« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024年4月 3日 (水)

「第九百二十九話」

「何だ!何だ!何だ!」
「そんなガシガシ歩いて来なくても!おはようございます!」
「何だ!朝早くからワニんとこに来てくれって!」
「それが先輩!大変なんです!」
「お前、俺はカバんとこでカバの事やった後にペンギンんとこでペンギンの事やらなきゃなんだよ!」
「ワニが逃げちゃったんです!」
「動物園ってのはな?ずっと忙しいんだよ!それを何だ!とにかくワニんとこに来てくれって!カバはいいから、とにかくワニんとこにガシガシ来てくれって!」
「ガシガシ来てくれとは言ってません!そんな事よりワニが逃げちゃったんですよ!」
「ペンギンんとこでペンギンの事やった後にゾウんとこでゾウの事やらなきゃなんだよ!」
「ちょっと先輩!聞いて下さい!」
「聞いてるよ!ワニが逃げちゃったんだろ?」
「聞いてたのに何でベラベラベラベラそんな感じなんですか!」
「そんなの当たり前だろ!」
「何が当たり前なんですか!逃げちゃったんですよ!ワニ!」
「逃げないよ。逃げないんだよ、ワニは。」
「逃げたんですよ!ワニ!」
「お前なぁ?動物園のワニが逃げ出したなんてなったらな?どうなるか分かってんのか?ここら一帯、大パニックだ。」
「だから俺、大パニックじゃないですか!」
「お前だけだろ!俺が言ってんのは、ここら一帯、だ!」
「何言ってるんだよ、この人!」
「そんな事で呼び付けるなよ。他に用がないならもう、カバんとこ戻るぞ?」
「戻らないで下さいよ!じゃあ!見て下さいよ!本当にワニが逃げちゃったんですから!」
「見ないよ。」
「何で!?」
「いいか?俺が、ワニが逃げちゃったんですよ、見て下さいよ、ってお前が言うように見に行って、そこにはワニがいる。ワニいんじゃん!って、俺がお前の方を見る。そしたら、お前は俺を指差して大笑いしてる。」
「何で俺が先輩をドッキリ仕掛けてるみたいな展開になっちゃってんですか!本当にワニが逃げちゃったんですよ!早く何とかしないと本当に大変な事になりますよ!」
「で、お前はそれを飼育員のみんなに言い触らす。昼飯の時に食堂に行くとどうなる?みんなして俺を指差して大笑いだ。」
「何をずっと言ってるんだよ、この人!」
「だから、俺は見に行かない。カバんとこに戻る。そして、昼飯は誰にも指差されないでカレーライスを静かに食う。」
「呑気にカレーライスなんか食ってられませんよ!ワニが逃げちゃったんだから!いいから来て下さい!」
「!!」
「何で!?何でメチャクチャ力入れて腕を引っ張って連れて行こうとする事に抵抗する!?てか、物凄い踏ん張り力だ!?ビクともしない!?」
「毎日ゾウんとこで、鼻引きで鍛えてるからな。」
「何で毎日ゾウの鼻で綱引きみたいな事してんだよ!」
「そんなゾウの鼻を掴んで綱引きみたいな虐待的な言い回しすんなよ!」
「じゃあ、どんな感じなんですか、鼻引きって!」
「だから、ゾウが俺を鼻で掴んで引っ張るんだよ。それを俺が踏ん張るんだよ。」
「何にせよ何してんだよ、この人!」
「だから、お前が俺の腕を引っ張って連れて行こうなんて無駄無駄。」
「ワニが逃げちゃったんですよ!」
「ワニは逃げないよ。」
「先輩!」
「ん?」
「こんな必死な俺を見た事あります?先輩をドッキリに掛けて大笑いしたいが為に、こんなに必死になると思います?」
「お前ならやりかねないな。」
「普段から俺の事をどんな目線で見てんだよ!」
「チョイスとしては、いいよな。」
「何の話ですか?」
「ライオンでもシロクマでもなく、ワニってチョイスが丁度良いよな。」
「何を言ってんですか!」
「ちょっと信じたもん。ライオンやシロクマなら、ちょっとも信じなかったもん。ただ、俺を指差して大笑いするまでにはならなかったな。だって、ワニは逃げないよ。」
「逃げたんだ、ワニ!その何の根拠もない、ワニは逃げないよ、やめろ!先輩!早く手を打たないとヤバいですって!マジで!」
「分かった。お前が言うように、本当にワニが逃げたとしよう。」
「本当にワニは逃げたんだ!」
「で、俺にどうしろと?」
「はあ?」
「だから、お前はそれを俺に伝えて、俺にどうしろと?」
「そんなのワニが逃げ出して大パニックだから、どうしたらいいのか先輩に助けを求めてるに決まってるでしょ!」
「え?いいの?」
「何がですか?」
「いや、ここで俺が監視カメラの映像を見たら、一発だぞ?一発で、お前の言ってる事が俺を指差して大笑いしたいんだなってバレるぞ?」
「そうか!監視カメラか!だったら、その映像見ましょう!」
「おい!」
「何です?」
「その反応?マジでワニ、逃げ出しちゃったのか!」
「そうだって、ずっと言ってるでしょうが!」
「こりゃあ!大変だ!」
「どこ行くんです、先輩!」
「ワニんとこだよ!何匹逃げたか確認だよ!」
「全部です。」
「ガビーン!!」

