« 「第六百七十一話」 | トップページ | 「第六百七十三話」 »

2019年5月 1日 (水)

「第六百七十二話」

「洗濯物面倒臭いわぁ。」
「奥さん!そんな時は、これ!」
「誰!?」
「このメチャスゴ洗剤!」
「誰!?」
「このメチャスゴ洗剤は、床に置いた洗濯物に粉末をこうしてかけるだけ!それだけでいいの!奥さん!」
「誰!?」
「通販の人だよ!」
「通販の人は、こんな何の前触れもなく他人の家に現れないでしょ!強盗の人でしょ!」
「このメチャスゴ洗剤のメチャスゴなとこは、なんと!」
「無視?」
「このまま!」
「このまま?」
「そう!このまま!」
「このままって、床に洗濯物を置いて洗剤ぶちまけたままって事?」
「そう!!!なんと!!!」
「声がデカい!普通の一軒家で出したらヤバいレベル!」
「このメチャスゴ洗剤は、洗濯機いらずなの!!!」
「はあ?洗濯機いらず?」
「驚きました?」
「驚いたわよ!洗濯機いらずにもだけど、何よりもティーシャツ1枚に対してこの量の洗剤をぶちまけた事によ!必要なの?この量!」
「この量が大事なの!奥さん!この洗濯機いらずのメチャスゴ洗剤!今買うならもう1個ついてくる!」
「2個貰ったって、洗濯物が2枚片付くだけじゃん!経済的にメチャスゴよ!メチャスゴ!」
「じゃあ!今ならもう1個付けちゃう!」
「いやだから!洗剤1に対して洗濯物1なら、1回の洗濯で一体いくらお金が出て行くのよって話でしょ!それとも何?大袈裟に宣伝しただけで、実はちょっとの洗剤でたくさんの洗濯が出来ちゃうの?」
「これだけ!見てこれ!奥さん!」
「いやだから見てるよ。1枚のティーシャツに対しての1個の洗剤をぶちまけた有り様を!」
「このまま!このままでいいの!奥さん!」
「いや、システム的にはメチャスゴよ!洗濯物に洗剤をかけただけで洗濯物が綺麗になるのは!でも経済的にもメチャスゴだっつってんの!」
「今なら電子辞書も付けちゃう!」
「何で?何で電子辞書?」
「良いヤツだから!」
「良いヤツかもしんないけど、洗濯と関係ないじゃん!」
「じゃあ!奥さん!今回は特別だよ!奥さんの家の1年間分の洗濯の量のメチャスゴ洗剤を保証しちゃう!」
「家がメチャスゴ洗剤に占領されるわ!てか、この地域がメチャスゴ洗剤で占領されるわ!もう、普通に洗濯するから帰って下さい!」
「なら!奥さんには、別の商品をご紹介しちゃう!」
「しないでいいしないでいい!帰って!」
「メチャスゴハンガー!」
「帰ってって!」
「このハンガー!何がメチャスゴかって、このまま!」
「このまま?」
「そう!このまま!」
「このままって、さっきのメチャスゴ洗剤まみれのティーシャツの上に置いただけじゃない。」
「これで終わり!後は、このメチャスゴハンガーが勝手にベランダに行って洗濯物を干してくれる!」
「勝手に!?」
「そう!!!しかも!!!」
「だから!声がデカいんだってば!近所に通報されちゃうレベルよ!いやむしろ、通報された方がいいのかしら?」
「このメチャスゴハンガーのメチャスゴなとこは!このメチャスゴ洗剤でメチャスゴ状態の床を綺麗にしてくれる!しかも!!!」
「1対1の声量じゃないでしょって!」
「吸引力は永久に衰える事はなく!内部でメチャスゴ洗剤を分解してくれるので面倒なゴミ捨ても不要!今ならもう1個付けちゃう!」
「メチャスゴだけど!メチャスゴだけども!メチャスゴ洗剤有りきっぽくて、やっぱり経済的にメチャスゴよ!いらないいらない!」
「今なら電子辞書も付けちゃう!」
「いやだから、何で電子辞書?」
「良いヤツだから!」
「良いヤツだったら何でもかんでも付けちゃえば喜ぶと思うな!」
「色はレッドとブラックとゴールド!」
「選ばないっての!」
「全部付けちゃう!」
「いらないいらない!3つもいらないわよ!」
「この電子辞書!何がメチャスゴかって!」
「この電子辞書もメチャスゴなの?」
「そう!!!ここ!!!」
「殺す気なの?人を急な大声で驚かせて心臓止めて殺す気なの?」
「世界初のシステムが搭載されてるの!」
「世界初?」
「何と!超能力に対応!」
「はあ?」
「従来の電子辞書は、超能力に対応してないから!超能力者には不便だった!でも!このメチャスゴ電子辞書ならそんな超能力者の悩みも解決!」
「いや、超能力者は従来のヤツも超能力で使いこなせるから、超能力者なんでしょ?そこを乗り越えて来るから超能力者って言われるんでしょ?」
「今!このメチャスゴ洗濯セットを買うとこのメチャスゴ電子辞書を付けちゃう!」
「いらないいらない!超能力者じゃないから、その機能一生使わないから、いらないわよ!てか、帰ってって!」
「じゃあ!この超能力者対応のメチャスゴ包丁も付けちゃう!」
「だから!超能力者じゃないんだから、いらない機能の包丁なんかいらないわよ!」
「じゃあ!この超能力者付けちゃう!」
「誰!?」

第六百七十二話
「サイコメトラー登場」

|

« 「第六百七十一話」 | トップページ | 「第六百七十三話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「第六百七十一話」 | トップページ | 「第六百七十三話」 »