« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月

2019年4月 3日 (水)

「第六百六十八話」

 キング・オブ・長閑な場所。そこに見ず知らずの中年男性が二人、夢中でカメラのシャッターを切っていた。しばらくそんな時間が流れ、帽子の男が口を開いた。
「空が青い。」
だが、メガネの男は、その言葉に反応する事なくシャッターを切り続けていた。そして、何度目かのそれに対して、遂にメガネの男も口を開いた。
「空が青い。」
「わざわざ口にする事か?」
「別に、わざわざ口にしたっていいだろ?それで貴方に何か迷惑でも掛けてるのか?」
「ああ、迷惑だ。」
「どんな迷惑なんだ!」
「私はね。他人が、空が青いってわざわざ口にすると死ぬ病、なんだ。」
「生きてんじゃん!」
「薬を処方されてるからな。」
「だったら、空が青いってわざわざ口にしてもいいだろ!」
「今は薬が効いてるからいいが、いつキレるか分からないから、わざわざ口にしないでくれ。」
「だったら俺は、何をわざわざ口にすればいいってんだ!」
「別に何も口にしなくていいのでは?夢中でカメラのシャッターを切っていればいいではないか。大体、空が青いなんて、わざわざ口にされなくても見れば分かる。」
「口にしてんじゃん!薬がキレたら死んじゃう言葉を自ら口にしてんじゃん!嘘なんじゃん!その病!」
「当たり前だろ?死ぬ訳がないだろ?空が青いってわざわざ口にすると死ぬ病、なんて病が本当にあるとでも思ったのか?」
「思う訳ないだろ!」
「私はね。この風景を写真に撮る為に、この場所へ来たんだ。察してくれ。」
「俺もさ。」
「ただでさえ、キミの姿を遠目で認識した時、一人じゃないのかと、落胆と苛立ちの感情が湧き上がったと言うのに、話し掛けて来るなど、言語道断!マナー違反だ!」
「雲一つない。」
「おい!私の話を聞いていたか?」
「独り言だと思えばいいだろ?」
「気になるだろ!」
「気にしなければいいだろ?他人の独り言が気になると死ぬ病になればいいだろ?そしたら、生にしがみついて気にならなくなるだろ?」
「バカな!薬の処方なしで、こんな場所でそんな病に掛かったら即死だ!とにかく黙っていられないなら、帰ってくれ!友達じゃないのだから!」
「なるほど。」
「分かったならもう話し掛けて来ないでくれよ。」
「友達になればいいって事か!」
「私が?キミと友達?」
「これから宜しく!友達!」
「有り得ないだろ。どうして私がキミと友達にならなけらばならないんだ?そんな道理はどこにもない!」
「いやある!なぜなら、貴方と友達になれば、話し掛けてもいいって事だろ?」
「キミは、私と会話したいのか?」
「ああ、楽しく会話しながら写真を撮りたい!」
「私は、楽しく会話しながら写真を撮りたくない!黙って風景を堪能しながら写真を撮りたい!」
「ありがとう!」
「私の願いを無視して友達の契約を結ぶ握手をするな!」
「ここに来る途中で名物のゴリラ鍋の店を見付けたんだ!帰りに食ってこうぜ!」
「私の願いを無視して楽しく帰ろうとするな!」
「ああ、それと!話題のブルーベリーヨーグルト風呂にも入って疲れをとってから帰ろうぜ!」
「私の願いを無視してほっこりしようとするな!」
「なんなら、レアメタル作り体験して帰っても俺はいいぜ!」
「私の願いを無視して日帰りバスツアーみたいなプランを立てるな!」
「もうこのまま誰か知らない人の家に泊まっちゃおっか!」
「私の願いを無視して朝を迎えようとするな!」
「いいじゃないか!俺達、友達だろ?」
「違うと言っているだろ!大体、ゴリラ鍋って何だ!ブルーベリーヨーグルト風呂って!レアメタル作り体験って!誰か知らない人の家に泊まるって!」
「何だよ!何だかんだ楽しみにしてんじゃん!」
「疑問をぶつけただけだ!詳細を知りたい訳じゃない!」
「ゴリラ鍋って言うのは、ゴリラを鍋にした訳じゃない。ゴリラのドラミングを聴かせて作った野菜で作った鍋だ。」
「だから無視して話を進めるのをやめろと言っているだろ!」
「ブルーベリーヨーグルト風呂って言うのは、ブルーベリーヨーグルトを沸かした風呂じゃない。水道水を沸かした風呂をそう言う風に言ってるだけの風呂だ!」
「なぜそんな名を!」
「レアメタル作り体験って言うのは、レアメタルを作る訳じゃない。何か変な工芸品を作る体験だ!」
「何か変なとか言うな!」
「誰か知らない人の家に泊まっちゃうは、誰か知らない人の家に泊まっちゃうだ!」
「犯罪だろ!」
「よし!今日の撮影はこの辺にして、ゴリラ鍋食べに行くか!」
「おい!勝手に私の身支度をするんじゃない!」
「美味いぞ!ゴリラ似のおっさんが作った野菜!」
「もうそれは単なるゴリラ似のおっさんが作った野菜で作った鍋だぞ!腕を引っ張るな!」

