないだろ!」
「車内じゃない。ここでするんだ。」
「頭の中?」
「そう!イメージトレーニングってあるだろ?それの応用編だよ!」
「そもそもイメージトレーニングが出来ないのに、いきなりその応用編は無理だ!」
「さあ来い!」
「いやだから無理だって!だいたい運転手が目を瞑っちゃダメだろ!」
「盲点だな!」
「まず気付けよな!」
「じゃあ、この空飛ぶボタンを押して、空を飛んで目的地まで行くってのはどうだ?」
「はあ?」
「じゃあ、この空飛ぶボタンを押して、空を飛んで目的地まで行くってのはどうだ?」
「いや、何度聞いても意味が分からないけど?空を飛んで目的地まで?空飛ぶボタン?」
「分かってるじゃないか!」
「この車、空を飛ぶのか?」
「あははははははははは!」
「なぜ突然の大笑い?」
「あははははははははは!だって、お前が飛びっきりのジョークを言うからだろ!」
「言ってないだろ?」
「この車、空を飛ぶのか?って、言っただろ?あははははははははは!」
「いや、話の流れ的に言うだろ。」
「この車が空を飛ぶ訳がないだろ!この車が空を飛ぶなら、最初から空を飛んで目的地まで行けばいいじゃないか!」
「お前が空飛ぶボタンとか言うから言ったんだろ!」
「このボタンを押したって、ハザードランプが点滅するだけだよ!あははははははははは!」
「こえーよ!ひたすら、こえーよ!じゃあ、何で空飛ぶボタンの話なんかしたんだよ!意味分かんねーよ!」
「じゃあ、このミサイルが発射するボタンを押して、前の車共を一掃するって言うのは、どうだ?」
「ハザードランプが点滅するだけだろ?」
「じゃあ、押してみろよ。」
「何だよ!急にシリアスな顔して!」
「ミサイルが発射するか、ハザードランプが点滅するか、やってみればいいじゃないか。」
「シリアスな顔やめろよ!ミサイルなんか発射する訳がないだろ!」
「だから、そう思うなら、やってみればいい。ただし、ミサイルが発射された場合、考えれないぐらいの数の人間が、死ぬぞ!地球の人口が今の三分の一になるぞ?」
「どんなミサイルだよ!だいたい何で、そんなミサイルがこの車に搭載されてんだよ!」
「標準装備だ。」
「だとしたら狂ってんだろ!その自動車メーカー!」
「さあ!どうする!押すのか?押さないのか?」
「押さないよ。」
「あははははははははは!」
「何で大笑い?」
「あははははははははは!ジョークだよ!ジョーク!このボタンを押してもミサイルなんか発射されないよ!ハザードランプが点滅するだけだよ!そんなこの世の終わりみたいな顔するなよ!」
「いやしてない。」
「大丈夫!明日も今日と変わらずあの地球は回ってる!」
「どんな角度の励ましだよ!」
「例えば、今横を通過してった家族連れの車、本当の家族じゃなかったら、どうする?」
「どうするって、別にどうでもいいよ。」
「どうでもいい?なぜ?」
「楽しそうな車中だっただろ?別に、本当の家族だろうがどうだろうが、幸せそうなら別にどうでもいいだろ。」
「お前、何か宗教でも始める気か?」
「何でそうなる!そこまでの偉大な格言を口にしたか?」
「それともあれか?プロポーズの練習か?」
「どんな恋愛の果てのプロポーズだよ!」
「さあ、そんなこんなで目的地に到着だ!実に有意義だったな!」
「無駄話のオンパレードだったじゃねーか!」
「あれ?お前、少し老けたか?」
「お前もな!」

五百八十八話
「火星マデ残リ500メートルデス」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年9月27日 (水)

