« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »

2017年11月

2017年11月 1日 (水)

「第五百九十四話」

 ここは、都会のど真ん中にある小さな動物病院。
「次の方、どうぞ。」
「先生!!」
「何なんですか!?」
「えっ!?」
「いや、その、それだよ!それ!何なの!?」
「えっ!?ああ、そうなんです!なんかエリザベスが一昨日辺りから食欲がなくて!先生!」
「入って来ない入って来ない!全く話が入って来ないって!エリザベス?エリザベスって、それ!」
「はい!僕の家族同然のペットのエリザベスです!」
「キリンみたいな首で、ゾウみたいな鼻で、ウサギみたいな耳で、小型犬サイズのそれ!」
「つぶらな瞳のエリザベスです。で、このエリザベスが一昨日辺りから食欲がなくて、病気なんじゃないかって心配で心配で!」
「いやだから!入って来ないっての!話がまるで入って来ないんだってばさ!」
「何がそんなに入って来ないんですか!どうしちゃったんですか!先生!」
「前代未聞の動物を目の前にしてるからだよ!」
「前代未聞って、それは先生が目にした事がないだけですよね?」
「私はね!この世の全ての動物を知ってるんだよ!」
「そんなに凄い先生だったんですか!」
「そうだよ!そんなに凄い先生が度肝を抜かれてんだよ!何なんだよそれ!」
「エリザベスです。」
「名前じゃなくて!」
「オスです。」
「オスなの!?オスなのにエリザベス!?」
「どう言う名前を付けたって僕の自由じゃないですか!」
「んまあね。それは飼い主さんの自由ですよ。で、どうしたの?エリザベス!」
「一昨日辺りから食欲がないんですよ!」
「そうじゃなくて!どこで見つけたのって話!」
「見つける?いや、気付いたらエリザベスだったんですよ。」
「何それ!」
「診て下さい!」
「入って来ないんだっつぅの!だから!」
「こうして先生と話してる間にもエリザベスの容態が悪くなってるかもしれないじゃないですか!」
「そうかもだけど、入って来ないの!気付いたらエリザベスって、何!何それ!ある日、目が覚めたら枕元にいたの?そゆこと!」
「違います。」
「違う!」
「下水道を散歩してたら見つけたんです。」
「そう言う話が聞きたかったんだよ!気付いたらエリザベスって、要約し過ぎだろ!飼い主さんは、下水道のお仕事をされてるんですね?」
「違います。世界の終わりの時計の針を動かす仕事をしてます。下水道は、散歩です。」
「何だ?何なんだ?何か物凄い事だらけだぞ!物凄い事だらけでキャパオーバーで気分が悪くなって来たぞ!」
「エリザベス、大丈夫ですか?」
「淡々とですね!淡々と進めるんですね!まあ仕事柄、淡々としなきゃやってらんないんでしょうけど!」
「ニャー!」
「鳴いた!?」
「鳴きますよ。」
「ニャー!って、鳴いた!?」
「エリザベスですもん。鳴きますよ。」
「キリンみたいな首で、ゾウみたいな耳で、ウサギみたいな耳で、小型犬サイズで、鳴き声がネコ!?」
「つぶらな瞳のエリザベスです。先生、そんなエリザベスが一昨日辺りから食欲がないんです!」
「いや、ちょっと待って!ザベス一回置いとこう。ちょっと待ってこれって、夢?」
「よく言われます。」
「よく言われるでしょうね。こんなのを散歩してる光景を目の当たりにしたら、誰だって思うでしょうね。」
「ニャー!!」
「先生!エリザベスが苦悶の表情です!先生!助けて下さい!お願いします!お願いします!」
「分かりました!私も医者です!動物のお医者さんです!目の前に前代未聞の動物がいるからと言って助けない訳にはいかない!」
「ありがとうございます!」
「では、まず触診をしてみましょうか。」
「先生、全体的に猛毒があるんで気を付けて下さい。」
「何なんだよ!!エリザベス!」

第五百九十四話
「翼もあるよ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月 8日 (水)

「第五百九十五話」

「何でしょうか?とてもやる気が起こりません。」
「どうした?熱でもあるのか?」
「熱?いいえ、体がダルいとかではありません。ただただ、心底やる気が起こらないだけです。」
「そうか。まあ、そんな日もあるだろう。」
「人間、生きてて果たして、こんな日があっていいんでしょうか?心底やる気が起こらない日が本当にあってもいいんでしょうか?」
「逆だろ?」
「逆?ですか?」
「生きてるからこそ、心底やる気が起きない日もある。そんな日があっても不思議じゃない。」
「そうですか?そう言うモノですか?私には、とてもとても不思議でなりません。体は健康体、なのにやる気が起こらない。何かする訳でもなく、ただただ横になっているだけ、とてもとても不思議でなりません。意味があるとは思えません。」
「物事全てに意味がある訳じゃないだろ?もし仮に意味があるんだとしても、心底やる気が起こらない現状の意味を見付けられてないだけかもしれない。明日になれば、やる気が起こるかもしれないだろ?明日のやる気の為の今日はやる気が起こらないかもだろ?そう、腐るな。」
「明日?まあ、だいたい確実に明日はやって来ますよね。でも仮に明日がやって来ない今日だとしたら、次の瞬間もし地球が消滅したら、私の最期はこんなのです。これでいいんでしょうか?こんな最期でいいんでしょうか?」
「いいんでしょうかも何も、そう言う地球規模の最期は、誰にも決められないだろ?地球が消滅すると共に、自分が望む最期を迎えられる人間の方が珍しい。そもそもそんな人間は確率的にゼロに等しい。そんな事は、考えたって仕方ない事だ。」
「ところで?アナタは?」
「俺?俺は、お前だよ。」
「どうりで、何か心に響いて来ないと思いましたよ。」

第五百九十五話
「俯瞰の末路」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月15日 (水)

「第五百九十六話」

「雨?これは!?血!?」
「ぎゃははははははっ!!」
「上っ!?」
「これでお前も終わりだ!」
血の雨の中、剣士と剣士の刃が交じり合った。

第五百九十六話
「読み聞かせて」

「えっ?終わり?」
「めでたしめでたし。」
「めでたしくないめでたしくないよ!父ちゃん!えっ?終わり?」
「さあ、もう寝なさい。」
「眠れない眠れないよ!父ちゃん!えっ?本当に終わり?」
「終わりだよ。ほら!」
「本当だ!?終わってる!?」
「さあ、分かったらもう寝なさい。」
「眠れないよ!こんなモヤモヤしたラストを読み聞かされたって!違うの読んでよ!」
「ワガママな奴だな。じゃあ、これ読んだら寝ろよ!」
「うん!」

第五百九十六話
「読み聞かせて」

「雨?これは!?血!?」
「ぎゃははははははっ!!」
「上っ!?」
「これでお前も終わりだ!」
血の雨の中、ガンマンとガンマンの放った銃弾が擦れ違った。

第五百九十六話
「読み聞かせて」

「父ちゃん!」
「めでたしめでたし。」
「めでたしくないめでたしくないよ!父ちゃん!何なんだよ!同じ作者の本だろ!これ!」
「違うよ!」
「違うの?」
「ほら!」
「本当だ!?でもラストは一緒!?」
「こう言うのをシンクロニシティって言うんだ。」
「何それ?」
「まあ詳しくは、父ちゃんも分かんない。ただ、使ってみたかっただけだ!」
「何だよそれ!つか、さっきの話もだけど、だいたいこんなモヤモヤさせる話ってどうなの?決着どうなったの?血の雨が何なの?」
「だから、作者の意図だろ?これは!後は、読者の想像力次第って訳だよ!想像力をフル回転させろって訳だよ!決着は着いたかもしれない。着かなかったのかもしれない。血の雨は、技なのかもしれない。」
「技?怪我したんじゃなくて?」
「相手は、血に毒が混ざってる特異体質なのかもしれない。」
「想像力フル回転させ過ぎだよ!父ちゃん!」
「読み終えてからの想像は、読者の自由だ!作品が面白くなるか面白くならないかは、その頭の回転の見せどころだぞ!」
「いやいや、それって作者が手を抜き過ぎでしょ!読者に委ねる過ぎだってば!父ちゃん!」
「まあ、そこんとこも含めて、人それぞれって奴だな。さあ、もう寝なさい。」
「どゆこと?いやだから、父ちゃん!こんなんじゃ眠れないんだって!もっと眠れそうな作品を読み聞かせてよ!」
「強情っ張りだな!」
「そうなの?僕、強情っ張りなの?」
「これ読んだら寝ろよ!」
「うん!」

第五百九十六話
「読み聞かせて」

「雨?これは!?血!?」
「ぎゃははははははっ!!」
「上っ!?」
「これでお前も終わりだ!」
血の雨の中、医師と医師のメスが交じり合った。

第五百九十六話
「読み聞かせて」

「めでたしめでたし。」
「めでたしくないめでたしくないよ!父ちゃん!何してんの?医師達!何だかんだあって、さっき仲間意識強く困難なオペに立ち向かおうと握手したんじゃないの?何で、オペ室に入った途端にこんな結末?」
「んまあ、お互いに色々と胸の奥に秘めてたもんがあったんじゃないのか?」
「これもう絶対に作者が名前変えて設定変えて書いてるでしょ!」
「父ちゃんは、知らないよ。だとしてもだ。何か悪い事なのか?別に悪い事じゃないだろ?」
「良い事でもない!」
「何で?」
「眠れない!もう、何がどうなってそうなったのか?この先、あの少女の困難なオペは、どうなるのか?気になって気になって眠れない!」
「少女の命を救いたいなら、お前の想像力をフル回転させて、救ってやればいい!医院長でもなんでも仲裁に来させればいいだろ?お前達!ここは神聖なるオペ室だぞ!決闘がしたいなら、屋上へ行けっ!とか言って、後は医院長がオペして少女の命は助かる。めでたしめでたし。」
「めでたしめでたしだけど、父ちゃん!何でそんな手間の掛かる一手間を寝る前に加えなきゃなんないんだよ!僕は、眠りたいの!」
「下克上だな!」
「分かんないけど使い方間違ってるでしょ!それ!」
「これで寝ろよ!」
「うん!」

第五百九十六話
「読み聞かせて」

「雨?これは!?血!?」
「ぎゃははははははっ!!」
「上っ!?」
「これでお前も終わりだ!」
血の雨の中、カバの飼育係とキリンの飼育係のデッキブラシが交じり合った。

第五百九十六話
「読み聞かせて」

「めでたしめで、いやこれはちょっとどうだろうな?めでたしくないかもな。」
「これがめでたしくないんだったら、今までのも全部めでたしくないんだよ!父ちゃん!何で?何で毎回毎回、結末が同じ本を読み聞かせてくんの?」
「お前、そんな事言ったって、ウチには、この結末の本しかないぞ?」
「特殊!?そうなの!?」
「そうだよ。」
「だから、ウチの本屋は売れないんだよ!だから、母ちゃんが出て行っちゃうんだよ!」
「おい!」
「あっ!?ごめん、父ちゃん。言い過ぎた。本当に、ごめんなさい。」
「母ちゃんは、父ちゃんに愛想尽かせて出て行ったんじゃない!」
「そうなの?じゃあ、母ちゃんは今何してんの?」
「買い物だ!」
「一年以上も帰って来ない買い物って何なんだよ!何買いに行ってんだよ!」
「そんな事言ったって、こうして母ちゃんは、買い物に行きますってメモを置いてってるだろ!」
「察しないと!そこは想像力フル回転させないとだよ!父ちゃん!」
「そんな必要はない!」
「何で?ここで想像力フル回転させないで、いつ想像力フル回転させんだよ!」
「父ちゃんはな!母ちゃんを信じてるからだ!」
「単なる現実逃避だよ!」
「よし!これで寝るんだぞ!」
「また現実逃避!」

