« 「第五百九十八話」 | トップページ | 「第六百話」 »

2017年12月 6日 (水)

「第五百九十九話」

「よう!どうした?そんな青ざめた顔して?とりあえず入れよ。」
「お邪魔します。」
「適当に座ってくれ。」
「お邪魔します。」
「で?直接会って話したいって、一体何の話だ?もしかして愛の告白じゃないよな?だとしたら、俺の答えは、ごめんなさいだ。」
「愛の告白じゃない。」
「おい何だよ!今のはジョークだろ!笑うとこだろ!なあ?本当にどうしたんだよ!もしかして、お前?何か難しい病気なのか?確かこの前、人間ドックに行ったって言ってたよな?」
「健康そのものだった。」
「じゃあ!本当にどうしたんだよ!」
「夢を見たんだ。」
「夢?どんな?」
「お前が殺される夢を見たんだ。」
「んまあ、聞かされていい感じはしないけど、夢だろ?おいおいおい、まさか、お前が見た夢で俺が誰かに殺されたから、それをわざわざ直接言いに来たって話じゃないよな?どうしてもってお前が言うから、俺は予定をキャンセルまでしたんだぞ?」
「誰か、じゃない。」
「じゃあ、誰なんだ?」
「僕だよ。僕が殺したんだよ。」
「あそう。お前の夢で、お前が俺を殺したんだな?そんな事をわざわざ予定をキャンセルさせて言いに来たのか。ふざけんな!」
「夢と同じ展開だ。」
「えっ!?」

第五百九十九話
「いつも心に原点を」

|

« 「第五百九十八話」 | トップページ | 「第六百話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/121942/72392929

この記事へのトラックバック一覧です: 「第五百九十九話」:

« 「第五百九十八話」 | トップページ | 「第六百話」 »