「第五百八十九話」

「何してるんですか?」
「娘さん、何してると思いますか?」
「お爺さんが散歩の途中で疲れて道端に座ってる?」
「正解!」
「大丈夫ですか?救急車呼びましょうか?」
「と、言いたいところだが、不正解だ。」
「え?何でわざわざそんなフェイントを?」
「せっかくの娘さんの優しさを無下にして申し訳ない。」
「なら、本当に何をしてるんですか?」
「自分探しだよ。」
「自分探し?よく若者がしてるあの自分探し?」
「いや、よく若者がしてるあの自分探しとは、違う。」
「どう違うの?」
「本当の意味の自分探しさ。」
「はい?」
「私はね。この歳になるまで、この自分が、本当の自分だと思って生きて来たんだ。だが、妙な違和感と共に考えた。本当の自分は、別にいるんじゃないか?とな。」
「失礼します。」
「娘さん!ちょっと、まだ話は終わってないぞ?」
「いやだって、お爺さんが明らかに頭が狂っちゃった人だから!」
「随分とダイレクトにモノを言う娘さんだな。確かに、今の話を聞いたら、頭が狂ったと思うのも当たり前だな。しかしだ。娘さん?私の頭は、至極正常!」
「いやいやいやいや、お爺さん!無理がありますって!狂ってないにしてもとても正常とは思えません!狂う寸前ですって!」
「そうか?」
「え?そうですよね?だって、本当の自分は、どこかにいるって言ってるんですよ?じゃあ、今のこの道端に座ってるお爺さんは、誰なんですか?」
「誰なんだろうな?」
「いやちょっともう、不思議だらけで関わり合いたくないんですけど。」
「きっとな。どっかの人生のタイミングで、中身が入れ替わってしまったんだな。」
「本気ですか?本気でそんなSFみたいな事を言ってるんですか?」
「娘さんには、分からないんだよ。この妙な違和感がな。自分のようで自分でない。本当の自分は、どこかにいるはずだと言うこの違和感。」
「救急車呼びましょうか?」
「本当の私が医者なら、是非ともそうしてもらいたいもんだ。」
「本当のお爺さんがお医者さんかどうかは知らないでけど、とりあえず病院にいた方が安心安全なんじゃないですか?」
「まあ、確かに大勢の人間が集まる場所として病院で自分探しをするのは、一つの案だな。」
「いやいやいや、そう言う意味じゃないですよ。じゃあ、アタシはとにかくこれで失礼します。」
「待ちなさい。娘さん。」
「優しさが仇になった。」
「とりあえずおでことおでこをくっつけてみよう!」
「変態じゃないですか!」
「変態?そうじゃない。そうする事によって、本当の自分かそうじゃないか判別出来るんだ。」
「そこに正解が存在しないのに、どうして判別出来るんですか!例えばでよ?例えば、お爺さんの言ってる事が全て真実だとして、仮にですよ?仮に、アタシがお爺さんの本当の自分だったとして、どうするんです?」
「どうするって、娘さんが私の本当の自分だったとしたら、本当の自分を見付けたんだから、本当の自分に戻るだけだろ?」
「アタシ、急にお爺さんになっちゃう訳ですか?」
「急にお爺さんになる訳ではない。人生軸が元に戻るだけだ。正しく修正されただけの事だ。逆を言うなら、私は本当は娘さんなのに、お爺さんになっていたんだぞ?」
「もう何だかとにかくさっさとこの場を離れたいんで、おでことおでこをくっつけて違う事を証明しますよ!変なとこ触ったら、ぶん殴りますからね?」
「分かった。さあ、娘さん。来なさい。」
「え?いやちょっと何してるんですか?おでことおでこじゃなくて、唇と唇をくっつけようとしてますよね?目なんか閉じちゃって!」
「別に、おでこと言う決まりもないからな。とりあえず、チューに変更した。さあ!来なさい!」
「犬のウンコでも食ってろ!」
「ぶはっ!!」
「やれやれだわ。」
「ありがとう。お嬢さん。」
「まさか!?」

第五百八十九話
「ウンコの自分探し」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »