« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

2018年11月 7日 (水)

「第六百四十七話」

 私は、妻を殺す為にナイフを購入しようと、今まさに店内でナイフを手に取り吟味していた。
「おい、何するつもりだ?」
すると手に取ったナイフが私に話し掛けてきた。
「え?」
「だから、俺を購入して一体何をするつもりなのかって聞いてんだ。」
「そんな事をなぜ、ナイフに答えなきゃならないんだ。」
「おい、おいおいおい、俺はナイフだぞ?」
「そんな事は、分かってる。」
「人殺しの道具として作られた訳じゃない。」
「え!?」
「おい、おいおいおい、ちょっと待ってくれ。その反応を見ると、お前は俺を人殺しの道具として購入しようとしてたってのか?」
「そんな訳ないだろ。」
「本当か?」
「当たり前だ。私は、今度行くキャンプの為にナイフを購入しようとしてるだけだ。」
「キャンプに行きそうな感じには見えないけどな。」
「それはそうだ。今度のキャンプが初めてのキャンプなんだからな。」
「怪しいもんだな。」
ナイフだから鋭いのか?しかし、このナイフは完全に私と言う人間を見くびっている。事実、私は本当に今度、初めてのキャンプに行く。そして、本当にそのキャンプの為にナイフを購入しようとしている。嘘はない。私の発言に何一つ嘘はない。ただ、事実の真実を隠しているだけだ。
「やめといた方がいいと思うぞ?」
「なぜだ?前々から家族全員で楽しみにしていたキャンプだ。やめる要素はない。」
「そこで誰を殺すつもりだ?妻か?」
「何!?」
「図星ってヤツか。やめとけやめとけ。」
「違う!私はそんな事の為にナイフを購入しようとしているんじゃない!」
「声、デカいぞ。」
「・・・・・・。」
「お前が、どうやって妻を殺そうとしてるのか分からないし分かりたくもない。なぜ、妻を殺そうとしてるのか知らないし知りたくもない。」
「だったら、放っといてくれ。」
「だから言ってるだろ?俺は、人殺しの道具として作られた訳じゃない。」
「・・・・・・。」
「考え直せ。家族全員でって、お前は言っただろ?お前が妻を殺したら、残された子供はどうなる?」
「・・・・・・。」
「お前は、自分の事しか考えてない。子供の事を考えろ。残された子供の未来を考えろ。」
「・・・・・・。」
「黙ってないで何とか言ってみろ。」
「ウンコ漏れた。」
「ウンコ漏れた!?」
「ああ、そうだ。ウンコ漏れた。」
「本当か?」
「大の大人がウンコ漏れたなんて嘘吐く訳がないだろ。」
「だとしたら、なぜ直立不動なんだ。」
「別にいいだろ?」
「よくないだろ!ウンコ漏れたんなら、さっさとトイレに行ったらどうなんだ!」
「トイレに行くか行かないかは、私の自由だろ?」
「大の大人なら行くだろ!」
「それはどうだろうか?」
「お前の言ってる意味が分からない!」
「今更トイレに行ったとこで、どうなる?完全にウンコ漏れた状態でトイレに行ったとこで、そこで何一つ問題は解決しない。」
「問題は解決しないとしてもだ!それがマナーだろ!」
「それがマナーだと言うならば、私がやるべき事は、一秒でも早くナイフを購入して、この店を立ち去る事だ。」
「おい、おいおいおい、本当にウンコ漏れたのか?事態を収束させる為に下らない嘘を吐いてるんじゃないのか?」
「嘘は吐いてない。店内のざわつき具合を感じれば分かる事だ。」
「お前、恥ずかしくないのか?」
「恥ずかしくない?仕様がないだろ?ナイフと違って、人間は排便をする。しかもその排便は、予測不可能だ。散歩中に突然、エレベーターのボタンを押した瞬間、玄関のドアを開ける今まさにその時、それは訪れる。それがたまたま今で、私はやってしまっただけの話だ。」
「お前!」
私は、嘘など吐いていない。事実、本当にウンコを漏らした。本当にウンコを漏らしきった。本当にウンコを漏らし尽くした。ただ、事実の真実を隠しているだけだ。
「キャンプが楽しみだ。」
「待て!」
私は、話し掛けてきたナイフを元の場所に戻し、その横の話し掛けてこないナイフを手に取り、その場を立ち去った。この店に二度と来られなくなってしまったし、スーツをダメにしてしまった事は残念だが、何も問題はない。
「カードで。」

第六百四十七話
「排便力」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月14日 (水)