第九百二十九話
「食堂は笑いの渦の巻」

| | コメント (0)

2024年4月10日 (水)

「第九百三十話」

「本日の料理は、卵とじ戦車。」
「先生!?何ですか!?これ!?」
「卵とじ戦車です。」
「まさかこれが今日の料理ですか!?」
「何をそんなに驚いてるんです?」
「いや、いやいやいや、これ驚かない人います!?」
「はい。」
「先生以外に!料理と仰いましたが、そもそも食べられないでしょ!」
「あら?どうして?」
「鉄だからですよ!戦車なんか食べられないでしょ!」
「貴方、卵とじは食べた事あるわよね?」
「はい。」
「じゃあ、問題ないじゃない。」
「問題しかないでしょ!この異様な空間に今、問題だけが存在してるんですよ!」
「騙されたと思って食べてご覧なさい。」
「騙されて終わりでしょ!」
「あのね?鋼鉄の戦車によって、卵がとてもフワッとなって美味しいのよ。」
「そっち?そっちの作用?卵とじにしたから戦車がマイルドになるとかじゃなくて?」
「何言ってるの。鋼鉄は鋼鉄よ。鋼鉄はどこまで行っても鋼鉄。」
「じゃあ、これは何だ!何の料理なんだ!」
「戦車の卵とじ。」
「そのこれが当たり前に存在するかのような目で見るのやめて下さい!」
「あのね。戦車の卵とじは、地域によっては、お祝い事の時に振る舞われる、とってもおめでたい料理なの。」
「何で簡単に戦車が手に入っちゃうんだよ!」
「今日はね。もう一品、用意してます。」
「助かります。」
「歩兵の卵とじ。」
「人じゃん!」
「歩兵ね。」
「人じゃん!」
「歩兵。」
「だから!歩兵は人じゃん!」
「歩兵は人。だが、全ての人が必ずしも歩兵とは限らない。」
「意味不明な事を昔の偉人が言った風にして言わないで下さい!」
「あのね?人間の歩兵によって、卵がとてもフワッとなって美味しいのよ。」
「人間の歩兵って、だから歩兵は人間でしょ!じゃあ、誰だっていいじゃないですか!ダメだけど!人を卵とじにするのは、ダメだけど!でも、誰だっていいじゃないですか!」
「ダメダメダメダメ!歩兵じゃなきゃ、このフワッと感は出せないの!」
「歩兵の何がそんなに卵をフワッとさせるんです!」
「さあ?そこまでは分からないわ。それに、料理は理屈じゃないの。時に料理って言うのは、有り得ない食材と有り得ない食材の有り得ない組み合わせでとんでもない奇跡を生み出すの。騙されたと思って食べてご覧なさい。」
「食べませんよ!」
「あのね。歩兵の卵とじは、地域によっては、雨を降らす儀式の時に振る舞われる、とっても伝統的な料理なの。」
「生け贄っつんだそれを!」
「今日はね。更にもう一品、用意してます。」
「大丈夫なんですか?」
「砂漠の卵とじ。」
「砂じゃん!」
「砂漠ね。」
「砂じゃん!」
「砂漠。」
「だから!全域を卵とじしてるんじゃないんだから、砂でしょ!」
「確かに、そうね。でも、この砂漠の卵とじを食べてもらうと分かると思うけど、砂漠を感じられるわ。」
「ジャリジャリするだけでしょ!口の中が不快感でいっぱいだよ!」
「砂漠をね。砂の砂漠によって、卵がとてもフワッとなって美味しいのよ。」
「じゃあもう、その辺の砂でもいいじゃないですか!」
「ダメダメ!砂漠の真ん中の砂じゃないとダメなの!」
「この卵とじの中の砂は砂漠の真ん中の砂なんですか!?」
「勿論そうよ。端っこでもダメ。真ん中寄りでもダメ。オアシス周辺なんて論外。正真正銘真ん中の砂よ。」
「先生は、料理以外にも冒険家をなさってるんですか?」
「料理一筋に決まってるでしょ。でもね。時には、冒険家のようにならないと、理想の料理を作る事は出来ないの。」
「一筋過ぎて、向こう側に行かれちゃったのかな?」
「騙されたと思って食べてご覧なさい。」
「嫌です!」
「そうしたら、なんと今日はね。特別にもう一品、用意してます。」
「流れ的に絶対にダメなヤツでしょ。」
「卵とじの卵とじ。」
「白いキャンパスに白い絵の具塗った作品みたくなってる!?」
「卵とじによって、卵がとてもフワッとなって美味しいのよ。」
「言ってる事もやってる事も狂気ですよ!」
「これが、卵とじの卵とじ、こっちが、卵とじの卵とじの卵とじ。」
「もう、そのうちダークマターとかも卵とじしそうな勢いだよ!」
「それはダメよ!」
「叱られた!?」

第九百三十話
「第九百三十話の卵とじ」

| | コメント (0)

2024年4月17日 (水)

「第九百三十一話」

「このアタッシュケースの中には、五千万オッカネェが入ってる。」
「五千万オッカネェ?そんな大オッカネェ、本当に入ってんのか?」
「確認してくれても構わんよ。」
「・・・マジじゃねぇか。」
「そしてそのオッカネェは、キミが自由に使ってくれて構わない。」
「俺に一体何をやらせようって言うんだ?」
「何も、だ。」
「はあ!?」
「さあ、分かったならとっとと去りなさい。」
「待った!」
「ん?何かな?」
「五千万オッカネェをただただくれるって言うのか?」
「そうだ。」
「ただただ五千万オッカネェをくれるって言うのか?」
「そうだ。」
「何かヤバいオッカネェなんじゃないだろうな?」
「ヤバいオッカネェ、とは?」
「犯罪絡みとかじゃないだろうな?強盗したとか!」
「こんな老いぼれが強盗なんか出来る訳がないだろ?」
「誰かにやらせたとか?」
「誰かにやらせたとして、なぜ強盗に成功しているオッカネェをわざわざ道で出会った見ず知らずの人間を公園に誘導してまで、上げる必要がある?」
「強盗に失敗したからだよ。」
「失敗?なら、この目の前の五千万オッカネェは、何だと言うのだね。」
「強盗には、成功したが、内輪もめして使えないオッカネェになったんじゃないか?使ったら最後、自分達まで辿り着いてしまうヤバいオッカネェ。その処分に困ったアンタは、街で出会った見ず知らずのオッカネェ欲しそうな人間に罪をなすり付ける事にした。」
「その五千万オッカネェは、私が真面目に働いて貯めたオッカネェだ。」
「これは?」
「このメモリーカードには、私が銀行から五千万オッカネェを引き出している姿が映し出されている。」
「真っ当なオッカネェって証拠か?」
「そうだ。もし、その映像を目にしても信じられないと言うのであれば、そのオッカネェは捨てるなり燃やすなりして、処分すればいい。」
「五千万オッカネェを燃やす!?」
「分かったなら、とっとと去りなさい。」
「本当に犯罪絡みじゃない綺麗なオッカネェなんだな?」
「そうだ。だが、キミがそうやって疑ってる限り、私にそれを覆す証明はこれ以上不可能だ。」
「そこまで言われたら。」
「そうだ。そうやって素直に受け取って持って帰ればいい。」
「・・・待てよ!」
「ん?」
「まさか、偽物なんじゃないだろうな?」
「偽物?さっきも言ったが、そのメモリーカードの中には、私がオッカネェを引き出している姿が一部始終納められている。」
「それは、銀行での一部始終なんだろ?」
「それの何が不満なんだ?」