五百九十六話
「読み聞かせて」

「雨?これは!?血!?」
「ぎゃははははははっ!!」
「上っ!?」
「これでお前も終わりだ!」
血の雨の中、老婆と老婆の山菜が交じり合った。

第五百九十六話
「読み聞かせて」

「めでたしめでたし。」
「もう、老婆が伝説の山菜を求めて魔物と戦うって設定からおかしいし、そもそもこう言う結末の本しかないってさっき父ちゃん言っちゃってるから、聞いてる方も案の定だったしだよ。」
「どっちが、伝説の爺さんと結婚したんだろうな?」
「いやもう、その伝説の爺さんってのも変だったけどね!てか、もうほぼ、山菜図鑑みたくなってたけどね!お腹減っちゃったよ!」
「よし!明日の昼は、カレーだ!」
「何で?」
「食いしん坊だな!これで寝ないなら、もう今日は読み聞かせないからな!」
「いやもう、いいよ!」
「さてさて?次はどんな話かな?」
「ラストはもう100%分かっちゃってるけどね!」
「これだ!和尚とネズミ!むかしむかしある寺に、それはそれは偉いお坊さんがいました。」

第五百九十六話
「読み聞かせて」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月22日 (水)

「第五百九十七話」

「終わったのか?」
「ああ、どうやら終わったみたいだ。」
「乗り越えられたのか?俺達は?」
「これを奇跡って言うんだろうな。」
「地球最後の日、それを乗り越えられたのか!」
「そうだ。」
「やったぁぁぁぁぁぁぁ!!助かったんだ!俺達!」
「手を放すな!」
「すまん。」
「そうだ。俺達は、奇跡的に乗り越えられた。」
「・・・そうだな。」
「想像を超える数の人間が死んだ。」
「・・・・・・。」
「もしかしたら今、地球上で生きてる人間は、俺達だけかもしれない。いや、生きてる生物は、俺達だけかもしれない。」
「だけど、奇跡的に地球最後の日を乗り越えられたのが博士で幸運だった。」
「・・・・・・。」
「押すんだろ?」
「・・・いや押さない。」
「なっ!?バカな!?こんな時にジョークを言ってる場合じゃないだろ!」
「こうなってみて、初めて気付いたんだよ。いや、地球最後の日なんて、迎えてみなければ何も分からない。俺は、希望と呼ばれた。救世主と呼ばれた。だがどうだ?運命の地球最後の日を乗り越えて、運命に逆らう気がなくなった。」
「何を言っているのか分かってるのか!自分が何を口にしてるか!博士!」
「恐いんだよ。」
「恐い?」
「地球が決めた運命を俺がねじ曲げる事への恐怖だ。そして、地球が決めた運命なら、それを尊重すべきなんだと言う敬意。」
「・・・何を言ってるんだ!博士!」
「こんなモノは!この世から消滅させるべきなんだ!」
「なっ!?バカな!?地球再生ボタンをマグマに放り投げるなんて!?」
「これでいい。運命を受け入れよう。」
「・・・・・・。」
「さて、この道は一体どこまで続いているのだろうな?」
「・・・何て事を。」

第五百九十七話
「シーソートロッコ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年11月29日 (水)