「第六百四十八話」

「先生、とても美味しそうなオムライスが完成しましたね。」
「完成?まだ、完成ではありません。」
「もう一手間何か加えるんですか?」
「最後の仕上げに、オムライスをボウガンで撃ちます。」
「はい?」
「行きますよ!」
「ちょ、ちょっと待って下さい!?先生!?」
「何ですか?」
「せっかく作ったオムライスをボウガンで撃つんですか?」
「そうです。ボウガンで撃つ事によって、凄くオムライスが美味しくなるんです。」
「どう言う原理ですか?」
「どう言う原理かは、私も全く分かりません。でも、ボウガンで撃つ事によって、オムライスは確実に凄く美味しくなるんです。」
「でも、ボウガンでオムライスを撃ったりなんかしたら、飛び散るんじゃないですか?」
「飛び散りますよ。もちろん飛び散ります。でも、その飛び散りがいいんです。その飛び散りがいいんじゃないですか。」
「いや、その飛び散りの一体何がいいのか僕には分かりません。僕は、このままこのオムライスを食べた方が確実に美味しいと思うんですが?」
「そこが、素人と料理研究家との違いです。オムライスは、ボウガンで飛び散らかした方が絶対に美味しいんです。」
「オムライスが飛び散らかした方が美味しくなるなんて、初めて聞きましたよ。なら、ボウガンじゃなくて拳でもよくないですか?拳でオムライスを飛び散らかせばいいじゃないですか。その方が何かよくないですか?何となくよくないですか?」
「よくないです!!ボウガンで、です!いいですか?生で食べられる全ての食材は生で食せばいいのに、焼いたり煮たり干したりと、いろいろと手を加えますよね?それはなぜか?それは、より美味しくその食材を食したいと言う人間の探究心です。」
「それとこのオムライスをボウガンで撃つのとが同じだって言うんですか?」
「そうです!ボウガンがいいんです!いや、ボウガンじゃなきゃダメなんです!私は、料理研究家です!料理人なら、普通にオムライスを作るまでで止めればいい!でも、料理研究家はそこでは止まれない!料理には、ある種の人間の破壊衝動が隠されていると私は考えています!いえ、食する行為事態そのものが破壊衝動なんです!そこを探究してしていくと究極の仕上げは、武器による破壊!私は、あらゆる武器と言う武器でオムライスの仕上げを試しました。」
「えっ?」
「こちらがトンファーで仕上げたオムライスです!」
「先生?」
「トンファーではあまりにも強過ぎる!」
「これらがヌンチャクで仕上げたオムライスです!」
「ちょっと先生?」
「ヌンチャクでは仕上がりにムラが出来る!」
「こちらが三節棍で仕上げたオムライスです!ご覧の通りただのオムライスです!三節棍は扱いにくい!とにかく扱いにくい!」
「なぜマイナー武器をチョイスなんでしょう?」
「ロケットランチャーやバズーカやショットガンやマシンガンももちろん試しました!」
「試したんですか!?ニュースになっちゃいますよ?いや、それ以前になぜそんな多くの武器を所有してるんですか?」
「そして偶然辿り着いたのがボウガンです!」
「どう言う状況なんでしょうか?なぜ、ボウガンが偶然で、三節棍が必然なんでしょうか?」
「とりあえず言いたい事は!食してから言ってもらいたいもんです!」
「これは何なんでしょう?僕は今、一体どんな状況下なんでしょうか?オムライスを作った料理研究家が、そのオムライスをボウガンで撃とうとしている!これはもう、パニックですよ!パニック以外の何ものでもありませんよ!」
「えい!」
「あっ!?」
「さあ、残さず召し上がれ!」
「飛び散りもですか?」
「その飛び散りが美味!」

第六百四十八話
「武器メシ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月21日 (水)