「オッカネェを引き出して、俺と出会うまでの一部始終じゃないんだろ?」
「そうだが?」
「なら、途中で本物のオッカネェと偽物のオッカネェをすり替える事は可能だ。」
「そんな事をして私に一体何の得がある。」
「試してるんだよ。」
「試してる?」
「アンタは、絶対に不可能だと言われたこの国の偽物のオッカネェを作る事に成功した。」
「私が?」
「アンタの人生は、そう言う人生で、何度も何度も挑戦し、長い年月を費やして、やっと成功した。」
「偽オッカネェ作りに費やす人生、か。色々な背景が想像出来てしまうな。」
「だが、アンタは自分でそれを使う事はしない。自分の手は、あくまで汚したくないからな。だから、他人を実験にしようと考えた。」
「なるほど。」
「さあ!いい加減、正体を明かしたらどうだ!」
「はっはっはっはっはっ!」
「どうだ!正解だろ!俺で実験しようとしたのが間違いだったな!爺さん!」
「いやいや、これは、正真正銘の綺麗な五千万オッカネェだ。キミのその想像力に笑っただけだ。」
「嘘だ!」
「なら、これが偽オッカネェだとしてだ。キミを自分の完成品で実験しようとしてだ。おかしいと思わないか?」
「おかしい?何がおかしいんだ?目の前に五千万オッカネェがある現状が既におかしいってのによ!」
「逆だ。目の前に五千万オッカネェがある事が偽オッカネェでない何よりもの証拠になるではないか。」
「どこがだ!」
「キミが言うように、何らかの理由で私が偽オッカネェ作りにその人生を費やしていたとして、遂に完成したその結果を知りたいのに、五千万オッカネェもの大オッカネェを用意するのは、不自然だろ?」
「何が不自然なんだ!」
「私は、自分の人生の集大成を知りたいのに、こうして受け取って貰えない。」
「!?」
「私が本当にキミが言うような人間なら、道端に1枚だけ偽オッカネェを置いといて、それを拾った人間の後を着けた方がいいだろ?偽オッカネェを他人に使わせるには、大オッカネェ過ぎるのだよ、五千万オッカネェは。」
「じゃあ、マジで本物の五千万オッカネェなのか!?」
「最初からそう言っているだろ?」
「マジでそれを見ず知らずの人間にくれるって言うのか?」
「ああ、そうだ。」
「後で返せとか言われても返さねぇぞ?」
「そんな事は言わない。さあ、全ての疑念が晴れたのなら、アタッシュケースを持ってとっとと去りなさい。」
「・・・・・・。」
「・・・・・・。」
「・・・本当にいいんだな?」
「勿論だ。」
「うっひょーっ!!」
「・・・・・・。」

第九百三十一話
「money bomb」

「カチ!」

| | コメント (0)

2024年4月24日 (水)

