« 2017年11月 | トップページ

2017年12月

2017年12月 6日 (水)

「第五百九十九話」

「よう!どうした?そんな青ざめた顔して?とりあえず入れよ。」
「お邪魔します。」
「適当に座ってくれ。」
「お邪魔します。」
「で?直接会って話したいって、一体何の話だ?もしかして愛の告白じゃないよな?だとしたら、俺の答えは、ごめんなさいだ。」
「愛の告白じゃない。」
「おい何だよ!今のはジョークだろ!笑うとこだろ!なあ?本当にどうしたんだよ!もしかして、お前?何か難しい病気なのか?確かこの前、人間ドックに行ったって言ってたよな?」
「健康そのものだった。」
「じゃあ!本当にどうしたんだよ!」
「夢を見たんだ。」
「夢?どんな?」
「お前が殺される夢を見たんだ。」
「んまあ、聞かされていい感じはしないけど、夢だろ?おいおいおい、まさか、お前が見た夢で俺が誰かに殺されたから、それをわざわざ直接言いに来たって話じゃないよな?どうしてもってお前が言うから、俺は予定をキャンセルまでしたんだぞ?」
「誰か、じゃない。」
「じゃあ、誰なんだ?」
「僕だよ。僕が殺したんだよ。」
「あそう。お前の夢で、お前が俺を殺したんだな?そんな事をわざわざ予定をキャンセルさせて言いに来たのか。ふざけんな!」
「夢と同じ展開だ。」
「えっ!?」

第五百九十九話
「いつも心に原点を」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年12月13日 (水)

「第六百話」

「おっほん!」
「どうしたんですか?オーナー?風邪ですか?」
「風邪な訳がないだろ!どこのファームのオーナーが従業員集めて、風邪ひいたって発表するんだよ!」
「従業員って言っても僕一人ですけどね。それに、オーナーならやりかねない。」
「どんな目線で俺を見てんだよ!いいか?いよいよなんだよ!」
「いよいよ?」
「そのいよいよを発表する為に、この場を設けたんだよ!」
「オーナー?」
「はい、従業員君!」
「いよいよ?って、何ですか?」
「よくぞ聞いてくれた!従業員君!」
「聞くしかない流れでしょ!一体何が、いよいよなんですか?」
「俺の夢が叶うんだよ!」
「まさか!牛の品評会でいい結果が出たんですか!」
「いいや、アレは最低の結果だった!」
「胸を張って言う事ですか?」
「そして、牛の品評会の結果なんてもんは、俺の夢に比べたら、比べものにならん!」
「じゃあ、比べないで下さい。それで?本当に何なんです?オーナーの夢ってのは?」
「聞きたいか?」
「聞かせたいの間違いじゃないですか?」
「では!発表する!俺の夢は!自分のファームで!象を飼う事だ!」
「・・・・・・ジョーク、ですよね?」
「お前なぁ?ファームのオーナーがこんなジョーク言うか?」
「動物園の園長なら言わないでしょうが、ファームのオーナーの口から飛び出したら、ジョークでしょ!何なんですか!象って!」
「お前!象を知らないのか?象ってのはな!」
「象そのものの話じゃなくて!ファームで象を飼うって夢が何なんですか!って話ですよ!」
「子供の頃、オヤジのこのファームを見ながら毎日思ってたんだよ。何で、このファームには象がいないんだ?だったら、俺がファームを継いだら象を飼おうってさ。俺がオヤジの間違いを正してやろうってさ。」
「ファームだからでしょ!答えは、ファームだからですよ!オーナーのオヤジさんは何も間違っちゃいない!」
「お前でもファームを見てみろ!牛、豚、鶏、山羊、などなど、鼻の長い動物が一匹もいないだろ!」
「必要ないからいないんだ!ここには、必要ないから鼻の長い動物がいないんだ!」
「お前さぁ?考えてもみろよ?象がいたら楽しいぜ?だってもう、象がファームにいるかもしれないって考えただけでも楽しいもん!」
「ご病気だよ!それは何かのご病気だよ!オーナー!いいですか?オーナーの自己満足の為に、象のエサ代やらの余計な出費がかさむんですよ!今でさえこのファームは、ギリギリなんです!そうですよ!ギリギリなのに何でこのタイミングで、いよいよなんですか!いよいよのタイミングじゃないでしょ!絶対に!」
「いいか?毎日毎日、金の事でピリピリしてたら、いい結果なんて出ないんだよ。俺は、そこに気付いたんだよ。そんなのはダメだ!人間には、余裕が必要なんだ!心の余裕ってヤツがな!」
「それは、成功者の語る

第六百話
「洗濯機の終了の合図と共に終了」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年11月 | トップページ