「第六百四十九話」

「はあ、はあ、はあ、もっと速く!」
「はあ、はあ、はあ、無理よ!」
30代後半の男が、20代前半の女の手首を掴み、何かから逃げるようにして、トンネルの中を走っている。
「頑張れ!」
「もう無理!」
「頑張れ!!」
「いやもう、頑張れって言われて、どうこう出来るレベルじゃないんで!」
女は、止まった。
「はあ?おい!何で止まるんだよ!」
「何で?何でって、止まるでしょ!普通!一体どんだけ休憩無しで逃げ続けてると思ってんの!」
「まだ、数時間。」
「3時間!3時間よ!普通に3時間動き続けるのだって今日はよく眠れるレベルなのに、逃げ続けてんのよ?逃げ続けるって通常よりも疲労度アップなのよ?それを3時間?もう、動けない!」
「おい!そんな泣き言だったら走りながら聞く!いいから走れ!」
「自動追跡型爆弾って一体何なの!」
「いいか?もう既にここまで来てるかもしれないんだぞ?とにかく走らないにしても歩け!」
「説明してくれなきゃ歩かない!」
「分かった。歩きながら説明する。だから、歩いてくれ!」
「・・・分かった。」
男は女の手首を掴んでいた手を放し、歩き出した。女もその後を歩き出した。
「何が聞きたい?」
「その自動追跡型爆弾って何なのって事から聞きたいけど、まずはアナタ何者なの?」
「オレは、罪悪感から逃げ出した男だ。」
「はあ!?いや、いやいやいや、説明になってないってば!」
「自動追跡型爆弾、それ自体に名前は存在しない。なぜ、名前が存在しないかは、誰も名前を付けたがらなかったからだ。研究者も政府の偉いさんもだ。」
「それって、かなりヤバい物って事?」
「いや、人類にとって必要な物だ。だが、必要過ぎてヤバ過ぎる物とも言えるかもな。だから、誰も名前を付けたがらなかった。もし、名前を付けてしまえば、名付け親として後世まで残ってしまうからな。」
「必要過ぎてヤバ過ぎるって何?そんな物なんて存在すんの?」
「自動追跡型爆弾とは、文字通り自動で追跡して爆発する爆弾だ。」
「それぐらいは分かるわよ。」
「ヤバ過ぎるのは、その自動追跡能力だ。」
「能力?」
「絶対に逃げられない!」
「何それ!どう言う事?戦争でもするつもりで開発したって言うの!」
「実は、自動追跡型爆弾が、いつ完成したのかは、誰にも分からない。」
「誰にも分からないって変でしょ!作った人間がいるんでしょ!」
「それも分からない。本当に誰かが作り出した物なのか、或いは宇宙からある日突然落ちて来たのか?位置付けとしたら、ユニコーンやドラゴンなんかの伝説上の存在に並ぶ。」
「何を言ってるの?」
「つまりは、何もかもが謎なんだ。」
「ちょっと待って!アナタ、アタシの事を誘拐しようとしてんの?」
「そんな訳ないだろ!オレは、キミを助けようとしてるんだ!自動追跡型爆弾から!」
「だって、おかしいじゃん!全てが謎なら、どうして存在してるって言うのよ!頭がおかしいの?」
「そのままオレもあっち側の世界にいたら、もしかしたら頭の中が正常ではいられなかっただろう。自動追跡型爆弾が謎だらけだとは言ったが、1つだけ謎ではない部分がある。使い方だ。」
「え?」
「言っただろ?人類にとって必要な物だ、と。必要過ぎる物だ、と。」
「どうやって使うの?」
「実際には、使い方ではない。使い道だ。オレ達は、自動追跡型爆弾がランダムで選び出した人物の死を見届ける。ただ、それだけの仕事だ。」
「どんな仕事だ!」
「この仕事がいつから始まったのかは不明だ。」
「また、謎。」
「そうだ。ほぼ全てが謎だ。その部屋にはモニターがあり、そのモニターにはターゲットが映し出される。ただ、それだけだ。」
「それだけ?」
「後は病院に足を運び、ターゲットの死を確認する。そしてまた、モニターがある部屋に戻り、次のターゲットが映し出されるのを待つ。」
「どんな仕事だ!え?ちょっと待て!病院って言った?」
「ああ、病院だ。」
「爆弾って、爆死よね?そんな木っ端微塵の死体も病院に運ばれるの?そもそもそんな木っ端微塵の死体を特定出来るの?ああ、でもまあ、今はDNAとかで特定出来るのか。それでも全てのケースを病院で特定なんか出来ないんじゃないの?」
「木っ端微塵にはならない。」
「え?何でよ!」
「自動追跡型爆弾は、人間の鼻から入り込み、脳で爆発する。」
「思ってた爆弾と違う!?」
「そうだな。」
「何で笑うのよ!」
「自動追跡型爆弾は、気体だ。」
「そんなバカな!って、だから何で笑ってんのよ!」
「初めて聞かされた時のオレと同じ反応をするなと思ってな。」
「絶対みんな同じ反応をすると思いますけど?」
「いいか?肝心なのは、ここからだ。つまり、自動追跡型爆弾は、風で移動する。風に乗りターゲットに近付くって訳だ。」
「で、最後にはターゲットが鼻から吸い込んじゃう。」
「そうだ。」
「どうやって防ぐのよ!アタシに鼻から呼吸するなって言うの!」
「そうだ。」
「無理でしょ!起きてる間なら意識して出来るかもだけど、寝ちゃったら確実に鼻で呼吸しちゃうって!」
「だから、オレ達は向かってるんじゃないか!」
「どこへ!」
「キミの鼻の穴を石膏で埋める!」
「絶対に嫌だ!それで一生生きて行けって言うの!」
「死ぬよりかはいいだろ?もしかしたら、オレのやろうとしてる事は、人類のバランスを崩してしまうかもしれない。」
「どう言う事?」
「言っただろ?人類にとって必要な物だ、と。人口のバランスを保っているのさ。自動追跡型爆弾はな。」
「何で笑いながら最重要事項を語っちゃってんの?」
「いや、鼻の穴に入れた石膏を肌と同系色にすれば、と思ってな。」
「そう言う問題じゃない!」

第六百四十九話
「ターゲットが変更されました」

その部屋のモニターには文字と同時に男性の顔が映し出された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年11月28日 (水)

「第六百五十話」

「ちょっと!何でディフェンスすんのよ!」
「ディフェンスしたら悪いか?」
「おじさんね!これ、犯罪だよ!」
「犯罪?お嬢さん?それは一体どんな犯罪だ?」
「ディフェンス罪よ!ディフェンス罪!」
「ディフェンス罪?聞いた事ないなぁ?そんな罪は?」
「いい?如何なる理由があったとしても、何人も人の道を塞いじゃいけないの!ディフェンスしちゃダメなの!それを破れば罪になるの!ディフェンス罪になっちゃうの!」
「ほう!そんな法律が?」
「ディフェンス法よ!知らないの?」
「知らない。」
「おじさん?よく、おじさんになれたね?」
「健康管理に気を付けてれば、男子いつかはおじさんになる!」
「はいはい、どうでもいいからディフェンスやめてくんない?急いでるの!」
「お嬢さん、そんなに急いでどこへ行く?」
「何で、知らないおじさんに言わなきゃなんないの!」
「お嬢さん?そんなに急いでどこへ?」
「だから!何でそんな事をわざわざ知らないおじさんに言わなきゃいけないのよ!」
「知らないおじさんにだからこそ言えるって事もあるだろ?」
「それはだいぶ特殊な状況下だと思うけど?」
「占いとか?」
「そう!」
「カウンセリングとか?」
「そう!」
「面接とか?」
「そう!って、特殊な状況下を掘り下げなくていいの!」
「こうは考えられないか?おじさんは、お嬢さんの命を守る為に、こうして両手を広げて行く手を阻んでいる、と。」
「いや考えられないよ!単に頭の中のネジがどうかしちゃったおじさんが、こんな事してんのかなって考えちゃうよ!あのね?おじさん?いい?アタシ、洋服を買いに行くの!だから、急いでこの先の駅前のお店に行かなきゃなんないの!分かる?セールなの!前々から欲しかった洋服がセールなの!」
「おじさんは別にそんな服は欲しくないな。」
「何でおじさんの為に、わざわざアタシがワンピースを買うのよ!アタシがって言ってるでしょ!とにかくそこをどいて!」
「いいや、どかない!」
「何でよ!何の権限があってディフェンスしてんのよ!いい?さっきから言ってるけど、こんなとこを警察の人に見付かったら、おじさん逮捕されちゃうんだよ?いいの?即逮捕だよ!」
「それが運命だと言うなら、おじさんはその運命に従うまでだ。」
「抗えよ!おじさん!」
「お嬢さん?おじさんはね?抗う事に疲れてしまったんだよ。」
「どんな人生よ!」
「おじさんが生まれた年は丁度」
「いい!いいから!おじさんの人生を掘り下げなくていいの!お願いだからディフェンスしないで!」
「お嬢さん?お嬢さんの言ってる事が本当だとしてだ。本当にそれでいいのかい?幸せになれるのかい?」
「いいに決まってんじゃん!幸せになれるに決まってんじゃん!前々から欲しかったワンピースがセールなのよ?」
「洋服の話じゃない。」
「じゃあ、何の話?」
「ディフェンスの話だ。如何なる理由があったとしても、何人も人の道を塞いではいけないと言うディフェンス法の話だ。そんな世の中が、本当にいいと思うか?幸せだと思うか?」
「頭のいい大人の人達が決めた事なんだから、そうなんじゃないの?それに!現にアタシはディフェンスされて、不幸だもの!洋服を買いに行けないんだもの!ディフェンス法は正しかったと言わざるを得ないでしょ!」
「お嬢さん?おじさんはね。基本的に法は守らなければならないって考えだ。」
「当たり前の考えを当たり前に言葉にしなくても良くない?」
「だが!!」
「急に大声とかやめてよ!?」
「法を守って人を見殺しにするなら!そんな法なんてクソ食らえ、だ!」
「何?何なの?ここで、おじさんがアタシをディフェンスしなかったら、アタシが殺されるって言いたいの?」
「だいぶ前に、そう言ったじゃないか。」
「マジ?あれ、マジだったの?ギャグじゃなくて?」
「ギャグで法を犯すほど、おじさんは愚か者じゃない。」
「それが大マジなら、おじさん、何者?何でアタシが殺されるって分かるの?」
「説明法を知らないのか?」
「何それ。」
「如何なる理由があったとしても、何人も人に説明をしてはならない。」
「法の根底を覆す法ね。」
「それと!お嬢さんが欲しがってるワンピースは、セール対象外だ!」
「なんと!?」

第六百五十話
「法」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年10月 | トップページ | 2018年12月 »