「第五百九十八話」

「探偵さん?犯人解りましたか?」
「刑事さん?犯人解りませんよ。」
「はい?」
「はい?」
「いやいやいや、探偵さん?探偵さん?探偵さんですよね?」
「ええ、探偵ですよ。地元に帰れば、ちゃんと事務所もありますし、助手もいます。」
「犯人解りましたか?」
「犯人解りませんよ。」
「探偵さーん!ちょっと探偵さーん!探偵さん?本当に探偵さん?」
「本当に探偵ですよ。刑事さん。」
「犯人解るんですよね?」
「犯人解らないですよ。」
「ちょっとー!探偵さーん!何で犯人解らないんですか!探偵さん!」
「刑事さん?」
「はい!」
「いや、そう言う敬礼とかいいですから。」
「はい!はーい!」
「いやだから・・・あのですね?刑事さん?」
「犯人解ったんですね!」
「解ってないです。解らないです。ですから、刑事さん?」
「はい!犯人は、お前だーっ!って、やるんですね!」
「やりませんし、やった事ないです。」
「では!犯人は、クズ野郎のお前だーっ!って、やるんですね!」
「やりません!犯人は、何々だって、やりません!やった事もありませんし!これからもやるつもりもありません!刑事さん?」
「はい!謎は全て解けたっ!って、やるんですね!」
「だから!そう言うのやりません!やった事もやるつもりもありません!刑事さん?」
「はい!なら」
「ちょっと黙っててもらっていいですか!話が一向に前へ進まないので!」
「・・・・・・。」
「あのですね?刑事さん?あの息してもらっていいですか?とても気になるので。」
「プハーッ!死ぬかと思った!それで?犯人は、この旅館の女将でしたっけ?」
「一言もそんな事は言ってません!刑事さん!いいですか?僕には、この旅館で起きた殺人事件の犯人は、解りません!」
「またまたーっ!」
「またまたじゃなくて!」
「本当はもう、密室殺人のトリックが解っちゃってるんでしょ!このこのーっ!」
「解りません!その肘でやるのやめてもらえますか?いいですか?僕は、たまたま一人旅で、たまたまこの旅館に宿泊して、たまたまそこで密室殺人が起きて、たまたま探偵なだけです。」
「たまたまが止まりませんね!」
「止まらないですよ!」
「で、たまたま事件解決して!たまたま次の殺人事件でもご一緒するって具合ですよね!」
「そこまで、たまたまを進めないで下さい!あのもう言っちゃいますけど、刑事さん、ドラマの観過ぎですよ。たまたま殺人事件に居合わせた探偵がその殺人事件を解決したなんて話、聞いた事ないですよ。」
「やはり犯人は、旅館の女将ですかね?それとも仲居頭ですかね?それとも板長ですかね?もしかして庭師ですかね!」
「そのテンションの上がり方やめてもらえません?」
「だって!殺人事件が起きた旅館で、たまたま宿泊客の中にたまたま探偵さんがいたら、テンションも上がりっぱなしでしょ!で?ここだけの話、犯人は、誰なんですか?」
「いや刑事さんに言ったら、ここだけの話に留まらないでしょ。そして、僕には犯人は、解りません!」
「解りません解りませんってね!探偵さん!たまたま宿泊した旅館で起きた密室殺人を解決しないで!何が探偵だーっ!」
「むしろそのままそのお言葉をお返ししたいですよ。少なくとも僕の回りでは、殺人事件を解決した探偵はいません!」
「話を本題に戻しましょう。探偵さん!」
「本題と言うのは?」
「犯人の動機ですよ!」
「だから、何で僕が刑事さんと一緒になって殺人事件を解決しないといけないんですか!むしろ僕だって犯人かもしれない立場なんですよ?」
「探偵さんは、違う!」
「なぜ断言出来るんですか!」
「探偵さんは、探偵さんだからです!探偵さんが犯人だったら、一体誰がこの殺人事件を解決するんですか!」
「だからその考え方を改めて下さいよ!事件を解決するのは、僕ではなく!警察でしょ!刑事さんでしょ!」
「この場合は、探偵さんでしょうがっ!」
「ドラマに影響されまくりじゃないですか!とにかく!僕には、解決出来ません!」
「またまたーっ!」
「出来ません!」
「このこのーっ!」
「出来ないものは、いくら期待されたって出来ないです!」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「犯人は、私だーっ!」
「な!?何ですか!?突然大声で!?」
「いやあ、さすが探偵さんだ!」
「何を言ってるんです?刑事さん?」
「見事、事件解決だっ!」
「はい?」
「ご苦労様でした!」
「いや、何も苦労してませんけど?」
「天晴れですっ!」
「いや、何も天晴れてませんけど?本当に刑事さんが犯人なんですか?」
「はい!」
「何で?ただただ単純に、何で?」
「この旅館に探偵さんが宿泊してると聞いて、だったらと!これは念願の殺人事件を解決してもらえると!そう思いまして!」
「ウソですよね?」
「ウソじゃないです!いやあ、参ったなーっ!探偵さんには、敵わないや!と言う事なんで、自首してきちゃいますね!」
「はあ。」
「あそうだ!探偵さん!」
「はい?」
「次もし殺人事件現場で会った時もお願いしますねっ!」
「ないでしょ、次。」

第五百九十八話
「帰りの夜行列車では連続殺人事件発生」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年10月 | トップページ | 2017年12月 »