「第九百三十二話」

「聞いて下さい。『黄昏歯磨き』」
「はあ?」

僕の歯磨き
起きたら歯磨き

ぐうたら
ぐうたら

寝惚け眼で
寝癖頭で

僕の歯磨き
黄昏歯磨き

いつもいつも
邪歯磨き

世界が滅べばいい
世界が滅べばいい

今すぐ滅べばいい
無くなっちまえばいい

何もかも壊れろ
全てが消滅しろ

明日なんて
明日なんて
来なくていいのさ

僕の歯磨き
ぐうたら歯磨き

僕の歯磨き
黄昏歯磨き

ああ、大切な時間だ
ああ、寛大な時間だ

優雅なひととき
瞬きもしない

カラスの囀り
羽ばたきもしない

ただただ夕日を眺めてシャコシャコ

ただただ夕日を眺めてシャコシャコ

シャコシャコシャコシャコシャコシャコ

「サンキュー!」
「どんな歌だよ!」
「お嬢さん。歌ってもんはよ。耳で聴くもんじゃない。心で聴くもんだ。」
「何も響かない!何で人類滅亡を願いながら夕日眺めて歯磨きしてんだ!」
「二番も聴くかい?」
「聴くか!」
「チャンスを逃したな。」
「逃せるチャンスなんかなかったじゃん!おじさん!」
「何だ?」
「公園のベンチでおじさんがギター持ってるからって、うっかり近寄ったのが間違いの始まりだったよ!」
「そうか、聞いて下さい。『うっかりクソ漏らし』」
「はあ?」

道を歩いてたら
うっかりクソ漏れた

階段上ったら
うっかりクソ漏れた

領収書頼んだら
うっかりクソ漏れた

みじん切りしてたら
うっかりクソ漏れた

側転してたら
うっかりクソ漏れた

勉強してたら
うっかりクソ漏れた

皿を磨いてたら
うっかりクソ漏れた

コンタクト入れてたら
うっかりクソ漏れた

エレベーターのボタン押したら
うっかりクソ漏れた

星を眺めてたら
うっかりクソ漏れた

戻れるものなら戻りたい
やり直せるならやり直したい

でも人生って言うのは進む事しか出来ない

走り出そうとしたら
うっかりクソ漏れた

トイレのドア閉めたら
うっかりクソ漏れた

食券買ってたら
うっかりクソ漏れた

将来について考えてたら
うっかりクソ漏れた

四つ葉のクローバー見付けたら
うっかりクソ漏れた

ロケットの発射見てたら
うっかりクソ漏れた

隣でネコ鳴いて
うっかりクソ漏れた

小骨がノドに刺さって
うっかりクソ漏れた

シャッキリ目が覚めて
うっかりクソ漏れた

シャコシャコしていて
うっかりクソ漏れた

うっかりクソ漏れて
うっかりクソ漏れた

戻りたいけど戻れない
目まぐるしくって目が回る
口寂しくって口渇く
耳鳴りがして耳痒い
鼻が詰まって鼻取れる

人生って
人生って
人生って何なんだ

「サンキュー!」
「この歌が何なんだ!とにかくクソ漏らしてるだけじゃん!ただただクソ漏らしてるだけじゃん!そんなに漏れるかってぐらい漏らしまくってるだけじゃん!え?聴かせる?公園のベンチでギター持ってるおじさんに興味を持った少女に聴かせる歌!」
「人生ってのはよ。時に己の力ではどう頑張っても登れない、それはそれ高い、どうしようもなく高い壁にぶち当たる事があるって事よ。」
「それを歌にすればいいじゃん!今の素直な意見をさ!比喩が下手くそ過ぎでしょ!うっかりクソ漏れてうっかりクソ漏れたって、何!」
「二番も聴くか?」
「今の一番だったの!?全部歌った感半端なかったけど!聴かない聴かない!どうせうっかりクソ漏らすだけだから!」
「大チャンスを逃したな。」
「大ピンチだよ!」
「聞いて下さい。『大ピンチだよ父さん』」
「うっかりソングワード言っちゃったよ!」

カンチョー

「やめろ!」
「どうしたんだ、お嬢さん!」
「どうしたもこうしたもそんなワードから始まる歌を少女に聴かせようとすんな!」
「泣けるぜ?」
「泣けるか!そんなワードから始まる歌!」
「ブルースだぜ?」
「ブルースに謝れ!完全に謝れ!」
「まあ、少し落ち着いたらどうだ。世界は広いんだ。」
「海賊かよ!」
「聞いて下さい。『山賊魂』」

盗め盗め
どんどん盗め

盗め盗め
じゃんじゃん盗め

それが山賊魂
それが山賊魂
それが山賊魂

それが

山賊魂

「どんな歌作ってんだよ!」

第九百三十二話
「ロックの女神~その伝説の始まりの日~」

| | コメント (0)

« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »