« 「第六百八十話」 | トップページ | 「第六百八十二話」 »

2019年7月 3日 (水)

「第六百八十一話」

「これが、海。」
ファンタジーな女性が断崖絶壁の上から海を見渡し呟いた。
「そうだ。」
ファンタジーな男性がそれに答えた。
「やっと、辿り着いた。」
「・・・・・。」
「本当に、ありがとう。」
「・・・好きでやった事だ。礼を言われる事じゃない。」
「アナタの仲間にも本当に色々と助けられた。」
「・・・・・・。」
「途方もない旅だった。私一人じゃ絶対に辿り着けなかった。本当にありがとう。」
「アイツらだって、アンタに海が見せたくてやった事だ。後悔はない。だから、泣くな。」
「ありがとう。」
「それで?海を見た感想は?」
「本当に美しい。想像以上。」
「それは良かった。」
「アナタは?」
「オレか?」
「初めて出会った酒場で、言ってたじゃない。本当に海が存在するなら、亡くなった息子さんに見せたいって。」
「まだ、そのコインを持ってたのか。」
「これは、アナタに返すわね。」
「これはあの時、賭けに勝ったアンタのもんだ。」
「いいえ、これはアナタのものです。大事な息子さんの形見でしょ?」
「・・・・・・。」
「ほら!」
「・・・すまない。」
「じゃあ、私行きます!」
「行く?行くってどこへ?」
「海の中へ!」
「なっ!?死ぬつもりか!」
「いいえ、帰るの。」
「帰る?」
「月の光で、月へ。」
「月へ?」
「ありがとう。・・・さようなら。」
「・・・元気でな。」
「うん。」

第六百八十一話
「漫画で言うとこの第九十四巻のラストシーン」

 公園の背中越しに座るベンチの片方の女の手には、原稿。もう一方に座る男の手には、缶コーヒー。
「えー、あのう?先生?色々と聞きたい事があるんですが、まず何でこんなサスペンス映画みたいなシチュエーションで?しかもわざわざ、こう言う感じのベンチがある遠い公園まで呼び出したりして、そして!アタシが最大限に言いたいのは!何なんですか!この作品は!読み手に想像丸投げなこの作品は!」
「俺はな。漫画家じゃねぇ。短編小説家だ。」
「漫画家じゃねぇ、短編小説家だ、帽子の先端をクイッと下げる、じゃねぇわ!何なんですか!何でアタシが先生の趣味に付き合いながら、想像丸投げの原稿を受け取りに来なきゃならないんですか!」
「声が大きい、そして俺の方を見るな。敵に勘付かれるだろ。」
「いや、敵って。」
「いいか?お前は、美人で足が速いだけの女だ。頭が良くて美人で足が速いだけの女には、逆立ちしても敵わない。」
「美人で足が速くて頭が良くて暗殺者な女がスコープから覗いてたら、間違いなく先生の頭を撃ち抜きますよ?何が言いたいんですか?アタシがバカって言いたいんですか?こんな短編小説を書く人に、バカって言われなきゃいけないんですか?アタシは!」
「あのな?全九十四巻だぞ?かなりの超大作だぞ?」
「存在してればね!」
「存在してれば?違うな。それを存在させるのは、読み手だ!」
「それを想像丸投げと言うんだ!先生が、その超大作を書けばいいじゃないですか!で、このラストシーンをそのラストシーンにぶち込めばいいじゃないですか!」
「俺だってそうしたい!」
「なら、そうして下さいよ!」
「だが、俺は絵がメチャクチャ下手クソなんだ。」
「誰が漫画を描けって言ってるんですか!小説ですよ!小説!小説で書けばいいじゃないですか!」
「俺だってそうしたい。」
「なぜそうしない?この場合、本当になぜだ!」
「俺は、短編小説家だ。俺は、長編がメチャクチャ下手クソなんだ。」
「じゃあ!書かなければいい!こんな作品、書かなければいい!もう、メチャクチャ単純な話ですよ!」
「だから、試行錯誤して、風を試行錯誤して、長編風な短編を書いた。」
「いやだから!風なら書かないで下さいって話なんですよ!」
「風を試行錯誤してて思ったんだけどな?」
「何ですか?」
「風って、いいよな。」
「いや、いくないでしょ!楽したいだけでしょ!そもそもこんな作品では、認められないですけどね!作品として!」
「想像丸投げって、いいなって。」
「じゃあもう、書くなって話ですよ!アタシが書きますって話ですよ!読み手からしたら!」
「ああ、それいいな!」
「はあ?」
「みんなが書いて、みんなが俺の名前で本を出す!それいいな!」
「いや、プライドゼロかよ!プライドって言うか、もろもろゼロかよ!短編小説を先生は書きたいんじゃないんですか?」
「いや、俺は家ゴロで金ガポなら、文句ない。」
「クソじゃん!ただただクソじゃん!」
「もちろん、ゴーストライターの諸君には、何かしら御礼はするさ。」
「ゴーストライターの諸君って、悪の親玉ですか?」
「金平糖とかさ。」
「クソじゃん!自分は何もしないで金手に入れて、諸君には金平糖って、クソじゃん!」
「クソでもいい!家ゴロで金ガポさせてくれ!」
「先生!いい加減に現実逃避やめて下さい!締め切りまでに、ちゃんとした作品をお願いしますよ!」
「だから俺は絵がメチャクチャ下手クソなんだよ!」
「短編小説だ!短編小説を書けーーーっ!!」
「耳がちぎれるーーーーっ!!!」

|

« 「第六百八十話」 | トップページ | 「第六百八十二話」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「第六百八十話」 | トップページ | 「第六百八十二話」 »