第六百六十八話
「ポツンと一軒佇むゴリラ似のおっさんの家の近くのキング・オブ・長閑な場所にて」

| | コメント (0)

2019年4月10日 (水)

「第六百六十九話」

「先生!今ちょっといいですか?」
「おう、どうした?」
とある小学校の放課後の渡り廊下で六年生の女子がその担任教師を呼び止めた。
「アタシ、どうしたらいいんだろ?」
「いや、ちょっと先生、状況が飲み込めないんだけど、如何にもサッカーボールぐらいのエネルギーの弾がありますよ的な左手がどうかしたのか?」
「見えるんですか!?」
「いや、何も見えないが、如何にもだったから言ってみたんだが、もしかしたらもしかしてか?」
「もしかしたらもしかしてです。」
「おいおいおい!そう言う日でもないのに、先生をからかうもんじゃないぞ?そう言うのは、そう言う日にしてくれ。」
「からかってません!」
「いや、どう考えてもからかってだろ?」
「触っちゃダメ!!」
「びっくりした!?そう言うヤツは、そう言う時にしてくれよ!?」
「だって、先生が触ろうとするから!」
「なあ?学級委員長?本当に、あるのか?左手の手のひらの上に、サッカーボールぐらいのエネルギーの弾が。」
「あります!」
「でもな?先生には、何もないように見えるんだよ。」
「アタシにも何もないように見えます。」
「学級委員長にも見えてないのか!?」
「はい!見えてません!」
「なのに、そこにサッカーボールぐらいのエネルギーの弾があるって分かるのか?」
「はい!煙で確認済みです!」
「そうか。で?触るとどうなるんだ?」
「触ると触った箇所が消滅します。まるで別次元に消えるみたいに。」
「そうか。で?いつからあるんだ?そのサッカーボールぐらいのエネルギーの弾は?」
「今日、朝起きた時からです。」
「だから授業中もあんな不自然な格好だったのか。先生、あんまりツッコミに自信ないから受け流してたけど、そう言う理由だったんだな。」
「先生!アタシ、どうしたらいいの!」
「学級委員長?」
「はい。」
「やっぱりそう言うのは、そう言う日のそう言う時にしたほうがいいぞ!」
「先生!本当にあるんです!ここにサッカーボールぐらいのエネルギーの弾が!アタシ、どうしたらいいのか本当に困ってるんです!」
「いやもう、それは先生も全く同意見だ!先生に先生がいるなら、先生もその先生に聞きたいよ。でもきっと、先生に先生がいたとしても、その先生の先生も先生の先生の先生に聞きたくなるだろうな。」
「先生!」
「すまん。危うく先生スパイラルから抜け出せなくなるとこだった。でもな?学級委員長。そんな感じだよ。」
「どんな感じなんですか?」
「いや、先生も先生スパイラルから抜け出せなくなるぐらいの事案だって事だ。」
「ん?どんな感じなんですか?」
「先生は、小学校の先生だ。エネルギー弾の先生じゃない。」
「解決出来ないって事ですか?」
「それは違う!」
「違うの!?」
「ああ、学級委員長!そこを勘違いしたらダメだ!確かに、小学校の先生にはこの問題は解決出来ない!無理難題!難攻不落!絶体絶命!」
「もうメチャクチャ出来ないんじゃん!」
「ああ、出来ない!エネルギー弾の先生じゃなきゃ無理だ!だが、小学校の先生に小学校の先生なりの出来る事がある!それは、解決方法を生徒と一緒に考える事は出来る!」
「先生!」
「なあ?学級委員長?」
「はい?」
「単純に撃っちゃえば?」
「このエネルギーの弾をですか!?」
「そう!」
「先生にですか!?」
「違う違う違う!!おかしいだろ!触れたモノを消滅させちゃうようなエネルギー弾を先生に放ったら先生、消滅しゃうぞ!明日の遠足、先生行けなくなっちゃうぞ!先生、集合写真で上の隅の枠の中になっちゃうぞ!先生なのにだぞ!そうじゃなくて、人にぶつからないように、例えば空に向かって撃っちゃえばどうだって話だ。」
「先生、そんな事はもう、最初の方で試してる決まってるじゃないですか!」
「何!?」
「撃てないんです!手のひらの上に固定されてるみたいに、全然動かないんです!」
「何と!?」
「先生?アタシどうしたらいいの!」
「アタシ?先生どうしたらいいんだ!」
「先生!アタシは、真面目に悩んでるんです!真面目に答えて下さい!」
「こんな不真面目な状況なのに?先生、その不真面目に対して真面目に答えなきゃならないのか?」
「そうです!小学校の先生が出来る事は生徒と一緒に考える事だって言ったじゃないですか!」
「ぐぅ!」
「確かに現象は不真面目かもしれないけど、アタシは本気で悩んでるんです!」
「いやでもなぁ?先生もどうにかしたいと思ってるんだけど、どうにもしてやれないのが、先生の現状なんだよ。これはもう、先生の限界を遙かに上回る事案なんだよ。」
「そうですか。アタシは、こうして死ぬまで生きていかなきゃなんですね。」
「いや、ちょっと待てよ?」
「何か思い付いたんですか!」
「何か思い付いたぞ!」
「何ですか!」
「左手をちょん切ればいいんじゃねぇ?」
「え?」
「だってそうだろ?左手の手のひらからエネルギー弾が出てるなら、左手を切り落としちゃえば問題解決じゃないか!」
「問題が解決してるとは思えないんですけど?」
「でも、そうする事によって、学級委員長はエネルギー弾に悩まされる事はなくなるんだぞ?」
「でも、左手がない事に悩まされ続けるじゃないですか!」
「でも、同じだろ?今のまま生活してても左手が全く使えないなら、ないのも同然じゃないか!だったら、いらないだろ?」
「いるよ!いるに決まってんじゃん!左手ありきで、どうにか解決したいって話なんだから!」
「武器商人の知り合いとかいないのか?」
「何で普通の小学六年生に武器商人の知り合いがいるんですか!いたとしても左手だけ持って行かれて終わりですよ!」
「でも、一生遊んで暮らせるだけの金は貰えるぞ!」
「だから!そんな知り合いはいないし!左手を失いたくないんだってば!」
「我が儘だな。」
「我が儘?アタシ、我が儘なの?これって、アタシの我が儘なの?」
「ああ、そうだ!我が儘だ!先生なら、一生遊んで暮らせるだけの金を貰えるなら、喜んで左手を武器商人に渡すな。」
「そんなの結局他人事だから言えるんですよ!」
「その大金で凄いハイテクな未来の義手を買えばいいだろ?」
「嫌だだし!そもそも武器商人の知り合いがいないだし!その左手を失う選択肢は有り得ないって言ってんじゃん!」
「ん?」
「どうしたんですか?」
「下校の時間だ。早く帰れ。」
「ちょっと先生!まだ話が!」
「話なら明日聞いてやるから、今日はもう帰りなさい。」
「明日は遠足じゃん!せ、先生!」
「間違って顔を洗うんじゃないぞ!シャレにならないからな!」
「ちょっと!先生!」
「バナナは、おやつに入るが、お弁当箱に入ってるバナナ、それはお弁当だ!」
「何だそれ!ちょっと先生!え?何で逃げるの?何でダッシュ?先生!先生ってばーーー!・・・・・・もう!え?あれ?」
学級委員長の女子が手のひらを下に向けると、そのサッカーボールぐらいのエネルギーの弾は、消えた。
「消えた。消えた!やったーーー!え?」

第六百六十九話
「また手のひらを上にしたら、また出るやつ」

| | コメント (0)

2019年4月17日 (水)

「第六百七十話」

「どう言う事だ!な、なぜ、体が勝手に踊り出した!?」
「それは、公園でベンチに座って暇そうにしてる貴方に、この体が勝手に踊り出しちゃう光線を浴びせたからです。」
「だ、誰だ!?」
「え?私?」
「いや、お前しかいないだろ!」
「これはこれは、私の存在に気付いて下さるとは、ありがとうございます。」
「どう致しましてって、そんな挨拶はどうでもいいんだよ!何だ!勝手に踊り出しちゃう光線って!何だ!浴びせたって!お前が、犯人か!」
「犯人?困りましたね。私が?犯人?ワハハのハ!ですね。」
「どう言う種類の笑い方だ!」
「私は、犯人ではありません。私は、発明家です。」
「発明家兼犯人だろ!」
「何も盗んでませんし、誰も殺してません。」
「何も盗んでないかもしれないし、誰も殺してないかもしれないけど、俺を踊らしてるだろ!」
「ああ、そう言う事なら、私が犯人かもしれません!」
「威張って言うな!かもしれないじゃなくて、犯人だろ!それより、これはいつまで続くんだ!」
「これ、とは?」
「踊りだよ!踊り!」
「ああ!もう間もなく効力が消えます。はい!」
「・・・ふぅ。死ぬかと思った。これ、絶対筋肉痛になるぞ。」
「では!」
「おい待て!犯人!」
「発明家、です!」
「メガネ掛けてないだろ!」
「この状況で私を呼び止めるとは、お目が高い!」
「この状況でお前を呼び止めないヤツがいるか!」
「クレームですか?」
「クレームだよ!」
「受け付けましょう!」
「いや、お前何で若干上から目線で偉そうなんだ?」
「偉いからですよ!発明家ですよ?私は!」
「勝手に変な光線を浴びせる発明家が偉そうにすんな!」
「実験に付き合ってもらった感謝の言葉が欲しいんですね?欲しがり屋さんですね!では、改めまして、実験に付き合ってくれて、あざーす!」
「軽っ!?感謝が軽っ!?いや待て!何で無理矢理に、半ば強引にお前の実験に付き合わされた俺が欲しがり屋さん呼ばわりされなきゃならねぇんだよ!」
「キスすればいいんですか?」
「何でだよ!そうじゃねぇよ!感謝の言葉なんか欲しくないんだよ!俺が欲しいのは、謝罪の言葉だ!」
「謝罪?」
「そうだよ!」
「謝罪って、あの?」
「そうだよ!」
「あの、謝罪?」
「お前、謝る気ないだろ!」
「ありませんよ!」
「威張って言うな!何で謝る気がないんだよ!」
「だって、私の偉大な発明の実験に協力出来た貴方が感謝するならまだしも、私の偉大な発明の実験に協力させて上げた私がなぜ、貴方に謝罪をしないといけないんですか?」
「こっちは、したくて実験に協力した訳じゃないって言ってんだろ!突然踊らされて、明日には筋肉痛に悩まされるんだぞ!」
「えい!」
「お前!何でまた光線を浴びせんだ!」
「だって、踊り出したそうな顔してるから!」
「そんな顔はしてない!早く止めろ!」
「効果が消えるまで、しばらくお待ち下さい。」
「お前、絶対ぶっ飛ばしてやるからな!」
「なぜですか?私の偉大な発明の実験に協力出来た貴方がぶっ飛ばされるならまだしも、なぜ私の偉大な発明の実験に協力させて上げた私がぶっ飛ばされないといけないんですか?」
「お前、それ言ってておかしいと思わないのか?」
「はい。」
「何で挙げ句、俺はお前にぶっ飛ばされなきゃならねぇんだよ!」
「この光線はね。踊りが不得意な人でも踊れるようになる魔法の光線なんです!踊りたくても上手に踊れない人が夢を叶える光線なんです!」
「じゃあ!そう言うヤツで実験しろよ!もしくは、お前が自分自身で実験台になればいいだろ!」
「私の辞書に自分自身が実験台と言う言葉はない!!」
「発明家やめちまえ!」
「それに、私は別に踊りたくないので。」
「俺もだ!」
「はい、効果が消えます。」
「・・・はあ、はあ、はあ。この野郎!ぶっ飛ばしてやる!」
「あ、あ、あ、もしそんな事をしようとするなら、また光線を浴びせますよ?」
「悪魔かお前は!」
「しがない発明家です。」
「ポーズやめろ!威張りポーズで言う台詞じゃないだろ!」
「しがない発明家です。」
「そのメガネ掛けてないのに、メガネ掛けてる風な振る舞いもイライラするからやめろ!」
「しがない発明家です。」
「何で裸の女性が恥部を隠すポーズ?」
「このポーズって、あれに似てません?」
「あれ?」
「そう、あれですよ。」
「あれって何だよ。」
「あれですよ!あれ!」
「分かんねぇよ!何だよ!」
「裸の女性が恥部を隠すポーズ!」
「言ったよ!って、おい!何でまた光線を浴びせる!」
「私、貴方の踊りのファンになってしまいました!」
「はあ!?」
「私と一緒にワールドツアーに行きましょう!」
「お断りだよ!」
「そんな事を言って!やる気まんまんじゃないですか!」
「俺の意志で踊ってんじゃねぇだろ、これ!」
「そうですねぇ?まずは島々から回りましょう!」
「そんなワールドツアー聞いた事ねぇよ!てか、行かねぇよ!」
「賠償金が発生しますよ?」
「何でもうワールドツアーの段取りが整ってるんだよ!」
「ファンに申し訳ないと思わないんですか?ファンを悲しませたいんですか?」
「何で俺にファンがいるんだよ!」
「貴方は、そんな人じゃない!」
「ちょっと前に初めて会って何で俺の事が分かんだよ!」
「はい、効果が消えます。」
「・・・・・・お前、殺す気か?てか、何で踊りが激しくなってるんだよ!」
「メーターを弱から強にしたからです。」
「何してくれてんだ!もう、お前どっか行ってくれ!」
「貴方が、この状況で呼び止めたんじゃないですか。」
「ああ、呼び止めて後悔してるよ。」
「では、失礼します。」
「ああ。」
「あそうだ!」
「何だよ!」
「明日も公園で暇そうにしてます?」
「暇でも二度と来ねぇよ!」
「えい!」
「て、てめぇ!」

第六百七十話
「ビューティフル・ウェンズデイ」

| | コメント (0)

2019年4月24日 (水)

「第六百七十一話」

 風が強く頻繁に吹く町から車で数キロ行った山の中、そこには博士一人助手一人のスタンダードでオーソドックスなスタイルの小さな研究所があった。

第六百七十一話

「優しい時間」

「かかか、かかか、完成だあああ!!」
「博士?一体何が完成したんですか?」
「ん?どこにいる?」
「トイレです。」
「まだトイレにいるのか?そんなトイレに引き籠もってないで!早くトイレから出て来てキミもこれを見て一緒に歓喜しなさいよ!」
「いや、別に引き籠もっている訳ではないです。ちょっとすぐには出て行けない事情があるんです。」
「そうなの?」
「ええ、どうやら昨日の夜に食べたピザでお腹を壊してしまったみたいです。」
「そうなの?」
「なので博士、申し訳ないのですが、この状況で話を進めて下さい。」
「僕は何ともないのに?ピザで?」
「お願いします。」
「ちょっとピザ屋に文句言ってやるから待ってなさい!」
「待つのは、博士です!」
「そうなの?」
「だって昨日のピザは、博士が作られたんですよ。」
「かかか、かかか、完成だあああ!!」
「仕切り直しですか?それとも誤魔化しですか?」
「聞いて驚くな!」
「驚くと出ちゃうので。」
「これだ!」
「何ですか?」
「風量測定器、だあああ!!」
「風量測定器?」
「そうだ!風量測定器、だ!驚いたか!」
「ええ、少し驚きました。」
「出たの?」
「ええ、少し驚いたので、少し出ました。しかし博士?この風が頻繁に吹く土地で、今さら風量測定器は、ないのでは?」
「その逆だ!この風の頻繁に吹く風土だからこそ完成させる事が出来た風量測定器なんだ!」
「つまりそれは、普通の風量測定器とは違うと言う事ですか?」
「つまりそれは、以下同文!」
「普通の風量測定器と一体どのような違いが?」
「キミは、こんな話を知ってるか?」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・博士?」
「ん?」
「言って下さいよ。待たれてもどんな話なのか分からないと、知っているか知らないか何とも言えないです。」
「すまん。今、窓の外をグリズリーが横切ったんだ。」
「グリズリー!?」
「いや、グリズリーみたいな熊かもしれない。」
「グリズリーは、熊です!博士!大丈夫なんですか!?」
「ああ、グリズリーホイホイがあるから大丈夫だ!」
「グリズリーホイホイがあるから来ちゃうのでは?逆に。」
「逆にな。よし!ここまでの話をおさらいするとだな。」
「おさらいするボリュームでしたか?」
「普通の風量測定器とは違う風量測定器を作ったんだ。」
「はい。」
「で、こんな話を知ってるか?のこんな話をするぞ?」
「お願いします。」
「キミは、人によって受ける風量が違う事に気付いていたか?」
「受ける風量が違う?知りませんでした。博士は、気付いていたんですか?」
「ああ、たまたまな。それで、この風量測定器を極秘裏に開発していた。」
「なせ?博士一人助手一人の環境で私に内緒に?」
「キミを驚かせるのが、僕の生き甲斐の一つだからだ!」
「そうでした。」
「トイレットペーパーがないのもそれだ!」
「ない!!」
「で、だ。」
「いや博士!本当にトイレットペーパーないではないですか!」
「僕が何を言いたいのか?」
「どうすればいいんですか!」
「手と水があれば、大概の事は人は乗り切れるだろ!」
「あとでトイレットペーパー下さいよ。」
「分かってる。」
「それで?博士は何が言いたいんですか?」
「ある一定の条件が揃うと、人に風が吹かない!」
「人に、風が、吹かない?その条件とは何ですか?」
「病気と寿命だ。」
「病気と寿命?」
「病気で間もなく寿命を迎える人間には、風が吹かない!これは、それを証明する為の風量測定器だ!」
「どう言う事ですか?博士の言っている事が正しいとして、例えそれを証明したとして、それが一体何だと言うのですか?」
「特に何でもない!」
「またそう言う研究を?だから極秘裏にだったんですね?」
「考えてもみろ?間もなく死を迎える病人に対して、風が吹かない。風が吹かないんではない。確かに風は吹いている。強烈にだ!猛烈にだ!」
「ではなぜ、その条件下のみの人間にだけ風が吹かないのです?」
「それは、地球が与えたギフトだ。」
「優しっ!?」
「そして、これは僕からキミに与えるギフトだ。」
「トイレットペーパー!?って、入って来ちゃった!?」
「臭っ!?」
「それはそうですよ。」
「優しくない!」
「それはそうですよ。」

| | コメント (0)

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »