« 2017年9月 | トップページ

2017年10月

2017年10月 4日 (水)

「第五百九十話」

 ここは、地球の危機を管理する機関。地球危機管理局の局長室。
「局長!」
「おう!誰かと思えば、大統領じゃねぇか!久し振りだな!」
「挨拶なんかどうでもいいです!局長!どう言う事です!」
「挨拶は、大事だぞ?まあ、そこに座りなよ。」
「局長!どう言う事です!」
「そればっかだな!まあ、とりあえずコーヒーでも飲むか?」
「コーヒーなんかいいですから!私の質問に答えて下さい!」
「朝のコーヒーは、大事だぞ?ん?質問?質問って何だ?」
「あと20日で、地球に巨大隕石が衝突すると聞きました!どう言う事です!」
「ん?まんまだが?あと20日で、この地球に巨大隕石が衝突する。そして、地球は終わる。」
「終わる!?」
「ああ、終わる。綺麗さっぱり跡形もなく終わる。がっはっはっはっはっ!」
「笑い事じゃない!どう言う事なんですか!そもそも何で大統領の私にすら、こんな最重要な報告がないんですか!」
「大統領どころか、局でも一部の人間しか知らない事だ。一体どっから洩れたんだ?アイツか?」
「局長!貴方は、こんな最重要な事を隠そうとしてたんですか!」
「隠してたって、人聞きが悪いなぁ。」
「現にこうして隠してるじゃないですか!」
「隠してねぇよ!」
「20日後に地球は木っ端微塵に消滅する!対策はない!だから世界に混乱を招かない為に隠していた!そうではないって言うんですか!」
「ああ、そうだよ。大統領。」
「では、何か対策があっての事なんですね!」
「ああ、そうだ。むしろ、対策があるんだったら、わざわざ世界に混乱を招くような発表をしなくたっていいだろ?」
「・・・・・・。」
「コーヒー?飲むかい?」
「・・・お願いします。」
「まあ、これでも飲んで落ち着きな。」
「ありがとうございます。それで?この絶体絶命の打開策は、一体何なんですか?」
「我々、危機管理局は、待ってんだよ。」
「待つ?何をですか?」
「ヒーローをさ。」
「ヒーロー?」
「ああ、ヒーローだ。」
「ん?」
「ん?」
「具体的にヒーローとは?」
「ヒーローは、ヒーローだろ。大統領だって、子供の頃に憧れたりしただろ?」
「ヒーローって言うのは、コミックに登場するようない言うヒーローの事ですか?」
「ヒーローって言ったら、そう言うヒーローだろ。」
「人間の力で何か巨大隕石をどうにかするって話じゃなくて、いるかいないか、いやむしろ100パーセントいないヒーローの事ですか?」
「人間の力じゃあ、もうどうにもなんねぇよ。」
「ちょ、ちょっと待って下さい。えっ?どう言う事ですか?」
「いいか?大統領。この地球のピンチを救うヒーローって奴はな。地球が最大限にピンチにならねぇと姿を現されない奴なんだよ。」
「何でそんな事が分かるんですか!」
「ヒーローって奴は、そう言うもんだろ?」
「だからそれは!コミックの中の話じゃないですか!」
「いやそれは違う。そもそもなぜ?人間がその発想に辿り着いたのか?って話だ。つまりは、コミックに登場するようなヒーローって奴は、何度も何度も地球誕生から今まで、地球のピンチを救って来たって話だ。実在するんだよ。ヒーローって存在は。」
「そんなバカな!?」
「こうして人間は、地球が最大限にピンチな状態に陥った時の為に、危機管理を伝えてってるって訳だ。コミックって方法を使ってな。」
「なら、我々が今、出来る事と言ったら?」
「こうして美味いコーヒーを飲んで、ヒーローの登場を待つ!それだけだ!」
「すぐにミサイル発射の命令を!」
「待て大統領!そんな事をしたって無駄だ。この地球上の全てのミサイルを発射したとこで、どうにもなんねぇ。むしろミサイルの影響で巨大隕石衝突前に地球は滅びるだけだ。人間には、どうする事も出来ねぇんだよ。」
「・・・・・・。」
「なあ?大統領?」
「何ですか?」
「一体どんなヒーローが現れると思うよ?」
「はあ?」
「俺はなぁ?やっぱりベタな奴が現れると思ってんだよ!がっはっはっはっはっ!」
「私は、こんなに地球がピンチなんだから、複数だと思います。」
「おっ!大集結って奴だな!」
「はい。もう、メチャクチャたくさん集まっちゃう感じです!」
「がっはっはっはっはっ!そりゃあ、いい!見物だ!」
「あはははははははっ!」
「がっはっはっはっはっ!」
「ははははははははっ!」
「がっはっはっはっはっ!」
「はははははは・・・。」
「ん?どうした大統領?」
「って、そんな訳ないだろっ!」
「・・・まあ、20日後には分かる事だ。」

第五百九十話
「そして、20日後」

 ここは、地球の危機を管理する機関。地球危機管理局の局長室。
「局長!」
「おう!誰かと思えば、大統領じゃねぇか!20日ぶりか?」
「巨大隕石がレーダーから消えたって本当ですか!」
「ああ、本当だ!」
「じゃあ!」
「ああ、地球の危機は去ったよ。」
「本当にヒーローが現れたんですね!」
「その事なんだがな?大統領。」
「何ですか?」
「正直、何でレーダーから突然、巨大隕石が消えたかは、不明なんだ。ヒーローかもしんねぇし、そうじゃねぇかもしんねぇ。まあでも何だ!地球の危機は去った事実は変わりねぇ!」
「そうですか。少しヒーローに期待したんですけどね。」
「がっはっはっはっはっ!20日前は、あんなに青ざめてたのにな!」
「それは言わないで下さいよ。」
「でだ、大統領?来たついでに言っとくが、40日後に今度は、超巨大隕石が衝突する!」
「ええーっ!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月11日 (水)

「第五百九十一話」

「あーっ!便意!便意!便意便意!」
「ガチャッ!」
「ギャアアアアアア!?」
「いやいやいや、それはアタシの台詞でしょ!」
「すまん!」
「便意も止まるわ!マンションで一人暮らしの美大生の女子の部屋のトイレに爺さんがいたら、便意も止まるわ!」
「だから、すまん!」
「鍵ぐらいしといてよね!」
「鍵?」
「鍵知らないの?」
「すまん!」
「すまんばっかね!鍵って、これ!これをこうするの!そうするとこう言う過ちを防げるの!画期的でしょ?」
「なるほど!」
「鍵ぐらいしといてよねじゃねぇよ!何!?何がどうなってんの!?何で爺さんが便所にいんのよ!?えっ!?夢?これ、夢なの?夢だとしたらアレね。便意喪失のアタシは、完全にベッドで漏らしちゃってるね!これは、夢でも現実でも最悪のパターンのヤツじゃん!」
「すまん、強烈な便意に襲われてな。そう言う時に限って宇宙船のトイレが壊れていて、ここのトイレを借りる事になってしまったのだ。」
「ん?んんん?自宅を宇宙船って呼ぶ奇特な人ですか?」
「いいや、自宅は自宅でちゃんとある。宇宙船は、宇宙船だ。」
「つまり?」
「宇宙人だ。」
「ああ、宇宙人か!宇宙人だったんだ!そっかそっか!宇宙人なんですね!って、いやいやいや、有り得ない有り得ない!どう見ても爺さんだし、むしろ幽霊!?その方が納得が行く!」
「幽霊?」
「幽霊知らないの?幽霊って言うのは、死んだ人がこの世に姿を見せた姿!」
「なるほど!やはり地球は、面白いな。だが、私はその幽霊?とか言う存在ではない。なんせ本当に強烈な便意だったからな。地球のデータベース上の仮の姿を選んでいる暇がなく、とっさにこの姿になり、テレポーテーションしたと言う具合だ。」
「物凄い状況に巻き込まれ過ぎて逆に清々しいわ!脳味噌がキレッキレだわ!今ならこの頭で、前代未聞のデザインが浮かびそうね!なら、本当に宇宙人って事?」
「まあ、キミからしたら私は、宇宙人だな。私からしたらキミが、宇宙人なんだがな。」
「おおっ!?宇宙人に出会い、更には自分が宇宙人となる超激レアな体験!?いや、そんな超激レアな体験に感動して泣いてる場合じゃなくて!何でアタシのとこのトイレなのよ!公衆トイレとかでよかったじゃない!」
「だから、強烈な便意で、姿も場所も選んでいる場合ではなかったのだよ。本当に、すまん!」
「まあ、強烈な便意だったら、そこんところは仕方ないわね。それで?爺さんが仮の姿って事は、本当の姿があるのよね?」
「もちろんだ。」
「ちょっとこの際だから、本当の姿を披露しちゃいなさいよ!」
「いや、それは出来ない。」
「何で?やっぱり幽霊?」
「違う。キミの心臓が止まるぐらいの衝撃だからだ。トイレを貸してもらった恩がある。その恩人を殺したくはないからな。」
「そんな事言っちゃって!本当の本当は、宇宙人じゃなくて幽霊なんじゃないの!」
「手は、こんな感じだ。」
「ウッ!ゲボ出そう!分かった分かった!ゲボ出ちゃいそうだから、爺さんの手に戻して戻して!」
「信じてもらえたか?」
「ええ、物凄い勢いで信じたわよ。即効信じた!それで?宇宙人って言ってもどっから来たの?」
「太陽だ。」
「たたた太陽!?たたた太陽!?あの太陽?」
「そうだ。」
「なら、太陽人って事!?」
「そうだ。」
「すいません。握手して下さい。」
「では、手を洗ってこよう。」
「ありがとうございます!いやあ、凄いなぁ!まさか太陽人に出会えるだなんて!ヤバい!なんか感動の嵐で涙が出て来た!」
「お待たせした。さあ、握手をしようか。」
「あざーす!あと、サインと写真もいいですか?」
「仮の姿でもいいなら。」
「もちろんもちろん!それにあといろいろと聞きたい事があって!」
「ウッ!」
「ん?どうしたんですか?」
「また、強烈な便意が!?」
「早くトイレへ!」
「すまん!」
「バタン!」
「でも、何でそんな強烈な便意に襲われてるんですかね?もしかして、何か変な物でも食べたんじゃないですか?」
「えっ?何か言ったか?ちょっと排便の音で聞こえなかった。ウッ!」
「何か!変な物でも!食べたんじゃないですか!」
「ああ、そうかもな!ディナーで食べた地球人にあたったのかもしれないな!」
「えっ!?地球人に?って、ちょっと?ちょっと何で?何でこのタイミングで便意がリボーン!?」

第五百九十一話
「いろんな意味でエマージェンシー」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年10月18日 (水)

「第五百九十二話」

「ん?」
「ん?どうした?」
「今日は、霜が凄いなと思ってさ。」
「確かにそうだな。まあでも霜が凄くなりそうな夜だったからな。」
「そうだ。こう言う霜が凄い時は、どうすればその凄い霜が一瞬で消滅するか知ってるか?」
「そんな事、出来るのか?」
「ああ、出来る。」
「どうすればいいんだ?」
「ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!」
「どう言う角度からの嘘だよ!」
「何で嘘だって言い切れるんだ?」
「そんな方法、聞いた事がないからだよ!」
「そりゃあ、今初めて言ったからな。」
「お前の口からじゃなくて、世間からだよ!」
「まあ、世間ってのはこう言う豆知識を知らないもんだろ?」
「豆知識レベルの話じゃないだろ?嘘にもならない嘘以前の話だろ!」
「やった事ないよな?」
「ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁をか?」
「ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁をだよ!」
「やった事ある訳ないだろ!」
「だったら、嘘かどうか分かんないだろ!」
「そんな訳ないじゃん!って話だよ!やってみなくても明らかな嘘は嘘って分かるもんなんだよ!」
「やってみろよ!ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!もう、一瞬にして霜が消滅するからさ!」
「あのな?いいか?万が一だぞ?万が一、ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁したら、一瞬で霜が消滅するとしてもだ!そんな小っ恥ずかしい事、出来る訳ないだろ!」
「でも、一瞬にして霜が消滅するんだぞ?」
「代償がデカいだろ!それで地球に迫る危機を回避出来るなら話は別だけど、そもそも、そもそもいいよ。別に霜が凄くたっていいよ。いいんだよ。」
「いいのか!」
「そうだよ!」
「何か物凄く損した気分だよ!」
「どの辺が?」
「師匠が物凄い最終奥義を教えたのに、それを絶対に使わない弟子!みたいな。」
「ここ、師弟関係じゃないんだからいいじゃん。」
「でもあれだぞ?ケンカになっても使えるんだぞ?」
「何が?」
「ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!」
「何でだよ!」
「そうすれば、相手が一瞬にして消滅する!」
「どんな一撃必殺だよ!どんな原理なんだよ!消滅って!どんな成分を放屁してんだよ!」
「知るかよ!とにかく!ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!ってのは、万能なんだよ!」
「んな訳あるか!」
「カレーの材料を買って来るだろ?」
「何でカレーの話?」
「いいから、聞けって!カレーの材料を買って来るだろ?それをテーブルの上に置くだろ?そして、ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!すると、テーブルの上にカレーライス!」
「何でだよ!」
「だから、何でかは知らないって言ってんじゃん!朝、目が覚めたら大事な会議の時間まであと5分!そんな人生の大事な瞬間に寝坊しても大丈夫!ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!気付けば、会議室!」
「何でちょっと通販みたくなってんだよ!」
「難しい手術だって、ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!ダイエットだって、ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!人気で予約が取れない時も、ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!」
「いやもう、何でもありかよ!時間止めたい時も、ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁!!かよ!」
「時間は止められないだろ。」
「急に真面目!?どした!」
「いやだって、時間を止めるって、そう言うのは、映画や漫画の世界の話だろ?」
「映画や漫画の世界の話みたいなのを散々してたは、お前だろ!」
「そう言えば、お前今日、彼女にプロポーズするって言ってたよな?」
「ああ、するよ。」
「よし!」
「絶対やんねぇよ!」
「何で!」
「何でって、例えそれで成功するんだとしても、そんな事をしなくても成功するからだよ!」
「でも、100%じゃないだろ?人間の気持ちなんて分かんないんだからさ。」
「100%じゃないかもしれないけど、99%成功するよ!」
「でも!でもでも!ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁すれば100%成功なんだぞ!」
「100%失敗するよ!そんなプロポーズ!」
「それは、お前の放屁力が未熟だからだろ?」
「俺の放屁力の問題じゃなくて、見た目の問題だ!」
「あ、ちょっと待って!お前、どのタイミングで、俺のカレーライスを作ってくれ!って言うつもりだった?ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁の前か?ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁の後か?」
「何で勝手にプロポーズの言葉が設定されてんだよ!えっ?そりゃあ、結婚して下さい!って言った後にだよ。」
「前だ!前!一緒にケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁しましょう!って言う前に、ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁しなきゃ成功しない!後にケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁なんてしたら、単なる変態だろ!」
「どのタイミングでしたって変態まっしぐらだろ!プロポーズの言葉の段階から変態だけどさ!いやそもそも何でそのプロポーズの言葉選んどいて、言う前にケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁すんだよ!」
「まあでもアレだな。」
「何だよ。急に真面目な顔付きで。」
「プロポーズ、成功するといいな。」
「ああ、そうだな。ありがとう。」
「結婚式には絶対呼べよ!」
「当たり前だろ。」
「絶対、どっかのタイミングで、ケツを丸出しにして、そのケツを天空に突き上げて、放屁してやるからさ!」
「じゃあ、絶対呼ばない!」

第五百九十二話
「巨大隕石接近中」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月 | トップページ